東京モーターショー2013

indexへ戻る

次へ

戻る


レクサス

レクサスブースですが、今回はこじんまりした感じでしたね。

LF-Aはエンジン音をスピーカーで流して雰囲気を出していました。
そして最近新型になったIS

コンセプトモデル・LF-NXというSUV
フランクフルトショーではハイブリッドでしたが、
日本展示モデルはダウンジングサイズの2Lターボにしてあるそうです。

サイズとしてはRX(旧ハリヤー)のワンサイズ下のコンセプトカーです。


トヨタ

トヨタは賑わっていましたが、展示方式はTVCMでやっているトヨタウンの世界観をだしていました

カローラハイブリッドCMに使われたジーンズ生地で作られたドラえもんのぬいぐるみと
ボディーをすべてジーンズ生地でラッピングしたまさに「カローラ・ジーンズ」を展示

CM登場人物をあしらったマネキンを立てていたり

ドラえもんイメージで今回もどこでもドアを配置。
アニメ版のドラ&のび太&タイムマシーンを展示。

そのどこでもドアのカラーをイメージしたピンククラウン。
元の色はヴィツのピンクをモトにしたとか。
そしてトヨタ車体でも展示のあったG’sアクア

耐久選手権WECに参戦中のマシーンも展示。

ZN-6の86オープンコンセプトモデル
屋根はソフトトップ(幌)だそうですが、出るんですかね?

トヨタの燃料展示車FCVコンセプト

ただこのトヨタの展示、普通はステージの奥で画像のように並んでいて
ちゃんと全方位から観察できなかったのは残念・・・
見ていたときあと10分くらいでショーが始まるようでしたが、余りにも人が集まりすぎていて
見る気がなくなってしまいました・・・
並んでいるこの先が通路みたいになっているので始まると車の載っている台がファッションショー見たいに
通路を動いて周りで見ている人にアピールするんだったんでしょうね。
そう言う演出もいいけど、常に全体が見えるようにして欲しかった・・・


ダイハツ

今回注目の会社の一つ。まずはDECADECAと言うハイトワゴン。
ドアも観音開きで収納能力がかなり凄いことになってます。

ダイハツではクイズラリーをやっていて、
毎日抽選で300名にKOPENのミニ四駆プラモが当たるキャンペーンをやってました。

液体燃料電池を使ったコンセプトカーエフシーデコデッキと言うコンセプトカー
ちょっと個人的にツボにはまるいいデザイン!

恐らく今回のモーターショー注目の1台コペン(KOPEN)
以前市販していたコペンのスペルはCOPENですが、
軽(K)の意味もあって今回はKOPENになっています。
(初代のコンセプトの時もKOPENだったそうですが)

前回のコンセプトカーより現実味のある仕上がりになってきていますね。
市販近いんでしょうか。

こっちはかつてあったネイキッドのパネル交換システムを使って
外装パーツを着せ返したXmz。

フェンダー・サイドスカートがブラックパーツでワイドに。

ステージ上から2台を見る。やはりパネル追加で印象が違いますね。

ボンネットも形状変更してるパーツに変わっているので大分印象が違いますね。
屋根は電動メタルトップのようですね。

内装はまだコンセプトカーから脱却していない感じですが、
商品化されるともう少し現実的になるんでしょうね。


次へ

戻る


Ads by TOK2