昭和のホンダ車ミーティング
次へ

戻る


アコード

初代ホンダアコードです!シビックのワンランク上のモデルという位置づけは今も変わりませんね!

アコードも最初は、シビックと同じ3ドアハッチバック
エンジンはシビックのエンジンをソースアップしたCVCCエンジン!

3代目のアコードですね。プレリュードから始ったリトラクタブルライト攻勢で
普通では考えられない4ドアセダンにまで設定してましたから!
ホンダは突っ走ると凄いですね!

3代目アコードといえばエアロデッキですよね!

アメリカ逆輸入の走りとなったUSアコードクーペです!

すいません、昔プレリュードと区別付きませんでした・・・_| ̄|○


コンチェルト

イギリスのローバーと提携していた時代に作られた真面目なセダン!


クイント・インテグラ

クイントとしては2代目、インテグラとしては初代となる「クイント・インテグラ」
これは3ドアモデルですね!

そしてコチラは5ドアモデル。
このモデルも好きで、一時期中古で購入考えたことも・・・


ワンダーシビック

3代目のシビックです!2代目までのイメージを一新!
開発コンセプトは「マン・マキシム・メカ・ミニマム」というMM思想!
(居住スペースは大きく、メカニズムは小さく)
今のホンダにも通じるホンダの車作りの基本になった車ですね!

コチラは1300cc仕様ですね!
このグレードだとヘッドライトの形状が前期型バラスポCR-X風に奥まったヘッドライトなんですね!

これは2代目シビックに有った「シビックカントリー」というワゴンモデルです!


次へ


Ads by TOK2