第5回もてぎOFF

戻る

次へ


SKIPPER製デルソル

ハイドロ&エアサスペンションやエアロパーツ、コンプリ−トカ−の製作をしている
ショップSKIPPERさんが
これからのスポコンがどうあるべきか、 ひとつの提案として製作、
東京オートサロンに出品されたデルソルで参加していただけました。
一見外観はGTウイングとクリアーテールがモデファイポイントですが・・・

SKIPPERさんといえばハイドロ&エアサスですがオートサロンではエアサスを組んでたのですが
他の取材の時にはずしたそうです
バンパーの中から覗くのはインタークーラーでしょうか?!


内装は青と赤に統一されています。
シートはスパルコ&4点シートベルトに変更されています。
助手席には追加メーターとオーディオ関係のアンプ?が埋め込まれています。

実はヘッドライトも変更されています。
どうやら海外版の物のようでヘッドライトとウインカーが分割されています。
ノーマル(右)と比べると大まかな外観も変わっていますね。
ウインカーに大きな盛り上がりと、ヘッドライトも突起があります。


取材

今回はJ'sTipoの取材を受けました。
以前「ネオ・ヒストリック J’s」で取材車両提供をしたしおんさんが、
担当のJ’sなのにアルファ155乗りの山崎 龍(本誌名:高木ふぅ)氏が(封筒持ってる方)
「クラブ・ミーツティング」も担当ということでもてぎOFFの話をしてあったんですが、
開催直前に取材依頼がありめでたく取材されることになりました。
(コミケでも山崎さんがこられてむーぶ氏も宣伝していました)
カメラマン(帽子かぶってしゃがんでいる方、名前聞き忘れた・・)は
なんと旧型インテRに撮影機材を乗せているという凄いお方です。
(荷物さえ乗ればデルソルみたいなのが良いと言ってくれました)

右はデルソルネットワークについて質問&回答している、山崎さんとむーぶ御大。
通常のオーナーズクラブとは勝手が違うようで、
ネットワークのあり方や活動の仕方などを詳しく聞いていました。

取材の詳しくは4/16発売のJ’s Tipo6月号掲載予定ですので世露死区(死語)


次へ


Ads by TOK2