東京モーターショウ2003

indexへ戻る

次へ

戻る


東ホール・2
ダイムラー・クライスラーグループ

1950年代に活躍した「300SLR」の名前を復活させたメルセデスベンツのSLRマクラーレン!
名前の示すようにF−1チーム「マクラーレン」とのコラボレーションで生産されるということです。

ボディーはマクラーレン製のフルカーボンモノコック、エンジンはAMG製5.5LV8(460kw=626ps!)
価格は約5000万とまさにスーパースポーツカーです。
スマート

ベンツの子会社スマート社からは、スマートベースの
スマートロードスター(右)とスマートロードスター・クーペ

これはスマート初の4シーターカーとなるスマート・フォアフォー
ダイムラークライスラー系列となった三菱のコルトをベースに作られるそうです
クライスラー

クライスラーのJeepのコンセプトカーです。
ジープ・スリーシーターコンセプトという名前で、
将来の技術(ドライブバイワイヤー技術や燃料電池システム)搭載を見込んだコンセプトカーです。


三菱

左がCZ2カブリオレでコルトのシャシーを使った4シータ−オープンモデルです。
右は前回モーターショウで出たCZ3ターマックのオープンモデル・ターマックスパイダーです。

左がアルミボディー・ミッドシップの軽自動車という新しい提案を見せたSE・RO(セロ)
何でもイタリアの職人によるアルミ叩きだしだそうです。
右はi(アイ)、これも軽量なアルミフレームを使用してエコ指向のミッドシップリッターカーです。
やはりエコ指向で軽量にするとなるとアルミ使用となるんですね。
(ダイハツにもアイってコンセプトカー出てましたね!向こうは「ai」ですが)

ランサー・エボリューション2台!
ランエボWRカーと近々発売されるランエボ8MR(ミツビシ・レーシング)
来年はWRC復帰と言うことで、どういうパフォーマンスを見せるか楽しみですね。

こっちはパリダカラリ−に出場するパジェロ・エボリューション
右は北米で販売中のエクリプススパイダーですね。
市販モデルが此処に置かれると言うことは逆輸入があり得るということかな?


次へ

戻る


Ads by TOK2