モーターフェスティバル
コルモラーニ2004

次へ
戻る


イタ車

左はフィアット126・チンクチェントノ後継車として作られ
つい最近までポーランドで生産されていました。
今の軽規格に当てはまりその為最近生産されていたモデルなら
軽登録も出来てしまいます(実のところ知り合いの漫画家さん軽登録で乗ってます)
右はアルファSZ・最後のFRアルファ75をベースにザガートデザインボディーをかぶせた車です。


フェラーリ

こういうイベントでの王道?数多くのフェラーリが参加してました。
F40、フェラーリ創立40周年を記念して作られたモデルです。
GT選手権でレースモデルが疾走していたことが思い出されますね

エンツォ・フェラーリが亡くなった最愛の息子の名を冠したDino246GT
フェラーリ365GTBデイトナスパイダーですね。
結構スパイダーはレアらしいです。

これはフェラーリ250GTOレプリカです
人気のあるモデルなのですが絶対台数が少ないためにレプリカが多いようです。
(全部で総生産数39台)

この車は右ハンドルだったのと、この画像では見えないですが
インパネの3連メーター形状からして定番とも言えるS30Zから製作された物だと思われます。




スーパーカーの老舗マセラッティーのマセラティ クワトロポルテ(かな?)
正直勉強不足で良くワカランのです(切腹)
右は多分ランボルギーニ・ハマラですね。
ハマラで間違いなければランボルギーニ最後のFRスポーツになるそうです。

カウンタックの後継車・ランボルギーニディアブロSVRが2台!
丁度自走しながら展示会場の芝の中に入ってきたのですが
すげえ迫力のあるエンジン音でした。

WRCを勝つために生まれた、キング・オブ・ラリーカー!ストラトスです!
正直大きく感じるのですが実際近くで見ると小さいですね。
そしてデ・トマソ・グアラ!V8エンジンを、カーボンファイバー製のボディーに乗せているすげえ車です!


次へ

Ads by TOK2