NEW YEAR MEETING
次へ


戻る



すっかり見ることのなくなった3輪トラックマツダT1500
10年位前までは時々浜松の国1バイパスで見ることあったんですけどね。

荷台には何かの発動機が載っていて、妙にオイル臭が漂ってました。

マツダも今は100%スズキのOEMとなった軽自動車ですが、
昔は独自生産していてその名前は今も受け継がれているキャロルです。

マツダの軽自動車ピックアップトラック・ポーターキャブ



軽自動車初期の大ヒット作スバル360「テントウムシ」という愛称で呼ばれました

2代目スバルサンバー



ダイハツフェローMAX・DXとエントリーはホンダZのはずですが
モンキーが展示されてました。
急遽車種変更もニューイヤーミーティングのお約束ですね。

ホンダの水冷化の先駆けとなったライフGFL
ホンダの軽自動車初の4ドアボディーです。

ここでは常連のステップバン・ピックアップ
牽引車とぬいぐるみもいつも通りの約束。

2代目ミニカ70GSS

ミニカバンDX角目なので前期型かな?


今回オーナー展示がまただいぶ減ってしまっていました。
去年まではここの2列でコンデレの車が並んでいたんですけど、
オーナー展示が減ったせいで空いていました!
思い出してみると今年はいつもなら1列半くらいを占拠していた最大勢力の一つ
ロータスヨーロッパとエスプリの団体がいなかったですね。
理由は色々あるんでしょうけどまた盛り上がるようになるといいですね。


次へ


Ads by TOK2