昭和のホンダ車ミーティング
次へ

戻る


シティー

1980年代のホンダのMM構想の代表車の一台。
セダンとかクーペが定番の時代に、コンパクトながら全高を高く取ることで
居住性を確保し使い勝手をよくした名車です。
この赤の車体は毎回見るレストア済みのもので綺麗な新車レベルの輝きでした。

時代を感じるフェンダーミラーのシティー。この辺からやっと「日本車」にドアミラーが認可とれるようになりました。
右は当時のホンダで数少ないターボ、シティーターボ。
当時としてはコンパクトカーで100psという驚きのスペックです。
「PGM-FI」も搭載した初モデルだったはず。

こちらはNAのシティーR

シティーの特徴モデルの一つターボII、通称ブルドック!
ただでさえ過激気味だったターボをさらに10馬力パワーアップしてしまったじゃじゃ馬車です。

ターボとは違いフェンダーも張りだしたものに交換してあって
いかにも特別なモデル!という雰囲気ですね。

無限エアロのターボII。大きな張り出しフェンダーのおかげで3ナンバー登録でした。

シティーのもう一つの人気モデル・カブリオレ!
ターボIIのボディーを使って、フェラーリのデザインなどでもおなじみ
ピニンファリーナがオープンデザインを担当したクルマです。

このOZホイールもいいですね。

シティーカブリオレはオープンモデルが絶滅していた日本市場に久々に登場したオープンモデルとして人気車種となり
ユーノスロードスターが発売されるまでは日本一のオープンカー売り上げだったとか。

正直程度のいいのがあったら欲しかったモデルです。
特にスカイブルー系のやつ、ミサイルランチャー付きで(わかる人だけわかって)


アコード

ホンダの主力車種の一台、アコード
初代アコードはセダンではなく3ドアハッチだったんですよね。

海外版のUSアコード。内外装綺麗でした。

ただちょっとシートが年次劣化というか。
そしてアコードにも当時の排ガス規制をクリアしたCVCCが搭載されていました。
今回は2代目アコードが来ていなくて残念・・・

今度は3代目アコードと思いきや・・・
左は兄弟車のビガーでした!

アコードクーペは多いですね!

スタイリッシュですが左ハンドルだけというハンデの中結構売れたようですね
でも当時プレリュードと区別できませんでした・・・

当時のホンダ車は多くの車種がリトラクタブルヘッドライトでしたね!
一つがはやると全車種に派生しそうな勢いが当時のホンダの傾向でしたね。

3代目アコードのエアロデッキ。
ワゴンという分類ですが3ドアハッチという事でどちらかというとホットハッチな感じです。


リトラの前とスタイリッシュハッチのデザインは本当かっこよかったですね。
しかしこれでアコードの3ドアは終焉してしまったんですよね。


次へ


Ads by TOK2