NEW YEAR MEETING
次へ

index戻る


行き
今年もニューイヤーミーティングに行ってきました!
予報はかなりの冷え込みの予報なので防寒対策をして東京へGO!

いつも通り新幹線に乗り込んで東京駅までGO!
ゆりかもめに乗り換えてお台場・船の科学館駅に!
ゆりかもめに乗って下を見たら、見たことあるカプチーノのモデファイ車が走っていきました。

で、今回はゆりかもめの切符も1日周遊券を購入!理由はあとの行動の為。


到着

今回もかなりの台数の車が集結&道路にもこのイベントに来た駐車場待ちの渋滞も!

駅の階段から会場のその先に見えるのは1/1リアルグレードガンダム!
静岡で見た以来です!再びお台場に立つとは聞いていましたが、既に完成してたんですね!

今回は早めに来たので開場直後に到着だったので行列が眺め・・・
毎年このイベントの時の日はかなり冷える予報なんですが、
何時も冷え込みはさほどじゃなかったんですが・・・だけど

今年は本当にめちゃ寒い!!

会場の駐車場の移動式ガードレールの土台に溜まった水が凍ってる・・・
道路の植え込みも雪の名残があったり、かなりきつい冷え込みでした!!


特別展示
今年はイタリア車がコンクールデレガンス対象と言うことで、
特別展示の車もイタリア車でフィアットの2台。

まずはフィアット・シアタ508スポーツMM
シアタはアバルトより前のフィアットオフィシャルチューナーで、
ベースになった508Sバリラをアルミボディーを採用してた軽量スポーツだったそうです。

フィアット・ザガート750GTDerivataMM
フィアット・トッポリーノ(初代フィアット500)をベースに
ザガートデザインのアルミボディーを加装したレース用スペシャルカーです。
塗装はザガートの「Z」をモチーフにした塗り分けしてますね。


今年のテーマカーはイタリア車

まずはデヴィンアルファスペシャルという車で、ボディーはアメリカでエンジンがその名の通りアルファだそうです。
右はフィアットアバルトコルトモンツァという車体

そしてアバルト1000モノミッレスコールピオーネとアバルトシムカ1300Sr.2
この2台とコルトモンツァと間違い探しのような似たデザイン。関連してる車体なんでしょうね。

フィアット600(セイチェント)ですね。それとフィアットジャンニーニ590GT

フィアット850スポルトクーペとフィアット124スポーツスパイダー
60年代後半のイタリアを代表するオープンスポーツカーの一台です。

量産ミッドシップカーの原点フィアットX1/9。
FF機構をMRにコンバートする手法で安価なMR車が作られることとなりました。
コレがなかったらMR-2やビート・NSXもなかったかも!
そしてランチアベータモンテカルロSr.1、ランチアと言えばラリーですが、
コレはロード用のスポーツクーペという位置づけらしいです。


次へ


Ads by TOK2