スプリング・エフェメラル

2008年3月2日(日)

 

春先あるいは春の一瞬に、はかなくも短い命を惜しむように美しく山野に咲く小さな花たちを

スプリング・エフェメラルと呼ぶという。

吾妻山への雪中行をなしたあとに、

今年も広島県の県北の山里に咲き始めた妖精のような花を訪ねてみた。

 

 

福寿草

広島県庄原市総領町下領家

 

 

 

 

 

 

 

〈田総川の河畔に見事に開いた福寿草〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元日草とか朔日草(ついたちそう)とも呼ばれるという

 

 

〈花言葉は「永久の幸福」〉          

 

 

 

 

 

 

〈雪の中に咲く福寿草のイメージに合わすべく、近くにあった残雪に登場してもらいました。演出過剰でした・・・・〉

 

 

 

 

セツブンソウ

広島県庄原市総領町中領家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈白い花びらのように見えるのは萼とのこと〉

 

 

〈セツブンソウ〉   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈セツブンソウの見事な群生、(領家八幡神社裏の自生地にて)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈雪の多い今年は、開花が随分と遅れた〉

 

 

〈可憐なものだ!〉

 

 

 

 

ユキワリイチゲ

広島県三次市吉舎町安田

 

 

 

 

 

 

 

〈陽を浴びて見事に開いたユキワリイチゲ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈旧吉舎町安田のよく手入れされた山裾に群生する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈この花も花弁のように見えるのは萼とのこと〉

 

 

〈地下茎で群生するという〉          

 

 

 

 

〔所感〕

  殊のほか今冬は雪が多いため、県北の小さな花たちの開花は随分と遅くなった。旧吉舎町安田のユキワリイチゲなどは昨年に比べて1ヵ月以上も開花が遅れたという。旧総領町のセツブンソウはまだ領家八幡神社横の自生地が八分咲きであるだけで、他の自生地はまだこれから開花時期を迎えるという。県北のスプリング・エフェメラルはまだこれからが本格的な出番となるようだ。

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

Ads by TOK2