第18回もてぎOFF
次へ

戻る


講演

11時半からコレクションホールで開発者の講演が行われるので移動です。
1階にはおなじみ本田宗一郎氏が乗っていたカーチス号や
ホンダの製造の原点S500やカブ、発電機とかが展示されてます。

ホンダF1初の優勝車RA272とアシも開発モデル展示。
この辺は何年も変わってませんね。

特にアシモの展示はずーっと同じままですね。

アシモのショーの合間に会場を借りての公演開始です。
欧州デルソルのポスターが用意されていて、下にはkakepiさんの用意してくれたディーラー看板です。
むーぶさんの司会でスタート!

まずはデルソルコンテストの表彰から。
2位の方には川田さんから、1位の方には繁さんから記念の
金のデルソルチョロQが渡されました!

今回2位はゆさんのカレラ風ステッカーのデルソル。
1位は艶々のミラノレッドがまぶしいニコトシさんのデルソルでした!
ちなみに秘訣は真っ暗な車庫で保管するとのことでした(爆)

特別ゲストとしてS660の開発も担当していた安積悟主任研究員。(左画像中央)
実はデルソルでは「あの」チルターギアーを担当してまして、
繁さんから声をかけられて特別ゲストとして来ていただけました。
繁さん川田さんは退職してるので言いたい放題でしたが、
安積さんはまだ現役なので、しゃべりずらいところもあって大変そうでした。

安積さんはチルターギア開発はトライ&エラーの連続でかなり苦労されたとのこと。
S660の開発ではオープンすら知らない若い開発者に色々オープンカーに乗せたそうで
その中にはデルソルも当然あったとか。
他にも色々開発秘話、川田さんからはエンジンの話など
あまり詳しく言えない話もあるので、内容はこの辺で・・・

あっという間に45分ほどの講演も終わり、その後はコンテスト入賞者を広場に持ち込んでの記念撮影です。

今回は人も多くて大盛況でイベントスケジュールが終了!
今年も盛り上がりましたね!

コレクションホールさんが用意してくれるピットボード風イベントボード!
その日の日付になっています。

その後は順番で個人の撮影会が行われていました。
去年ちょっと混んでしまったために、今年はあらかじめ予約?を入れて順番で撮影となりました。
私は去年撮影したので今年は止めておきました。


次へ


Ads by TOK2