第14回もてぎOFF
次へ

戻る


コレクションホールに

多少駐車場で談義した後資料室の方でゲスト公演があるのでコレクションホールに移動!
入り口にはホンダの始まりのモノが並んでいます。

イベントブースの方は去年のまま?と思うほどアシモ開発品がずらり

最近もまたverUPしたそうで、どこまで進化するんでしょうね!


ゲスト公演

NSXで参上したのはデルソルのエクステリアデザイナーの木越由和氏!
しばらくアメリカに長期出張?でかなり久々の登場です!
まだ駐車場が舗装してなかった頃が最後でしたから結構前ですね・・・
今はデザイナー室の取りまとめ役(マネージャー)の立場だそうです。

今回もコレクションホールの会場はアシモに占拠されているので、入って左側にある資料室に集合!
むーぶさんの挨拶の後、木越さんからデルソルの当時の資料を交えた開発トークが始まりました!
意外や意外?デルソル開発時は結構開発側が乗り気じゃなかったらしい?
やはりCR-Xのコンセプトチェンジということで、生みの苦しみが多かったことが語られました!

それを当時の資料を持ってきてくださって、見せてながら語ってくれました!
やはり一番のネックはトランストップだったようですね!トップのサイズと収納トランクのサイズの苦悩!
現状の形に、SLKのような折りたたみ、ルノーウィンドウのような回転式など色々考えていたようです。
またちょっとした小ネタとかも教えてもらったり!
(リアバンパーの左右にある小さい穴とかリアのナンバープレートの苦悩とか、
ドアハンドルが元々NSX型だったとか)
ライトも案の一つにEGシビックと同じ薄目の検討も有ったとか

しかし開発は既に20年以上前!開発資料はなんとすべて紙媒体!
当時パソコンは普及してませんのですべて情報は紙に描いて、デザインの提案や修正指示を出したり。
それに対して書きなぐり指示とか、当時の開発の大変さが判る重要?資料でした。
一応資料は出しても問題ないといわれてはいましたが、私のほうでは資料は加工させていただきました。
まあこれは来た方の特権ということで・・・

最後には今回はデルソルコンテストは無しということで、
記念品の「金のデルソルチョロQ」は遠方から来たで賞ということで
del Sol 爺 & 婆さん御夫妻に木越さんのほうからサイン入りで進呈されました!

木越さんへの質問とかも有りましたが、来年もデルソル生誕20周年!
ビートのように新規パーツの販売とかしてくれないかな・・・という提案が出たり!
丁度モーターショーの直前ということで、
出展作のEVスポーツ(次期ビート?らしい)の現物は期待してねと言っておりました!


次へ


Ads by TOK2