東京モーターショー2015

indexへ戻る

次へ

戻る


部品ブース

NHKといっても国営放送ではなく、スプリング部品会社の「ニッパツ」
サスペンションのばねなどを製造している会社です。

サスペンションメーカーとして有名ブランドの一つオーリンズ。
パーツを組み込んだバイクや

採用された車のサスペンションを展示してました。
画像はR35のNISMO・GT-Rのサスペンション。

曙ブレーキはその部品が採用されたマクラーレンP1を展示

クラッチやトルクコンバーターの部品会社、株式会社エクセディは自社レーサーのF3マシーンを展示。

ナビのハーネスやカメラ・センサーを扱うデーターシステムのNDロードスターのカスタムや
日産車体はNV200のタクシー(イエローキャブ)を展示。

シートメーカータチエス

ホンダのS660のシートを手掛けた会社です。

同じくシートメーカーのTSテック、ホンダ系のメーカーなので

話題のシビックtype-Rのシートを展示。
右は参考出品でモデューロブランドでのフィット用シート。

三菱電機は予防安全技術のコンセプトカー「EMIRAI3×AUTO」
スタンレー電気株式会社は、先代NSXのGTマシーンを展示。

ダンロップのコーナーではシーラントタイヤという、
タイヤ裏に粘着剤?の帯があり釘が刺さっても自然に穴をふさぐという技術みたいです。

ブリジストンの展示はBMWi8を展示。
このタイプのホイールとタイヤはどこのメーカーもやってきてますね。
「Air Free Concept」といって空気を入れずベルト状のゴムと特殊素材のスポークで弾力を出すそうです。

ファイヤーストーンブランドでは佐藤琢磨選手のインディーマシーンを展示。

またソーラーカーを展示してました。
グッドイヤーはもみ殻の灰からタイヤに必要なシリカを作る技術をアピール

2m近い大きさのトルクレンチが展示・・・
何に使うのかと思いきや船舶とか大きな物で使うとか


東館

東1はトラックブースとなっていました。
各メーカー運転席に座れる展示方法をしてましたね。

いすゞは戦後すぐのトラックをレストアして展示。

トラックにもハイブリッドの流れですね。

鉄拳のパラパラ漫画に寄るドライバー物語を放送してました。

日本では販売していないピックアップトラックD-MAX Xシリーズハイランダー

三菱ふそうはラリー競技車を展示

スーパーグレートXという燃費改善モデルや
スーパーグレートスパイダーというナックルクレーンを乗せたトラックを展示してました。


次へ

戻る


Ads by TOK2