2000年7月おはよう三河湾3

次へ

戻る


走りクルマのページ!

イタ車


アルファ・ロメオSZです!
Z(ザカート)の文字を持つSZが89年にデビュー!
ベース車は当時の主力車種アルファ75(最後のFR車)です。
それにスチール製のインナーモノコックにFRPカウルを被せた構造で、
前後重量バランスが56:44と最適化されている車です。

サイズ:4060×1730×1310mm
重量:1260kg エンジン:V6SOHC
排気量2956cc
最高出力/最大トルク:210ps/25.0kg


最近お馴染みになってきているフェラーリです。
今回はテスタロッサです。
サイズ:4485×1976×1130mm
重量:1506kg エンジン:水平対向12気筒DOHC
排気量4942cc
最高出力/最大トルク:390ps/50.0kgkg


イギリス車


ロータスエリーゼです。
結構エリーゼは同じボディーでバリエーションが多いので
これが何か判りませんな・・・
アルミモノコックにFRPボディー、重量は700kgを切るだけに、
118psの決してパワーの無いエンジンでも
軽快に走らすいかにも「ロータス」の車ですね。


日本車

左が今迄紹介していなかった「天照大皇神」様のNSX−typeRです・・・
NSX−typeR
なんです!!!
なんと世界で462台しか生産されなかったtypeRの元祖なのです!!
一見地味ですが実は「バリバリ」(死語)なんですな!

右はここでは珍しいBNR32スカイラインGT−Rですね。
結構スカイライン内をサーキットごっこで来ているのは
見た事が有るのですがおはみか参加で来るのは珍しいです。
やはりGT−Rおやくそくのニスモバンパーに換装されてますね。


ST185セリカGT−FOUR


おいらの好きな車の一台!
これはJ’sのミーティングでお会いした元FD乗りの方が
(良く考えたら名前聞いた事無かった(^^;))
FDと交換でショップから購入したカストロールセリカGT−FOUR
1000湖ラリーver(カンクネン・モデル)です。
これは前のオーナーがガンメタをオールペンして
業者に頼んでカッティングシートでカストロールモデルにした物です。
プロがやっただけにはっきり言って出来が良くカッコイイです!

矢印の部分何かと思います?
実はこれエンジンスターターです!
エスニのようにキーを捻ってから、スターターで始動出来るようになっています。
スポーツを意識するいい演出ですね。


次へ


Ads by TOK2