自家塗装への道

TOPモデファイへ戻る


戻る


中古マニュアルトップ(手動用)をインターネットによる通販で中古パーツショップより購入する為、在庫確認を行った所「黒」の在庫が無い為別色を購入。
この時宅配されて来た時ふと、「これで間違えてトランストップ用(電動用)が入っていたら。お約束ギャグだな。」と思っていたら、

「本当にトランストップ用が入ってやんの!!」

と言う事で直ぐパーツショップに連絡して返品。(ここのショップのミスではなく、中古ネットでパーツ在庫を持つショップのミス)

で、改めて来た赤マニュアルトップが左です。これを自家塗装するので、まず下地や塗料が食い付きやすいように、
ペーパーでヤスり表面に傷をつけたのが右のものです。シンナーで表面を溶かす手も有ったが、
シンナーが元の塗装面下に染み込むと乾燥時間にがかかると思ったので、ペーパーがけとなった。


で、左がプラサフを吹き付けて下地が完成した状態。書き忘れていたが、この前にゴム部・室内内装部分はマスキングをして有ります。
これを600番程度の耐水ペーパーに当て木に巻いて、余り力を入れずに表面がなだらかになるように均す。

右が塗装を始めた頃の状態。塗装は一気に塗らず少しずつ吹き付け塗料を乗せていく。ただ缶スプレーだと結構広い面積はキツイです。
注意としては自分で塗る場合、風が吹き込まず周りに塗料が飛散してもいい場所でやりましょう。

まして車の側なんて×ですよ。

左:塗装終了直後!表面がやはり缶スプレーの性もあるのか、ざらついているので、1000番の耐水ペーパー(当て木付き)でやする。
この時ざらつき過ぎで、ヤスるのを掛けすぎて下地が出てしまった!しょうがないのでもう一度塗装を上塗り、ペーパーがけをした。
その後、クリアを吹き塗装の仕上げと同様にペーパーで仕上げる。
表面仕上げの為、液体コンパウンドでひたすら磨く。細め→極細→鏡面仕上げの順でコンパウンド研磨を行い仕上げ。
この時には、布を使うよりはコンパウンド用スポンジを使うと奇麗に出来ますよ。

右:これがすべて終り完成したトップです。塗装面はオリジナルより弱いのはどうしようもないので、
特に弱いと思われるエッジ部に下地と同じ色のドレスUP用テープでラインを入れ、
どうせなら「無限」っぽくと金ラインと「無限」ステッカーも入れて完成。なお装着部の裏のゴムと擦れる部分も黒のテープで補強してあります。


なお掛かった経費ですが、
●中古赤トップ:¥15750(送料・税込)
●塗料(フリントブラックM):¥1180×7本×1.05=¥8673(←失敗無ければ4本で・・)
●クリア:¥980×3本×1.05=¥3087
●プラサフ:¥780×4本×1.05=¥3276
これだけで3万強!
これ以外に、マスキングテープ・耐水ペーパー(1000〜1500番)・液体コンパウンド鏡面仕上げ用(細め・微細は有り)
・コンパウンド用スポンジ・タッチペン1本・カーデコテープ3色(¥1701)・無限ステッカー2枚(¥1680)他。(大半値段忘れたっす)

最終的には掛かった金額は4万位でしょう


自分では予想以上に奇麗には出来たのでOKです。もし板金行うなら、塗装のみで3〜5万(予想)だったと考えると安く済みましが・・
正直お金があって時間の無い方は、プロに塗ってもらうのが吉と自分では思いました。
トップの面積は広いので缶スプレーで奇麗に塗るのは、はっきり言ってキツイです。これを行う為に土日を3回丸々潰しました。
皆さんこれでも自家塗装行いますか?!私はもうやらない。何なら下地だけは自分でやって塗装のみ板金屋に持っていくって方がOKかな?

と思ったんですが後日塗装やっているプロの方に話したら、カーショップの塗料・サフェサーではプロの塗装に侵食されるので、
もしやり直すなら全部剥がさないといけないそうです。結論としては!

「完全に自分でやるかプロに任すか二者択一!

と言う事でしょう。

スペシャルサンクス(塗装アドバイス):shigeki様・むーぶ様・morazo様(デルソルネットワークメンバーです。)



Ads by TOK2