スーパー耐久2017Rd.5
次へ

index戻る


行き

去年は仕事が忙しくて行く気力が無かったので2年ぶりのスーパー耐久観戦です!
しかし今年はなんと時間がさらに増えて10時間耐久に!
おかげでピットウォークは前日に行われて見れず、スタートはなんと8時!
スタートに間に合わせるためには5時には家を出ないといけない計算・・・・
朝4時過ぎに起きて5時に出発!ホンダのドライビングプランの計算だと、
5時に出ればスタートには余裕で着くはずが、フィットのナビが計算したのは8時寸前の表示・・・

仕方がないので休憩なしのつもりで一気に東へ!
順調に?到着時間が縮まり7時半に到着時間となりましたが
ここで自然現象が来て仕方ないので愛鷹PAで最速で済ませて5分のロスで何とか復帰!
御殿場ICから降りて富士スピードウェイに!

天気は曇りの予報でしたがついてみると結構晴れてました、気温は浜松では考えられない20度表示!
結構涼しい?一日になる?

今回も入場は西ゲートだけなのでそっちに回って到着!時間は無事7時40分過ぎでした!
すでにグランドスタンド広場の駐車スペースは満車なので、
あらかじめ調べておいたドリフトコースを駐車スペースしたところにフィットを入れたらまだガラガラでした!
そしてグランドスタンドに!


スターティンググリッド

スタート10分前くらいにグランドスタンドに到着!
すでにグリッドウォークも終わり掛かっていて、マシーンとスタッフが残る状態に!
ポールはトップクラスのFIA・GT-3規定のST-Xの8号車ARPフェラーリ488GT3で
それに続いてチャンピオンナンバーのスリーボンド日産自動車大学校GT-R。

ST-XもGT-Rに488、911、SLSなど車種が増えましたね。

今回はメインに見に来たのは新設されたST-TCRを見る為です。

ST-TCRはST-Xで使われるGT3クラスより安価なマシーンとして作られた
FIA・TCRというレースの敷居を下げるためのマシーンを使ったクラスだそうです。
WTCCの廉価版?という感じでしょうか?今回97号車に乗るWTCCのシビックに乗る道上選手によると
「レーシングカーとチューニングカーくらいの違う」くらい市販車に近い仕様の様です。
このクラスにはアウディーのRS3と途中参戦のVWゴルフTCRも参戦してます。

シビックtype-Rは向こうのTCR仕様マシーンを持ってきたのでしょう左ハンドル車です。
そしてスタート直前ですが45号車のアウディーRSがメカニックに押されて急きょピットウォール出入り口から退出!
なにかトラブルがあったようです!

97号車はモデューロレーシングのチームとして、98号車は童夢レーシングとして参戦
ですが実質ホンダワークスですよね・・・
グリッド位置的にはST-2・3位という事でそのくらいの速さなのかな?

そしてもう一つメインで見るつもりなのがST-4と5です。
市販車に近い仕様のレースカーを見るのが楽しみなので!
フォーメーションラップを「ST-X・TCR・1・2・3」と「ST-4・5」と区切るために
ST-4トップの93号車S2000の前にもう一台のオフィシャルカーがいます。

かつてはホンダワンメイクともいわれたST-4ですがZN-6(ZC-6)の86&BRZが参戦してきて
バラエティーに富んだ車種になりましたね!
その分年式的にもホンダ車が減少!今回はホンダ車は4車種(DC5・FN2・FD2・AP1)で各一台という・・・
他にもNC型ロードスターも参戦してます。

かつてはホンダ車で走っていたチームもZN-6などに乗り換えたチームが多いですね。(カーナンバーから推測)

かつてはフィットヴィッツなど小型FF車メインでしたST5クラスに1.5LにダウンサイジングしたND型ロードスターが参戦!
クラスの勢力図が大きく変わりましたね!

他にもデミオがガソリン車とディーゼル車で参戦!

バラエティーに富んだ車種による全57台の10時間耐久レースのスタートです。


次へ


Ads by TOK2