デルソルインプレッション

戻る


●購入動機
最初デルソルにはソアラ似のフロントであまり興味わかず
サイバーあたりを中古で購入しようかと思いましたが、
時間が経つにつれこのデザインにまいってしまいました。
そして、小学生からのバイブル「間違いだらけの〜」でも評価も高く、
これなら買っても大丈夫と思い一括購入できるまでの資金確保(ローン嫌い)ができたのと
兄が知人からもらって来てくれたS59年式2代目プレリュードを
文字道理ぼろぼろにしたのでH6購入しました。


問題のデルソル&ソアラの図



●購入経緯
H6年6月だとちょうどVXiリミッテッドが発売されていた時期で
セールスさんにも薦められたのですが、色が濃緑色のローザンヌ・グリーンと
ミラノレッド(本体)+黒TOPの2種類で、
あの美しいメタリックのキャプティバブルー・パール設定が無いので
ベース車から購入することになりました。
(黒に近いが、下のがローザンヌグリーン)



実は濃緑色もいいかなと思ったのですが
親父のJT190ジェミニbyロータス(ブリティッシュ・グリーン)に近くなってしまうので却下しました。
しかし肝心のVXi・青・MTの在庫が無く、コンピューターで工場生産予定までチェックしてもらい、
1ヶ月後の少数生産分を確保し購入となりました。



●デルソルについて


デザイン
私は本来デルソルは、オープンカーとしてでなく、クーペと考えて購入しました。
それは小型クーペとして異彩を放つ日本車には見られない、
美しい曲線フォルムがとてもすばらしかったと思ったからです。
気に入らないところは一つ、スポイラー無しのリアスタイルで、
当時は使いかけの「カマボコと板」のように見えたのです。

でもスポイラーがつくと一変してレーシングマシーンのようにカッコよく見えるのだからたまりません。


エンジン


おいらのデルソルはベーシックグレードのVXiと言う事で
D15BのVTEC版で130psをだす結構スポーツエンジンです。
VTECはこれが初体験。高回転粋に達した時の、
切り替わりの音がペダルの先から感じたときは感動物でした。

個人的には高速走行目的の車でないのと、
車重の関係からドマーニ用のトルク重視のVTEC設定もよかったのではと感じます。

特に夏場オートエアコンを使用した時のパワーロスが普通の車より大きいと思います。
前の2代目プレリュードよりロスがでかいですね。
吹き上がりがとても重くなり、加速もかなり悪くなりますし、
坂道発進ではかなり回転あげてつながないと即エンストしてしまいます。


室内

2シーターとしては、中々の広さです。
エアコン等大半のインパネ関係はボタン式なので使いやすいし、
バッケトシートはホールド感がよくて運転しやすいです。
トップに関しては閉めていれば、普通のクーペとした快適性が得られるし、
いざとなったら屋根を取っ払って、オープンで快適と2度おいしい車を満喫しています。

元々オープンカーは嫌いだったんですが、この車で価値観変わりました
(でも相変わらず幌が嫌なんですよ私)
室内の不満点は、中央の小物入れ兼カップホルダーです。
サイドブレーキの後ろに位置するので、停車中でも缶等が取りづらい上、
物入れすぎているとカップホルダーとして使えなくなる。
この辺は「潤い有る生活」で解消しました。


◎総評
正直買ってよかったと思わせてくれた車です。
CR−Xシリーズは元々好きだったシリーズですが、
バラード・サイバーは結局経験することが無かったのが逆に幸いして、
デルソルの本当の善さを感じる事ができたと思います。
いまだにこの車を替えさせる気にする車が出て来ません。
まだまだこの車を楽しんでいきたいと思います。


Ads by TOK2