エコパサンデーラン2008年6月
次へ

戻る



ロータス・エリーゼの初期モデル・フェーズ1。
ロータス車の基本コンセプト「軽さ」を実現のために、
快適装備はともかくパワステすらなく計量化に徹したモデルです。

後に移動した東3駐車場で別のフェーズ1と並んだので取ってみましたが、
ミッドシップだけあってボンネットの位置も低い!
デルソルも全高低い方ですが更に低いですね

コチラはフェーズ2、ボンネットの付け根近くが盛り上がりが高いので、
トヨタエンジンを積むようになってのモデルですね。
(そこに補記類とかが入るようになって盛り上がっているので)

レアな車体になってしまったMG−Fのマイナーチェンジ?モデルのMG−TF

東3にはトップを装着した車体も!

某深夜車番組に出てしまったこーぎーさんのエスプリ。
更に同じ色のエスプリが登場しましたが、結構年式でエアロデザインが違いますね!

あともう2台エスプリ見ましたが、デザインは上の同じ2種類でしたね。

ランボルギーニ・ガヤルド・僅か4.3mんpボディーにV10を積んだスーパーカーです。
そして日産のGT−R元祖・ハコスカGT−R


次へ


Ads by TOK2