NEW YEAR MEETING
次へ

戻る


マツダ

ファミリア・プレストロータリーTSSです。
キャッチコピーの「走るというより飛ぶ感じ」と言うのはロータリーの加速性を表していたそうです。

ファミリア1300トラックにコスモAPスパーカスタムでAPはアンチ ポリューションと言う意味で
公害対策の意味を表しています(オイルショック後発表した初モデル)

マツダキャロルですね、クリフカットと言われるリアピラーが普通とは反対に曲がっている独特なスタイルです!
そしてR360クーペ!日本初の量産AT車としても知られています

青いトップは初めて見ましたリアウインドにカーテンも付いてました。
普段から使っていると言うことかな?

ポーターキャブです。中々独自なフロントマスクですね!意外と浜松でも見ますね。
今ではまず見なくなった3輪トラック、オート3輪のK360・通称ケサブロウ

コレはマツダのT1500、狭いキャブ幅で3人掛けを可能とするため
シフトレバーは右にあるそうです。


ホンダ

ホンダの旧車といえばエスシリーズですが、今年の展示ブースはS800ばかりでした!

しかしクーペとはいえ、屋根に自転車を載せているのが凄い!
そして本田宗一郎氏の空冷エンジンの可能性を追求した最後の意地の結晶
ホンダ1300 77Sです。トミーテックのミニカーのモデル参考に使われたとの表示が!

シビックのステーションワゴンモデル・カントリーとバンモデルのシビックバン

シビックバンのエンジン!画像じゃわかり辛いですがコードやエアクリなど交換してあって
メンテをしっかりしているのが判りますね。
そして短期間に販売されたスポーツモデル・シビックRS(ロードセーリング)

ホンダ・ライフにN360

ホンダZ、空冷エンジン時代のモデルGSです。


次へ


Ads by TOK2