NEW YEAR MEETING
次へ

戻る



なんか今年は軍事関係車両が多いですね!
第二次世界大戦時のドイツの軍用車キューベルワーゲンですね。
フェルナンドポルシェ博士が設計していたTYPE-1(ビートル)のシャシーを使って作られた軍用車両です。

カタログによると1942年製なのでレプリカではなく当時の車体ですね。

こちらはVWtype-2のバスモデル。

ポルシェ356ですね。B型のクーペ

こちらは同じくB型のカブリオレです。

これは最終型のC型のクーペですね。
BMW3シリーズの初代モデル320-6Aで、このグレードはATオンリーで
正規ルートでは販売されていなくて並行輸入で入ったモデルですね。



フィアット850スポルトクーペですね、エンジンはRRなので後ろに搭載

リアのスタイルが中々個性的ですね。

アルファロメオGT1300ジュニア。
お約束のバンパー外しのモデファイで日本では人気の段付きモデルですね。

ホンダを代表するスポーツカーS800のハードトップ(HT)付きモデル

こちらもS800のHT付ですが、デザインが上記の純正モデルとは違うのでワンオフものか
当時のアフターパーツものかな?

精密機械と言われたDOHCの800ccエンジン

ここではおなじみホンダ1300セダンです。

空冷ながら水冷並みの冷却効果を持たせたのですが、
水冷より重くなってしまったという空冷のメリットがなくなてしまったんですよね。

ダットサンライトバンという車だそうで、1954年モデルだそうです。

働く車だけに年次相応の歴史を積み重ねた雰囲気がありますね。

ウインカーはライトではなくバーが飛び出るタイプですね。

初代シルビアですね!ベースはダットサン・フェアレディーで
クーペボディーを架装して作られたスペシャリティーカーでわずか554台の貴重な車です。

こっちはそのフェアレディーと名前の付いた初代カーです。


今回参加していた車両はすべて2000ccモデルでした。

こちらはハードトップ付き
1500ccの3座モデルとかはここではやはり見ること中々ないですね。

フェアレディーZの240ZG、Gノーズにオーバーフェンダー、そしてライトカバーですが、
カバーをブラックアウトにしてるので雰囲気変わりますね。

フェアレディーZのラリー仕様。輸出モデルの260Zがベースです。

2代目S130型フェアレディーZ、シザーズドアにメタリック塗装で異彩を放ってました


次へ


Ads by TOK2