2001年2月おはよう三河湾
次へ

戻る


まず目に入ったのは、
トライアンフTR4



イギリスのライトウェイトロードスター、トライアンフ(通称トラ)のロードスターシリーズの4番目TR4です。
(ちなみにTR1はコンセプトカーで終り市販はTR2から)
TR3と並んで人気の高いシリーズだそうです。
TR3迄との一番の違いは、車のデザインがイタリアのミケロッティーデザインと言う事。
外見はモダンなデザインなのですが、メカニカルコンポーネントはTR3の物が多く流用されてます。


アルファ・ロメロ2000GTV

今回アルファは2台並んでたのですが、
まずはこのクーペ!
ちょっと資料が無かったのです・・・・

その後オーナーの石川さんから連絡頂き、
この車は「アルファ・ロメロ2000GTV」(1973年式)でした。

以下石川さんから頂いた2000GTVの解説です。

2000GTVは1963年デビューのジュリア・スプリントGTが始まりです。
ジュリアシリーズは、戦後のアルファロメオ社の一大ヒットシリーズで、
この頃から何とオールアルミ製DOHCエンジン、フルシンクロ5速マニュアル、4輪ディスクブレーキを備えていました。
(まだOHV、3速、4輪ドラムが標準の時代ですよ!)

ボディーデザインは、当時カロッツェリアベルトーネに在籍していた若干20歳そこそこのジウジアーロによるものです。
(日本ではいすゞ117クーペ・ピアッツア(初代)・アルシオーネSVX・初代FFジェミニ(公言はしてないが)等デザインでお馴染み)

1600ccから出発したジュリアシリーズは、1300cc、1800cc、2000ccの排気量を持つ車種を派生させています。
当時公表されたスペックは以下の通りです。 2000GTヴェローチェ 
●全長4100×全幅1587×全高1315(ミリ)
 ●水冷直列DOHC ●最高出力132HP/5500rpm(DIN) 
●ボア×ストローク 84.0×88.5(ミリ) 
●燃料供給 ウェーバー40DCOE×2またはデロルト40DHLA×2またはソレックスC40DDH×2
●車両重量 990kg ●最高速  195km/h

石川さんご連絡ありがとうございました。


アルファ・ロメロ1600スパイダー・デュエット

最初は2.0かと思ったんですが、バンパーの形が違ったので調べてみると、
「デュエット」というモデルと言う事が判りました。
スパイダー1600は30年近く販売が続けられた長寿モデルで、
これはデザインのピニンファリーナのデザインが素晴らしかった証拠でしょう。
確かにトランクのラインなんかたまりません!(何が?)

全長×全幅×全高:4250×1630×1290
車重:990kg 排気量:1570cc
パワー109ps/6600rpm・トルク14.2kg-m/2800rpm


次へ


Ads by TOK2