昭和のホンダ車ミーティング
次へ

戻る


シティー

80年代にホンダが他社と違うということを見せ付けた代表モデルですね!
当時はロー&ワイドのボディーに流れがきたところに、ハイトボディーをやってくるなど
ホンダの独特な遊び心の集大成?でしたね!しかもフェンダーモデルです!

ボディー横にはけいおん?のカッティングシートが!

コチラはノーマルのシティーRかな?
そしてシティーといえば、専用に収納設計された折りたたみ原付モトコンポです!
これも人気の高いホンダ車ですね!

そしてターボII、通称「ブルドック」!ホンダでも数少ないターボの普通車です!
(確か最近の軽以外では、このシティーと初代レジェンド位したターボ設定してないんですよね!)

何故にルノーが?しかもミッドの5(サンク・ターボ?)でもなんか寸詰まりなデザイン
実はこれ5(サンク)風エアロを付けたシティーです!


シティー・カブリオレ

これはシティーカブリオレに、無限のブルドック用エアロをつけたんですね!
元もとカブリオレはターボIIのボディーを使って作られているので、合うんでしょうね!

本来カブリオレはNAエンジンなんですが、良く見るとボンネットにふくらみが!!
エンジンを見てみるとなんとブルドックのエンジンが移植されていました!
あとシティーの発売記念のぼり!



これですよ!純正のマンマのシティー・カブリオレ!
しかもこのスカイブルー!いやー欲しかった車ですよ!
今でも程度の良い、5速のこの色があるなら欲しいです!
もちろん
ミサイルランチャー付きで!!
(はーい、わかる人だけ笑って!)

この幌のデザインはフェラーリデザインでも有名な
「ピニンファリーナ」が行ったとしても有名ですね!
(Bピラーの根元にエンブレムありますよ!)
この車体も一度レストアレベルの整備してあるようで、幌も新品に近い状態で
物凄く綺麗な状態でした!


バラード・スポーツCR−X
はい!私が今でも手に入れたい車の筆頭!です

初代CR-X本当にかっこよすぎです!特に前期型は!!
右の黒いバラスポは、J'STipoなどで活躍しているカメラマンさんのバラスポですね!
これ最近(といっても1年以上前だったかな?)フルレストアした1号車ですね!
(たしかこの方複数台バラスポ持っているはず・・・)
走行距離もメーター見たら43万キロに届こうかという・・・
(4.3万でないですよ43万キロです!)

クリアウインカーにして若干ブラックアウト?するだけでも印象が変わって
引き締まった感じになってカッコイイです!

コチラは後期型のバラスポ!コチラも引き締まっていいですね!
しかも当時の最強エンジン?ZCエンジンを搭載したモデルです!

コチラは白!ココで気付いたことが・・・
何故か100%のバラスポがリアハッチを開放!!

そして100%リアシート(通称ワンマイルシート)が倒されていました!
やはりオフ用に色々荷物を持ち込んでいるので、積載モードだったんでしょうね!
そして何台かについていたテールスポイラー!実はこういうのが有るのはじめて知りました!
新発見もあってやはり来てよかった!!

当時の新素材樹脂をふんだんに盛り込んで、
当時の車と比較しても驚くほどの軽量スポーツとなったバラードCR-X
その反面その樹脂がネックになることも!やはり何台かに年次劣化の割れが・・・
そして今でも名機といわれる、ホンダ1.6L「ZC」エンジン!
B16AVTECが出るまで、最強のテンロクエンジンでした!

ダッシュボード中央にはカップホルダーが合って、エアコンの噴出し近くにあることで飲み物を冷やす工夫?
そして先ほどの画像にも合ったトランクに合った資料雑誌!
オーナーさんのご好意で貴重な資料(海外用CR-X本とか!)を見せてくれました!
ありがとうございました!

ちょっとした裏技?
鉄チンのデザインを上手く塗り分けてアルミホイールかと思わせるテクニック!
結構いいですねこれ!


次へ


Ads by TOK2