昭和のホンダ車ミーティング
次へ

戻る


トゥデイ

ホンダの80年代を代表する軽自動車です!
特にこの丸目の初代は人気が有るデザインです!
あのル●ー・トゥ●ンゴもこれに触発されてデザインした位です。
ただ550cc時代とはいえ2気筒エンジンは力不足だったようです。

コチラはなんと無限バンパー!あったんですね!
これ初代の前期型トゥデイと思ったら、一緒にいたサイバー乗りのktさんから教えてもらって気付きましたが
実はこれ後期型の角目のトゥデイの顔スワでした!

見ると後ろのテールランプが違っているのが判ります。
後期型はアクティーと共有なんだとか。


アコード

アコードといったらまず思い出すのがこのエアロデッキ!
ワゴンと言いつつ3ドアハッチバックと言うスポーティーさ満載の車です!

コチラは海外用?のノーズブラ装着です!

コチラは初代アコード!シビックのワンクラス上と言うのはデビュー当時から同じ位置づけですね。

コチラは当時のエコエンジン・CVCC搭載したモデル

コチラは2代目のアコード・サルーン。フェンダーミラーなのが時代を感じますね!

リトラクタブル攻勢をしていた時代のHONDAらしい、3代目アコード・セダン
セダンなのにスーパーカーのような「隠しライト」は堪りませんでしたね!

コチラはアメリカから逆輸入のアコードセダン!
昔車にあまり詳しくなかった頃は、プレリュードとの差が、バッチを見るまで判らなかったです・・・(切腹)


ホンダ1300

本田宗一郎意地の空冷エンジン集大成の1300!コチラはクーペ!
あまりにも凝った空冷の為にエンジン自体が重くなって
空冷の軽量と言う利点がなくなってしまったという本末転倒な所も当時のホンダらしさかな?

コチラは1300セダン!このオイルタンクの放熱フィンとか凄いですね。


クイント・インテグラ

クイントとしては2代目、インテグラとしては初代のモデルです!
当時のデザインでも秀逸なクーペスタイルです!

コチラはリアスポ付き
このモデルのインテグラはクーペに4ドア・5ドアハッチと
ボディーバリエーションが多彩でした。

あとはクイントやバラードセダンを見てみたいですね・・・


次へ


Ads by TOK2