昭和のホンダ車ミーティング
indexへ戻る

戻る


バラードスポーツCR−X

80年代のホンダを代表するスポーツモデル!CR-X!
今回もこのフル無限エアロ+シュノーケルはすばらくカッコいい!

もう一台の無限PRO、この当時流行った無限ホイール+エアロディッシュ!
これって復刻してくれないかな・・・これならOZラリーの代わりにしてもい!!

コチラはウインカーをクリアにした以外はノーマル然としてバラスポ!
1.6Siだけにボンネットのパワーバルジが特徴的ですね!

赤いバラスポですがコレもかなり綺麗な車体でしたからレストアかけてるんでしょうね。
そして黒はバラスポ乗りでは有名なカメラマンさんの車体。この車も一度レストアしているんです。
しかし毎年オドメーター見るんですが、走行距離凄いです・・・

やはりというか今回は殆ど前期型でしたね

どれも綺麗な車体ばかりでオーナーさんのバラスポに対する愛情が伝わってきます!

コチラもエアロモデファイしているバラスポ
ヘッドライトの部分はセミリトラじゃなく切りかけの無い物に交換されてますね。
リアもカーボン?のテールスポイラー
マフラーも2本出しでかなりノーマルのラインを生かしながらかっこよく仕上がってますね。

エンジンも当時の名機ZCエンジン!

今回唯一の後期型で唯一の1.3Lで唯一のAT車のバラスポ
後期型で唯一ツートンカラーが設定されているのも特徴なんですよね。
こういう小さい排気量を目一杯回して走るのも面白そうです。

そして昭和63年発売ということでギリギリ昭和のホンダ車として入る通称サイバーこと2代目のCR-X!
ノーマル(多分)の前期型と無限エアロのPRO2


ちょっと無限PROとPRO2のマークの比較


何台か「CR-X」のプレートが海外仕様の「CRX」になっていたので、
ハイフォンを抜いただけかな?と思ったけど、文字の間隔が違うのでちゃんとそれ用なのと換えてるんですね。


晴れてきました!
ぱらぱらとたまに降ってきた雨もお昼を過ぎたら止んで、雲は残るものの日差しが挿してきました!
そうなったらオープンカーの皆さんはいっせいに車をオープンにし始めました!

シティーカブリオレも5台いたうち4台はさっと馴れた手つきで幌を畳んでいます!
始めて最初から最後まで畳み方を見ましたが、結構簡単に畳めるんですね。
しかも幌カバーもさっと着いてしまいました!

コチラは一人でさっとオープン!さすがオーナーさん手馴れたものです

もう一台もアッサリオープンに!
そしてBピラーには幌のデザインをしたピニンファリーナのエンブレム!

やはりシティーカブリオレのオープンは良いですね!

コチラはS800もオープンに!2人で幌が畳まれていきます!

最後にコチラも幌カバー掛けて終了!

コレは見ることが珍しいかもしれないバモスのオープン化!
まずファスナーでドアの部分の幌を取っ払って、下で固定しているポッチから幌を外す!
そして屋根のパイプにまきつけているマジックテープ(矢印の部分)を外して、


Aピラーのところにある固定用の返しから幌を外して・・・完全にフルオープン!
流石に幌というよりはテントを外すようなので、直ぐにオープンとは行きませんが、コレを見れたのは本当に貴重です!


帰還
止めた所には関西ナンバーのホンダ車が固まっていいました!
関西のグループ「ホンダリアン」メンバーの方々だったようです!

FD2シビックtype-RとFN2シビックtype-Rユーロ

EK9シビックtype-RとZE-1初代インサイト

EG6シビック とゴルティーニ風?3代目トゥデイ


いや・・車種はどうしても同じになってしまうはずなんですが、
毎年見ごたえあるイベントになっています!また来年楽しみになってキますね!

願わくばデルソルも参加とは言わないまでも、バラスポ・サイバーと3代並びで撮影してみたいですね!


indexへ戻る


Ads by TOK2