NEW YEAR MEETING
次へ

戻る


イタリア車

フィアット600・セイチェントとフィアット124スポーツスパイダー

フィアット・リトモ アバルト125TCリトモをアバルトがチューニングしたモデルで
チューンのメインはサスペンションだったそうです。
アルフェッタGT1.8はジウジアーロデザインの3ドアGTです

何故かアルファに囲まれていたディーノ246GTです!
理由はエンジンがアルファのV6使用しているからですね!
ミッドシップスポーツのランチアベータモンテカルロSr.1です。
ラリーなどのスポーツメインというよりはエレガントなスポーツクーペといった位置づけのようです。

ランチア・フルビアにザガートデザインのモデルを載せたクーペです
アルファロメオ1600スパイダーデュエット

ザガートがスパイダーのシャーシに軽量なアルミボディーが架装したSZ(スプリントザガート)です。
785kgの車重に、100hpのエンジンというライトウェイトスポーツです。


ドイツ車

フォルクスワーゲンtype1(通称ビートル)のカブリオレ
コチラはポルシェ356かと思いましたがエントリーリストだとフォルクスワーゲンになっていたので
ビートルベースのレプリカ?

コチラは356Bのカブリオレと356Cのクローズボディー

ポルシェ904GTSです!FIAのGTクラスに合わせて作られていて、1964年デビューしたレーシングカーですが
ホロモゲーションのために100台以上生産されて市販もされました。
この車体はナンバーが付いていたので公道もOKのようです!
正式名称は「ポルシェカレラGTS」と言うそうです。
この車は第2回日本GPで優勝してまだ発展途中の日本車との性能差を見せ付けました!
しかし1周だけ周回遅れに引っかかった時にプリンススカイラインに抜かれて、
後のスカイライン伝説の立役者?になってしまったことでも有名ですね。
(この辺のくんだりは色々と言われてまして某メーカーがプリンス・スカイラインを優勝をさせないために
導入したとも言われてまし、ドライバー同士が仲がよくてスカイラインが前を走らせてもらう約束だったとか・・・)

内装はレーシングマシーンらしくシンプルな中身です!
そしてポルシェの代名詞911です。初代のナローと言われるボディーです

ベンツですが、左のは本来予定の車が来れなかったので変わりに展示された車体だそうです。
黒は190SLオープンモデル!

コチラは280SLのハードトップつきと無し
「SL」はドイツ語で超軽量を意味して、このグレード?はロードスターボディーと
それにハードトップ(脱着可能)を付けた車体を指します。


フランス車
ニューイヤーミーティングではフランス車をあまり見ませんね。

今回アルピーヌA110が2台参加!
しかも意外と目ずらしい?白!一台は普通のボディーですが

Gr4風のモデファイかな?バンパーは形違うようですけど。
しかし青に見慣れていると純白のボディーも新鮮で鬱くしいですね!
(実は所有したいと思っている・・・金と置き場と知識があれば・・・どれもないです・・・)


次へ


Ads by TOK2