東京モーターショウ2003

indexへ戻る

次へ

戻る


イベントホール
ココはカロッエリア(カーデザイン工房)を主に展示している所でした。
TVR

イギリスメーカーのTVRからT350Cとタスカンが展示されていました。
T350Cはエントリーモデルのタモーラをベースにレース用に開発されたモデルです。
タスカンはマジョラカラーで異彩を放っていました


慶応義塾大学

慶應義塾大学環境情報学部主体で作った電気自動車ELiiCAです。
オリジナルシャシーの8輪車でリチウムイオン電池使用
最高速挑戦を行う予定で400km/hを目指すそうです。
電池容量は31kWh、電圧332V(!!)だとのこと。
右は床下バッテリー等を見せた基本骨格です。


3輪車

左がイギリスのカービルダーGRINNALLが作った1.2LBMWのバイクエンジンを積んだScorpion3です。
400kgの車体に130psのエンジンだそうで、名前の通りスコーピオン(サソリ)のイメージです。
右がスイスのARMECが作ったシティーコミューターということでバイクに近いイメージですね。
これ馬路欲しいです!!車免許で乗れるのかな?おいら2輪免許はないし。


チューナー

ゲンバラというチューナーが作るポルシェですね。
ポルシェメインなのか展示車は911、ボクスター、カイエン等でした

スポーテックというブースでRX−8とV35スカイラインを展示してました



左はクリーンマンというメーカーでベンツ等のオリジナルカーを作っているようです。
右は大野カークラフトのカスタムカーでNAOMI 5で
これベースは旧ベンツSLだそうです!


チョロQモータース

最近では電気自動車にも乗り出したチョロQです
数タイプのチョロQがおいてありましたが何故かザガートが?


東京R&D

最近のJGTC(全日本GT選手権)で有名な東京R&Dが初出展
これはコンセプトカーVemacRD180を踏襲したVemacRD200です

こちらはJGTCに出場しているVemacRD350RのロードverのVemacRD350です
500ps/8000rpmのV8DOHCエンジンを積むまさに公道を走るレースカー!
メチャ格好いいですわ!!


次へ

戻る


Ads by TOK2