大ちゃんのおもちゃ箱
ミニモータートレイン写真館


大ちゃんのおもちゃ箱の中のミニモータートレインの写真です。
写真をクリックすると拡大されます。
戻る時はブラウザの<戻る>ボタンを押して下さい。



ミニモータートレイン
ミニモータートレイン(ミニモ)はエポック社から発売の、1つ200円のガチャガチャ(ガチャポン)の電車模型。
たまたま行ったディスカウントストアに設置されていたガチャガチャの中に500系のを見つけて3回だけ回したのが初めです。
その頃(パート1・初期500系)は集める気が全くなかったので、ずっとその3つのみだったのですが、 カプセルプラレールを集めるようになってミニモも編成揃いで集めるようになりました。

ミニモの最大の特徴は"電池で走行する"です。
同じくガチャガチャに入った電車のカプセルプラレール(カププラ)はゼンマイ走行ですが、 ミニモは中間車両の一つが電動車になっていて単4の電池で走ります。
かなり元気よく走ってくれます。

一つのパートに車輌は4種類あります。 (先頭車(ボタン電池・LED付で光る)電動車(単4電池付で走る)中間車後尾車)
一つのカプセルに一つずつ車輌が入っているので、どれが当たるかはわかりません。 (中間車・後尾車には車輌と共に線路が一つ入っています)
車輌の入っているカプセル以外に線路+情景のみ入ったカプセルもあるので、 回せば必ず車輌をGETできるわけではありません。
カプセルの中には車輌・線路・情景以外に遊び方の説明のついたミニブックも入っています。

それぞれの車輌はジョイントでつなぐことができ、何両編成にでもすることが可能です。
500系と700系の先頭車・後尾車には片側にしか連結器がないという制約はありますし、 電動車一つに中間車を10個なんてつないでも重くてちゃんと走らないので、編成をどう組むか考える必要はありますが。
ただ、ジョイントに♂♀はないので、"後尾車も光らせたい!"と思った場合、先頭車を二つ使って光らせることもできます。 窓の部分に赤いセロファンをつけて先頭と色を変えることも簡単にできるでしょう。

種類はパート5(実質は6つ)まで出ています。(2002/05現在)
古い順に、
 パート1: 新幹線 500系
 パート2: 新幹線 700系
 (パート1': 新幹線 500系・再販)
 パート3: 205系 山手線
 パート4: C58 SL機関車と客車
 パート5: 新幹線 700系ドクターイエロー
 パート6: E4系2階建て新幹線 MAX

初期500系以外はまだまだガチャガチャの中に存在します。
ただ、205系の山手線は元々品薄らしく、残念ながら余り見かけません。
初期500系と再販500系の違いは外目には変わらずなのですが、話では"電動車"のモーターが 新しくなったとのことです。
カプセルに入った状態でなら見分けることはできます。(ミニブックに違いがあります)
再販500系以降のモーターは脱線し易いせいか、どうやらスピードが遅くなったようです。

ミニモ ☆500系&700系
大ちゃんの持っている車輌です。(私のコレクションは未開封なの♪・爆)
500系は初めて回した分の3つ(先頭・後尾・線路セット)を開封しただけです。
再販500系があるので、今後500系も編成は揃えるつもりでいます。
700系はこの写真以外にもう一つ中間車を持っていて、電動車を連結しなくても4両編成で遊べるようにしています。
もちろん5両編成で走らせることもあります。
500系も700系も手前が先頭車で、光らせています。(上部にスイッチがありますよね)
この写真では700系の電動車は手前から2両目の車輌です。
重みと上部のスイッチで中間車と電動車の区別がつきます。

ミニモ ミニモ ☆山手線
2001年10月に発売された山手線です。
ちょっと写真で見えるかはわかりませんが、先頭車・後尾車の顔にも 連結できるようになっています。

ミニモ ミニモ ☆C58 SL機関車と客車
2001年12月に発売されたSL機関車と客車です。
機関車には動力はない(客車に電動車がある)ため、機関車を自由に作れたのでしょう、 動輪がクランクでつながって一緒に動く、なんて細かい部分が素晴らしいです。

ミニモ ☆C58 SL機関車と客車
客車にはそれぞれ青と緑があり、車輌は全部で7種類あります。
青はJR系の客車、緑は秩父鉄道のパレオエクスプレスを意識しているのでしょうか?

ミニモ ミニモ ☆ドクターイエロー
T4編成のドクターイエローです。
思わず7両編成にしてしまいました。(笑)
以前発売された700系の塗り替えバージョンですが、窓の数とかが変えてあります。
中間車の窓、左右で違うので、つなぎ方で違う車両に見えます、実際にはどうなってるかな?

ミニモ ☆ドクターイエロー
先頭車は赤いLEDが仕込んであり、運転席が赤く光ります。

ミニモ ミニモ ☆E4Max
2002年5月に発売されたE4Maxです。
横のMAXのロゴなど、いい感じです。

ミニモ ミニモ ミニモ ☆E4Max
MAXのすごいのは、先頭車の鼻の部分が取れて連結器が現れるところです。
ほぉら、本物みたいに顔同士連結できます。(笑) <この写真のは編成が短いけど

ミニモ ☆E4Max
もちろんいつものように(笑)運転席が光ります。
なぜかドクターイエローのと同じ赤いLEDのモノとこの写真のようにオレンジ色のLEDのモノと 両方ありました。
皆さんの持っているのはどっちでした?

ミニモ ミニモ ☆情景
ミニモの情景は結構ちゃんとした情景です。
1枚目の写真は線路に情景を取り付けて撮ってみました。("信号"を入れ忘れたのですが)
線路の裏には情景取り付け用のポッチがついていて、情景をくっつけられるようにできています。
2枚目の写真をよく見ると、各パーツにU字型もしくは丸型の部分があるのがわかりますね。
カプセルの中では2枚目の写真のようにバラバラになった状態で入っています。
踏切のバーの部分はなくなりそうなので注意が必要です。
信号の3色、踏切、駅の行き先などはシールを貼るようになっています。(かなり小さくて貼るのに苦労します)
500系と700系しかなかった時、「踏切なんて実際にはないのにね〜」と言ってたことがあります(ここは浜松?)。
模型だからいいっか。(あれ?山手線って踏切りある?)

ミニモ ミニモ ☆線路
灰色なところで写真を撮ったのが間違いの元…。1枚目の写真では線路は見づらかったので、 部分的に色調補正をかけたのが2枚目です。
左が直線レール、右が曲線レールです。
レールのジョイントも♂♀ないもので、水平方向に差し込んでくっつき、きっちりと組むことができます。
片面レールですが、ジョイントに♂♀がないので使用には問題はありません。 レールの裏には情景のところで書いた通り、情景取り付け用のポッチがついています。
曲線レールは16個組み合わせて初めて1周します。

ミニモ ☆線路
撮り直してみました。
レールの種類はこの写真の5種類です。
上、左から ポイントレール・ポイントレール用曲線レール・直線レール
下、左から クロスレール・曲線レール
これらを組み合わせてレイアウトを作ります。

ミニモ ☆線路
ポイントレールにポイントレール用曲線レールを片方だけ取り付けたのと 曲線レールを2つつなげたものを並べて撮りました。
クイズです、さぁて、どっちが長いでしょう?
答え: 目の錯覚で右の方が長く見えますが、実際は一緒なのです〜っ。(証拠)
ポイントレールは曲線レール2つと考えてレイアウトを組みます。


ミニモ ミニモ ☆収納
500系2両と700系5両と直線・曲線合わせて1周できる程度だった時はこんな風に 海苔の空き瓶(空き箱?)に入れていました。
結構小さい容器で収納できるのはいいですよね。

ミニモ ☆坂道と高架
C58の情景では坂道レールと高架レールが入っていました。
高架レールもしっかり組めるので、レイアウトの幅が広がり、とても楽しくなりました。

ミニモ ☆収納
車両も線路も増えてきたので、こんな風に収納しています。
これは100円ショップで売っているA4サイズのプラスティックのアタッシュケースです。
これに5両編成が8本入ります。
連結器は必ず車両につけた状態で入れておくと連結器がなくなるのを防げますよ。(うちはまだ一つもなくなってないです)

ミニモ ミニモ ☆収納
線路などはこんな手つきの箱、3つに入れています。
一つは直線と曲線レール入れ、一つは坂道レールと橋げた入れ、一つは情景とポイントレール、と分けています。
もっと大きな箱1つにまとめてもいいのですが、レイアウトを組む際に探すのが大変なので分けているのです。

ミニモ ☆レイアウト1
ポイントを3組(6個)使ったレイアウトです。トウチャンが作りました。
全体的にうねうねしていて、よく脱線してしまうんですけど…。

ミニモ ☆レイアウト2
クロスレールを使ったレイアウトを作ってみたくてやってたら、こんなのができました。
もっと対称的なのにしたかったのだけど、直線レールの数が…(笑)。
駅などの情景も一応つけてみました。

ミニモ ☆レイアウト3
うちにある、クロスレール以外のレールを使い切ってみよう!などと言いながらトウチャンが作ったレイアウトです。
形にはあまり意味はないとか…。

ミニモ ☆レイアウト4
坂道レール・高架レールを手に入れて初めて作ったレイアウトです。
何も考えずに組んだら三角のおにぎりのような形に…。
坂を下ってすぐに急なカーブがあると脱線し易いので、緩やかにしてあります。
駅はエクスプレスライナーの駅を流用し、トンネルと架線は更に別のおもちゃのを流用しました。
坂をあがろうとしているのはC58と客車です。

ミニモ ☆レイアウト5
単純な楕円のレイアウトですが、坂道レールと高架レールを使って片側を高く作ってあります。
単純ですが登ったり降りたりするのを見るだけで、結構楽しいです。

ミニモ ☆レイアウト6
単純な2階建ての円形のレイアウトです。
下側のレールに車両を入れるのも面倒ならスイッチを押したりするのも面倒…。<あかんやん
でも上下で逆に走らせたり一緒に走らせたり、単純だけど面白いんですよ。



鉄道写真館HOME サイトマップ 掲示板 mail
このサイト内の HTMLから検索できます。
AND OR


asti@uu.tok2.com
http://www16.tok2.com/home/asti/RAIL/index.shtml
(c) 2001-2006 ASTI
管理人に一言 →

Ads by TOK2