NEW YEAR MEETING
次へ

戻る



去年もいたケンメリのワゴンです。
去年はGT-Rバッチ付けてたくらいでしたが今年はさらにモデファイが進んでました。

サイドにエアブラシのラインと、リアピラーにこの車のエアブラシペイント。
これを見るとアメリカのホットロッド風を狙ったモデファイなのかな?

日産にマイクロバスの初代シビリアン。
以前に元移動図書館の車両も来てましたね。
マイクロバスだけに中でオーナーさんたちとかが座て休んでました。

2代目トヨタ・コロナです。当時のブルーバードと販売台数を争ったBC戦争の車です。

細いステアリングが当時の車の特徴ですね。
そして「安全運転模範車」のステッカーが!時代を感じるアイテムです。

3代目コロナをベースにしたトヨタ1600GT!
2000GTの弟分として登場しました。

1600GTは2台参加していて両方ともGT5という5速MTモデルです。
この時代スポーツモデルでも4速も設定の時代だったんですね。
5速は2000GTの物が使われていたので、まさに弟分だったんですね。

初代カローラ、国産大衆車の代名詞となった車ですね。
他社との微妙な上位商品展開でクラスの勝ち組となりました。

E20系カローラの年式のクーペボディーだとレビン・トレノ(1600cc)ばかりが注目されますが
それよりレアだと思われるTE25カローラ1200SR。
レビンとは違いオーバーフェンダーがつかないスレンダーボディーです。
チンスポイラーが定番のモデファイですね。

TE27、当時のホットモデルとしてカローラクーペとは一線を画して
「レビン・トレノ」のサブネームが付きました。
この車体はチンスポとかダックテールスポイラーもなく素の状態ですね

こちらは逆にチンスポ・ダックテール付きの当時の定番カスタムですね。

4代目カローラのクーペモデル・カローラSE
ボンネットの開け方が独特なものに変更してあります。

エンジンがアピールポイントのようでエンジンルームはきれいに仕上げてありました。

KP61型2代目スターレットです。スターレットカップ仕様の車かな?

最後のFRスターレットという事と値落ちとかも早くて手ごろに購入出来て
レースカーにするには都合が良かったとか

日本初のスペシャリティーカーとして登場した初代セリカ。
我が家でもクーペモデルの方を40年ほど前ファミリーカーとして使っていました!

リフトバック(ハッチバック)モデルの1600GT

やはりクーペよりLBの方が多いですよね。

毎年おります年次劣化しているセリカ
ボンネットの錆が凄いことになってますがレストアとかしないんでしょうかね

3代目クラウンの前期型スーパーDX

こちらは後期型スーパーDX

ハイラックストラックです。こういうピックアップトラックのオーナーさんは
荷台に何か積んできたがりますね!


次へ


Ads by TOK2