NEW YEAR MEETING
次へ

戻る



510型ブルーバードが結構な台数居ました!

左内側のライトが外されてる車体が何台かいましたが、
そういう定番モデファイ?があるのかしら?

1600SSSと1800SSSのクーペモデル

510型SSSはラリーで活躍した名車でしたね!
そして2代目セドリックの後期型。

プリンス時代の2代目スカイラインの1500cc4気筒モデル

こちらは6気筒エンジンをつんだ2000GT-B
レースでスカイライン伝説を作った車の量販verですね

並んでいるのを撮ってみると、画像ではずれて見えますが車の前先はほぼ並んでいていまして、
ボンネットのフィンの位置を見ると奥のGT-Bのほうがボンネットが長いのがわかりますね。
これが4気筒と6気筒の差ですね。

日産になった3代目スカイライン2000GT

今では無鉛のステッカーすら存在しなくなりましたが、
当時の車を象徴する「有鉛」のステッカー

ほぼノーマルの2000GT

4ドアGT-Rの様ですがパンフではGTなのでR仕様でしょうね。

RとR仕様の見分けの一つにリアガラスの電熱線の有無がありますね。
でも気合の入ったR仕様はそこも交換して限りなく本物に近づけてます。

カーボンボンネットにチンスポイラー!
パンフで見るとエンジンが3100ccの物に換装されているそうです。

2000GTのハードトップモデル。この色は見ないけど純正なのかな?

エンジンをS30型Zに積んでいたL20のSUキャブ仕様のエンジンを搭載したGT-X。

4ドアのGT-R、スカイラインとしては初のGT-Rですね

こちらはハードトップモデルのGT-R。
今回ハコスカのRはこの3台でした!


次へ


Ads by TOK2