NEW YEAR MEETING
次へ

戻る


スバル

国産自動車黎明時代の軽名車、スバル360
右は商用モデルのカスタム

そして後継車のR−2とスバルサンバー
しかしスバル製の軽も消えていくんですね・・・


日野

神風タクシーとも異名された「日野ルノー4CV」です。
ルノーからノックダウン製造されて、タクシーなどに使われたそうです

日本向けにエンジンや足回りなどは強化されているそうで、
サイズの割にはかなり速いということから神風タクシーなんて呼ばれたそうです。
ドアは今見るととても珍しい中央ヒンジ

面白い開き方ですね。

「伯爵夫人」の異名を持つ日野コンテッサ1300DX
前述のルノー4CVのRRの技術が継承された車ですね。


マツダ

初代キャロルです、軽自動車初の4ドアモデルです。
クリフカットといわれる独特なリアピラーのラインが特徴的です。

エンジンは水冷4気筒のOHVでアルミシリンダーと、
当時としてはかなり贅沢なエンジンだったそうです。

その前のモデルと言っていい、マツダR360クーペ
こんな小ぶりのボディーながら4シーターという車です。

マツダ・カペラ1800スーパーカスタムです

元祖ロータリー!コスモスポーツ!

ファミリアプレストロータリーTSS
キャッチコピーは「走るというより飛ぶ感じ」
ロータリーの加速を表現したコピーなんでしょうね。

ものすごく年季が入ったルーチェAPワゴンGR-II
これもロータリーエンジン搭載車の方かな


トヨタ

TE51カローラレビンGTこれは昭和51年排ガス規制をクリアしたモデル

こっちはTE55カローラレビン、こっちは昭和53年の排ガス規制をクリアしたモデルです。


今でも人気の根強いTE27型レビン

こっちは後期型!

こっちは同じTE27型のトレノ

当時の定番モデファイ、チンスポ・ダックテール

コチラは同じクーペボディーですがエンジンが1400ccのカローラSL

そしてこっちは1200ccのカローラSR
同じレビンボディーを使っていますが、SL・SRには名前にレビンは付かないんですね。


次へ


Ads by TOK2