昭和のホンダ車ミーティング
次へ

戻る


軽自動車

ホンダ初の乗用軽自動車N360

こちらは鮮やかな赤

こっちはホンダテクニカルカレッジ(ホンダ学園)のN360のEVモデルから発展したハイブリッドN360

K4GPにも参加しています。

N360のマイチェン版NIII、知り合いのKAZUさんの普段使いの車です。

ホンダ初のスペシャリティーカー「Z」
リアガラスの形状から水中眼鏡とあだ名された車です。

Bピラーの無いハードトップモデルですね。

Nシリーズは空冷エンジンでしたが排ガス規制の兼ね合いもあって水冷エンジンになって登場した初代ライフ。


ストリート

働く車軽自動車ストリート!
一時期ホンダは乗用軽自動車からは撤退していましたが、働く車の方は継続していました!

荷台にはモトコンポが2台!シート部分にはレトロ容器のコーラ!


こちらはバンタイプ!角目に

こちらは丸目!


トゥデイ

ライフで一旦乗用軽自動車から撤退したホンダが満を持して復帰したのがトゥデイ!
当時のホンダMM構想の下、エンジンルームを極力小さく、ホイルベースを長くで、
室内空間を稼ぎ走行安定性を確保しまして、シビックなどと同じ手法でしたね。

こちらは何度かここで見ている後期型の角目モデルに前期型の丸目を移植無限エアロを組んでます。

今年はサイドに無限のスタッカーが追加!
そして仕様感ありが味のあるトゥデイ

角目もいました!
以前聞いたのですが、660ccになって角目になったと思っていましたが、
550ccの短い時期にも角目があったそうですね。


プラモミーティング

今回はプラモデルの昭和ホンダ車ミーティングも開催されていました!

プラモ単品に加えてジオラマを作って展示されている方もいました。


次へ


Ads by TOK2