NEW YEAR MEETING
次へ

戻る


ホンダ車

ホンダ車ときたらエスシリーズ!
これはS800のハードトップ付

ボンネットが空いているときに覗きましたが綺麗に整備されてるようです。
走る精密機械と言われたエンジンです。

ここではおなじみの?ホンダ1300 77SS
トミカの製作?に一躍買った車体だそうです。
今回は当時物のタイヤも展示してました。
ネイビーカラーのシビックRS

シビックRSといえばこのオレンジ!

排ガス規制が寸前にもかかわらず短命承知でスポーツモデル出すところが凄かったり。
右がその大手自動車メーカーですらクリア不可能と言われた
当時の排ガス規制法案マスキー法の基準を世界初でクリアしたCVCC搭載シビック!
両極端の?性格ですね

グリルにはRSとCVCCのエンブレム

エンジンにもCVCCの文字が!
まあ結局マスキー法は最終的には殆ど骨抜きにされて
廃案と同じようなものだったそうです。


日産車

1938年製戦前のダットサン17PC
ナンバーは当時ではないものだと思うのですが、
それでもかなり古い時代のナンバーでした

エンジンはなんと722cc!まだ排気量は小さい時代ですね・・
右はダットサン1000

かの伊東四朗さんもてんぷくトリオ(ぐうたらトリオ)時代にダットサン1000にメンバーを乗せて走っていたとか。
そして初代シルビア!

初代フェアレディーにクーペボディーを架装したクーペで
わずか554台の貴重な車です。

そのシルビアのベースになった初代フェアレディー

ここに来ていたのは2Lモデルばかりでした!
初期の1.5L3人乗りは中々こういうところでは見ないですね。
そっちは地元浜松の方でよく見ますけど。
ここではおなじみ初代サニー1000DX。年式の歴史を感じる味のあるボディーです。

2代目サニーベースのトラックとスポーツモデルのサニークーペ1200GX

こちらはサニー1200GX-5、当時としてはまだ少数派だった5MT搭載モデルです。
そしてワンランク上の1.4Lエンジンを搭載したサニーエクセレントクーペGX

3代目サニーのバン

510型のブルーバード1600とラリーで活躍したおなじみSSSクーペ


次へ


Ads by TOK2