2000年4月おはよう三河湾

次へ

indexへ戻る


雨上がり後大急ぎで洗車を行って一路三河湾スカイラインに向かいました!
着いてみると驚いたのは、ナント駐車場が一部閉鎖(?)されている!
なんかプレハブが立ち見ての通りの仕切りが出来ています!
いったい何なんだろう・・・・・なんか立つのかな?

正直今月は9時過ぎに到着した時は少し少ないかな?
って思ったら、時間が立つ事に来るわ来るわ!
あっと言う間にスペースが埋まり色々な所に寿司ずめ状態・・・


まずはエンスー系といったら絶対外せない、「MG−B」と通称「カニ目」こと「オースチン・ヒーレー」(多分mk2)ですね。
オーナーさんが見当たらなかったので詳しい事がわかりませんでしたが、
多分Bの方は74年以前の本国(GB)仕様だと思われます。(右ハンのメッキグリルから)
この時代の車は本当に独特な味わいがあります。


そしてエンスー系の定番ともいえるミニ軍団です。
これも見ると各個体同じ物が無いと思えるほどバリエーションに富んでおりました。
初期モデルが42年も前に生産されてから、1度のモデルチェンジも無く来たミニマム車の大御所です。
今年の9月で遂に現行モデルが生産中止となり
来年にBMWから衝突基準など現代規格に適用して新型が出るそうです。
しかし日本人はミニ好きですね。何でもここのところの年間総生産数6000台程の内、
半分の3000台が日本に入ってきたそうです。

そしてFIAT・ABARTH 1000です。
これは良く解らないのですが、バンパーは外されていますね。
良く見るとフロントに空気取り入れぐち無いのでオーナーさんに聞いたら、これは「RR」なんですね・・・
でも後部にも空気取り入れぐちが無いんですよ。
その辺も聞いてみたら、車体下部から取り入れるそうですが、
冷却的にはやはりキツイらしいです。


次へ


Ads by TOK2