梅雨の最中、オオヤマレンゲ咲く頂き目指す 天狗石山(1,191.8m)

広島県山県郡北広島町

2008年6月21日(土)   門久単独

 

 

 

〈雨に濡れて咲くオオヤマレンゲ〉

 

 

この日は猿政山へオオヤマレンゲを訪ねてグループ登山する予定であったが、

前夜には芳しかった天気予報が朝には雨模様に急転した為に中止とした。

天気のチェックや連絡のために早朝に起きての急な山行の中止に、暫し手持ち無沙汰で不安定な心境に!

やがて時間の経過とともに、雨が降るなら濡れながら登るのも一興と考えるようになって、

オオヤマレンゲの咲くもうひとつの山である天狗石山へ単騎出掛けることとした。

 

《山行記録》

来尾峠10:43・・・・11:02 (981.7m地点辺り)・・・・11:35高杉山分れ・・・・11:56佐々新道合流・・・・11:58天狗石山(1,191.8m)12:55・・・・13:12高杉山分れ13:14・・・・14:02来尾峠 

〔総所要時間:3時間19分、昼食・休憩等:0時間59分、正味所要時間:2時間20分〕

 

 

10:43 来尾峠(きたおとうげ)

  広島から旧豊平町を経由して「細見」で国道186号線に出て、直ぐに才乙(さいおと)への道に入る。高杉山西面のユートピアサイオトスキー場を右に見て島根県境の来尾峠まで車を走らせた。広島の自宅を出る時には小康状態であった空も、旧豊平町辺りから時折強く降る雨となり、才乙まで降り続いていた。

 

  才乙側からの天狗石山への登山口は来尾峠にある。例年オオヤマレンゲの咲くこのシーズンの来尾峠は多くの登山者の車でごった返すが、我が愛車を乗りつけた時には登山口にある7〜8台駐車可能な駐車場に一台の車とて停まっていなかった。連日の雨の予報のなせるところであろう。峠に到着する頃には雨は止んでいたが、いつ降り出すかも分からず、登山道脇の草木も濡れて衣類を濡らすであろうと、雨具などを着込んで身支度をしていると、姫路ナンバーの乗用車が一台やって来た。

 

 

 

 

〈来尾峠、これから先は島根県だ〉

〈来尾峠にある天狗石山登山口〉

 

 

   姫路からの5人グループが身支度を整える間に先に出発した。登山道は前日来の雨によく濡れていたが、出発早々にきれいに開いたササユリが迎えてくれて気を良くした。登山道は直ぐに厳しい急登となって、それが15分間ほど続く。樹々に覆われた道で薄暗い。暫しの辛抱だ。急坂を登り切ると、今度は気持ちの良い草原上の稜線の上へと出た。晴れていれば、これから登る天狗石山や隣の高杉山などの大眺望が開けるのであるが、雨模様のこの日は、高杉山の西面がやっと見えるくらいであった。それでも、比較的平らかで歩き易い稜線上の道を進んで行くと、路傍には色々な花の姿が確認できた。

 

 

 

 

〈雨に濡れた登山道脇に咲くササユリ〉

 

 

 

 

 

〈ヤマツツジ咲く登山道〉

〈コアジサイも咲き始めたようだ!〉

 

 

 

 

 

〈草原の稜線から高杉山、小マキ山を望む〉

 

 

 

 

 

〈稜線の先に天狗石山の山頂部が覗く〉

 

 

 

 

 

〈足元に咲くコナスビ(サクラソウ科オカトラノオ属)〉

〈雨に濡れたタンナサワフタギ(ハイノキ科ハイノキ属)

 

 

11:35 高杉山分れ

  登山口から50分ほどで高杉山分れに到達した。ここから右に道を採れば、一旦ホン峠へ下って、そこから登り返して高杉山(1,148.6m)へ行けるが、この日は登って来た稜線上の道を真っ直ぐに歩いて天狗石山へ向った。高杉山分れを過ぎると、直ぐにそれまでの草原状の土地から樹林帯の中へと入って行った。下草にコバノフユイチゴの白い花が多い。登る程に霧が濃くなって行っているのであろう、ブナを中心とした森には霧が巻いてきていた。気持ちの良い樹林の中の歩き易い道を行った。露岩の脇を登る急坂になって来ると、もう頂上は直ぐだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈手製の道標が吊るされている〉

 

〈道標も朽ちた高杉山分れ〉

 

 

 

 

 

〈時折霧が晴れて天狗石山が覗く〉

〈ナガバノモミジイチゴ、今食べ頃だ!〉

 

 

 

 

 

〈林床に沢山咲いていたコバノフユイチゴ(バラ科キイチゴ属)

〈霧に巻かれたブナ林の中を行く〉

 

 

11:58〜12:55 天狗石山(1,191.8m)

  何とか雨に降られずに登山口から登って来られた。しかし木組みの展望台はしっとりと雨に濡れていた。狭い天狗石山の頂上である。深山や阿佐山方面からの登山者もいないようで、頂上には誰の姿もなかった。さてさて、目的のオオヤマレンゲは如何にと見渡してみると、山頂の岩峰直下の成木の枝先にもう枯れ始めた花が二輪見えたが、頂上広場の先の岩壁にすがりつくようにして繁っている若木には今が見頃の花や蕾も多く見られた。岩壁の上の岩場のテラスまで下って行ってこれらの花々を観察した。

  頂上は霧に包まれており、オオヤマレンゲ以外の眺望はホワイトアウト状態で殆ど叶わなかった。暫くすると姫路からの5人グループが到着し、その後しばらくして山口市からの3人組も登って来られ、幾ばくか賑やかな頂上となった。雨が降り始めるまでにはと、この賑やかな山頂で昼食を摂った。

 

 

 

 

〈天狗石山々頂の三等三角点〉

〈頂上の断崖に咲くオオヤマレンゲ〉

 

 

 

 

 

〈〈天女の舞〉とも称されるオオヤマレンゲ〉

 

 

 

 

 

〈ここまで見に来た喜びが感じられる花だ!〉

 

 

 

 

 

〈何と可憐な咲き振りであろうか!!〉

 

 

 

 

 

〈まだ蕾も沢山ついていた〉

〈雨にも拘わらず2組の登山者が登頂して来られた!〉

 

 

13:12〜13:14 高杉山分れ

  小一時間山頂で過ごしてから、いつまた雨になっても不思議ではないので早々に下山することとした。高杉山分れでホン峠、乳母御前神社経由で下山されるという姫路のグループを見送ってから、稜線上の登って来た道を辿った。草地の稜線から見る高杉山や才乙の集落の眺望は上りの時よりも濃い霧の中のようであった。振り返ってみると天狗石山も霧の中で暫く姿を現すような兆候はなかった。薄暗くなった樹林帯に入って急坂を下るようになると、また雨になったようで、霧の巻いた森の中は一段と暗くなってきた。

 

 

 

 

〈稜線から霧に煙る才乙の集落を俯瞰する〉

〈相変わらず霧に巻かれた高杉山〉

 

 

 

 

 

〈稜線から見る天狗石山も完全に霧の中〉

〈霧が巻く急坂続きの登山道〉

 

 

14:01 来尾峠

  来尾峠に下山して樹林帯から出ると大降りの雨となっており、登山口周辺も濃い霧に巻かれそうになっていた。駐車場に停められた自動車はわが愛車に、姫路、山口ナンバー各1台の計3台だけ。オオヤマレンゲが見頃の週末としては寂しい限りであった。

 

 

 

 

〈ササユリ咲く雨の登山道〉

〈雨と霧に煙る午後の来尾峠〉

 

 

 

〔山行所感〕

  「雨が降れば、濡れればいいさ」。物見遊山ではない、真の山男はこんな気概で山に登る。山を良く知ろうと思えば、雨の山も知らねばならない。雨の山も棄てたものではない。

  だが、そうするのはそう簡単ではない。今回は、予定の山行が急遽中止になって手持無沙汰となったので出掛ける気になっただけであった。それも梅雨の時期に咲くオオヤマレンゲがあったからである。昨年も雨の中を、深山から天狗石山に登ってオオヤマレンゲの蕾にご挨拶した。オオヤマレンゲは、常に天気を気にしながら見に行く花である。

  だが、そんな軟な山行であったとしても、雨の中を少々歩いただけで、剛毅な山男の気持ちの一端に浸ったような気になるものである。それもまた楽しいものであった!

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

Ads by TOK2