昭和のホンダ車ミーティング
次へ

戻る


シティー

ホンダのMM思想を代表する一台、初代シティー。
シビックはロー&ワイドで空間を確保することに振った中、
その逆のアプローチとしてハイト車両として居住空間を確保した当時としては画期的思想?ですね。

フルレストアしているでしょう、新車のような輝きの車両です。

シティーターボII通称「ブルドック」
ライトカバーが色替えしてあってアクセントになってますね。

こちらもブルドック、ノーマルのシティーよりフェンダーをワイドにしてトレッドを広げています。

こちらは以前から知っているターボIIブルドックの無限フルエアロ2台です

が!エンジンはなんと両方ともD15BVTECエンジンに換装されています!
NAながら元のターボよりパワーは出ています!

元のターボIIはインタークーラーつけて110ps、D15BVTECは130psです。

ターボIIのボディーを使ってピニンファリーナに架装して貰ったシティーカブリオレ。

この日は朝の雨のせいで幌を閉じている車体が多かったです。

この車体にもOZラリーのホイールは映えますね。


こちらはリアハッチのステッカーが面白かったです。

雨も上がって時間がたってきたので、幌を開けた車体も増えてきました。

こちらにもモトコンポが!シティーとモトコンポは一心同体(意味不明)ですね。
やっぱりカブリオレは良いですね!
凄く程度が良いのがあれば欲しいですね!青のミサイルランチャー付き(わかる人だけわかるネタです)

ターボIIだけでなく、ターボIもいました!
張り出しの無いノーマルボディーにボンネットの小さいふくらみだけがノーマルとの違い位で、
すっきりとしたデザインですね。
当時のコンパクトカーとしては1.2Lで100psという驚きのスペックです。
「PGM-FI」も搭載した初モデルだったはず

こちらはフェンダーミラーですよ!
このステーの高さも車の形状から来ているんでしょうね。


クイント・インテグラ

クイントとしては2代目、インテグラとしては初代モデルです。
4ドアとクーペが参加してました。

あとは初代クイントを見てみたいものですね。
どうやら会場で聞いた話だと、参加者の中に所有している方はいるようです・・・


次へ


Ads by TOK2