NEW YEAR MEETING
次へ

戻る


コンクールデレガンス車両2

三菱のフラグシップで22年モデルチェンジしなかったことで
「走るシーラカンス」と言われたデボネアです。

5ナンバー枠ながら前後ろ3人掛けの6人乗りと言う特徴的なパッケージです。

三菱の軽自動車といえばミニカ!こちらは初代のバン。

2代目ミニカの左は70スーパーDX、右は70GSS。
「70」という名前は1970年代をリードするようにという願いから付いた名前です。

クーペモデルのスキッパーGTとバンDX

4代目ミニカのバンです。


アメリカ車

アメリカはいかにも当時の時代を象徴するビックサイズの車が展示。
フォード・マスタングコンバーチブルとシボレーエルカミーノ

キャデラックエルドラドクーペ!何ともデカい!
デカすぎる為に駐車スペースに収まらない車体の長さです。


イギリス車

今でも新車でこの形の車が販売されるモーガンプラス4とブリティッシュオープンの基本MG-B
釣り道は「鮒で始まり鮒で終わる」と言われますが、
エンスー道は「MG-Bで始まりMG-Bで終わる」と言われるくらいの車です。

こちらは左ハンドルなので、主力地域のアメリカ仕様でしょうか?
マツダのロードスターが出るまでは、世界で一番売れたオープンカーだったんですよね。

日本では通称カニ目、海外ではフロッグアイと言われるオースチンヒーレースプライトMk-1!
独特な顔になっていますが、本来はフェンダーの部分にライトがつくはずだったのですが
安全基準の為にここにつけざる得なくなったとか。

オースチンミニMk-1元祖モデルのミニですね。

イギリスのスポーツメーカーといえばロータス。
ここではヨーロッパが最大勢力として多くの車体が!
こちらはシリーズ2ベースのモデファイ車両。

同じヨーロッパでも左はTCモデルで、JPSカラーはSP

サーキットの狼世代から言えば、ヨーロッパといえばSPですよね

こちらはパンフだとSPの位置ですが、ライト内側にウインカーが無いのと
リアのトランクの高さからS2かな?

ロータスのといえばもう一台のエスプリ!
007での潜水艦はインパクトありましたよね。
黄色はS2、白はターボモデルです。

ウエストフィールドのニアセブン
日本だとセブンはケーターハムがメジャーですが、イギリスではウエストフィールドの方がメジャーらしい?です


次へ


Ads by TOK2