長いアプローチの奥利根源流の名峰 平ヶ岳(2,141m)

新潟県魚沼市・群馬県利根郡みなかみ町

2008年9月23日(火)    チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈燧ヶ岳から見た平ヶ岳(2008年9月24日撮影)〉

 

 

 

新潟、群馬、福島の三県県境に近い上越国境(群馬・新潟県)に平らかな稜線を引く平ヶ岳、

一般的な登山ルートとしては新潟県奥只見の鷹ノ巣に唯一の登山口がある。

ここからの登山ルートの載る地図や登山ガイドブックを溜息交じりで眺めてきていた。

余りにも長いアプローチの上に、山上に小屋もなく、

テント装備で登るか、丸一日はかかるピストンをするしか登る方法がないのである。

丸一日と言っても、真夏でないと明るい間に往復することは先ず不可能であろう。

南東北(南会津)の山の第二弾はこの平ヶ岳へのチャレンジとした。

少しでも早く登り始めるため、午前3時半に桧枝岐村の宿を発って、午前4時半前に鷹ノ巣の登山口に到着した。

 

《山行記録》

登山口(鷹ノ巣)4:48・・・・5:02渡渉・・・・5:06やせ尾根分岐・・・・5:19(着替)5:22・・・・5:55前坂・・・・6:39(ザックカバーをする)6:42・・・・7:23下台倉山(1,604m)7:25・・・・7:59(着替)8:04・・・・8:35台倉山(1,695.3m) 8:36・・・・8:56台倉清水分岐・・・・9:40白沢清水9:48・・・・11:21池ノ岳(姫ノ池)11:26・・・・11:29たまご石分岐・・・・11:35水場分岐・・・・11:55たまご石12:01・・・・12:19水場分岐・・・・12:23水場・・・・12:28本道合流・・・・12:54平ヶ岳(2141m) 13:30・・・・13:46水場分岐・・・・13:55たまご石分岐・・・・13:56姫ノ池・・・・15:00白沢清水15:04・・・・15:45台倉清水15:49・・・・16:04台倉山(1,695.3m)・・・・17:04下台倉山(1,604m)17:07・・・・18:20前坂・・・・19:04林道合流・・・・19:19登山口

〔総所要時間:14時間31分、昼食・休憩等:1時間21分、正味所要時間:13時間10分〕

 

 

 4:48 登山口(鷹ノ巣)

  登山口は国道352号線に面しており、十数台の自動車を停められる駐車場が設けられている。夜明け前の駐車場には5〜6台の車が停められていた。2台にはまだ人影があり、これから登ろうとしておられるようであった。我々も身仕度を整えてからヘッドランプを点けてまだ暗い登山口から入山した。 (下の登山口の写真は、後日の明るい時間帯に写したものです、念の為。)

 

 

 

〈鷹ノ巣登山口(2008年9月25日撮影)〉

〈鷹ノ巣登山口の駐車場(2008年9月25日撮影)〉

 

 

  登山口から林道を歩いて山中へと分け入って行く。暗い道をヘッドランプで照らして10数分行くと渡渉地点に着く。自動車も人間もそのまま流れを横切って更に奥の林道へと進んで行く。この渡渉地点から数分歩いて行くと道標が立っており、登山者は右手の山道へと導かれる。「山頂まで10.5q」「これからやせ尾根に入る」等の案内があった。

  山道に入って暫し行くと足元が分かるほどに明るくなってきた。左手の先には頭に雲を被った燧ヶ岳も見えてきた。登り行く程に明るくなってヘッドランプの灯りを消した。東の空には朝焼けを見ることが出来た。明るくなるとやせ尾根の全容を分かってきた。尾根取り付きから下台倉山までの距離にして2q余りの尾根筋の全てが痩せた尾根であった。両側が切り落ちた馬の背状の狭い道やロープを張った断崖状の難所も何か所かあった。そのやせ尾根をひたすら登って行く。

 

 

 

 

〈下台倉山へのやせ尾根から朝焼けの東の空を仰ぐ〉

〈やせ尾根の左手には日の出前の燧ヶ岳が遠望出来る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈2km以上続くやせ尾根、ゴールは下台倉山(1,604m)だ〉

 

〈登って来たやせ尾根を振り返る〉

 

 

 5:55 前坂

  やせ尾根のほぼ中間地点の尾根筋に大きな松が陣取っている。幹に「前坂」という標識が取り付けられている。この先、やせ尾根の傾斜がそれまでよりは厳しくなる。ロープが張られた急坂や崖状の所も多くなり、やや緊張する局面もあった。このやせ尾根の後半で、この尾根は決して易しい所ではないことを体験出来た。尾根への取り付きから2時間20分を要して下台倉山に到達した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈険しい道となり、霧に隠れた台倉山の稜線部へと向かう〉

 

〈やせ尾根の中間地点の前坂に立つ松ノ木〉

 

 

 

 

 

〈日の出の時刻を迎えて長いやせ尾根も陽光に照らされた〉

〈遠く燧ヶ岳も朝日を浴びている〉

 

 

 7:23〜7:25 下台倉山(1,604m)

  やせ尾根を登っている時、下台倉山から台倉山に至る尾根筋は雲の中に隠れ始めていたが、上がって来てみると尾根筋には霧もなく、これから行く平ヶ岳方面も何とか見通せる状態であった。下台倉山の山上で進行方向を西から南に変えてから、台倉山までの間の尾根上の道を軽くアップダウンしながら進んだ。左側の只見川の谷側には霧が湧いており眺望は得られなかった。

 

 

 

 

〈下台倉山々頂(1,604m):道路上に指導標が立つだけ〉

〈下台倉山を過ぎると行く手遥かに池ノ岳、平ヶ岳が見えてくる〉

 

 

 

 

 

〈下台倉山から台倉山へと続く稜線上の道を行く〉

〈稜線上の樹々越えに池ノ岳を望む、左手の平ヶ岳は霧の中だ〉

 

 

 8:35〜8:36 台倉山(1,695.3m)

  登山道がちょっと膨らんだような広場の真ん中に三等三角点だけが建っている台倉山を過ぎた。その先で登山道は大きく右に曲がって西へ方向転換し下りにかかる。標高差50メートル程を一旦下って行った鞍部が「台倉清水」である。水場は鞍部からなお下った先のようであったので立ち寄らなかった。登山道はこの清水のある鞍部から標高差100メートル程の丘陵状の山を越えて行く。いかにも山深いところに来たものだという感慨に浸れる鬱蒼としたオオシラビソの美林の中で、そこに木道が整備されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈台倉山(1,695.3m)の三等三角点〉

 

〈オオシラビソの深い森を抜けて行く〉

 

 

 

 

 

〈丘陵状の森の鞍部にある台倉清水〉

〈深い森の中で季節外れのこんな花に出会った〉

 

 

 9:40〜9:48 白沢清水

  地形図にある1,751メートルのピークを越えて次の鞍部に下り切る手前に「白沢清水」があった。ここで新鮮な水の補給をしようと期待をしていた水場であったが、実態はごく小さな水溜りで失望してしまった。それでも、ここで少し長い休憩を取ってから先に進んだ。この先でもう一つ丘陵状の小ピークを越えると、あとは池ノ岳への少し長い上りが待っていた。

  オオシラビソの樹林を出て笹原と灌木の中を行く池ノ岳への上りに取り掛かると斜度が急に増してくる。行く手左に平ヶ岳の山頂部が望めるようになると、池ノ岳の山頂部も近い。  

 

 

 

 

〈池ノ岳への上り前の鞍部近くにある白沢清水〉

〈白沢清水は小さな水溜りであった〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈急坂から見返すと辿って来た深い森が拡がっている〉

 

〈潅木の中を抜けると笹原の急坂が待つ〉

 

 

 

 

 

〈稜線の左手に平ヶ岳が見える、遥か先には至仏山、武尊山が〉

〈池ノ岳への最後の上り坂〉

 

 

11:21〜11:26 池ノ岳(姫ノ池)

  木道が敷かれた池ノ岳の山上の潅木帯を抜けて行くとパッと景色が開けて姫ノ池の池畔に出た。池畔のテラスでは沢登りをしてきた若いグループの人達が憩うていた。池ノ岳の山上は名前の通り、姫ノ池のほか大小の池塘群が広がる空間であった。

  姫ノ池の先には平ヶ岳の頂上部が大きく横たわっているのが見える。道標によれば、そこまであと1キロメートルとのことである。登山口を発ってから既に6時間半程の時間が経過しており、このまま平ヶ岳の頂上まで行って短い昼食時間を摂って下山すれば何とか明るいうちに登山口に帰着出来そうであったが、ここで一つ難問があった。頂上への道から外れたところにあって寄り道をすれば確実に下山が日没後になってしまう奇岩のたまご石に立ち寄るか否かである。これだけの難路を登って来なければならない山である。次のチャンスがそうあるとも思えないので、ここは日没のリスクを承知で立ち寄ることにした。姫ノ池の直ぐ先にたまご石への分岐があった。

 

 

 

〈池ノ岳山上の木道を行く〉

〈池ノ岳山上の灌木越しに平ヶ岳を望む〉

 

 

 

 

 

〈姫ノ池の畔で憩う沢登りの登山者、池の向こうには平ヶ岳が〉

〈池ノ岳の山上にはこうした池塘群が広がる〉

 

 

 

 

 

〈まだ残っていたチングルマの実〉

〈姫ノ池々畔近くからたまご石へ向かう木道が分岐する〉

 

 

 

 

 

〈たおやかな草原の中をたまご石へと木道が延びる〉

〈稜線上のここにも池塘が、遥かに見えるのは越後三山か?〉

 

 

11:55〜12:01 たまご石

  姫ノ池からたまご石までも1kmの距離とのことであった。平ヶ岳沢の北側のたおやかな尾根に敷かれた木道を辿って行くと30分ほどで到達した。途中には池塘も点在し楽しい散策路といった感じであった。この道は、隠された平ヶ岳へのもう一つのショートカットの登山道である中ノ俣林道からルートにつながる。たまご石は、卵型の大石が基石の上に落ちるか落ちないか危うくも載かっているという風情のものである。山中の一興である。このたまご石を見てから来た路を引き返し、池ノ岳のテン場から平ヶ岳への近道を採って平ヶ岳へと向かった。平ヶ岳沢越しに見る平ヶ岳は草もみじに加えて潅木類にも色付き始めているものが多く、まさに秋の走りの色合いが美しかった。

 

 

 

〈たまご石:自然が造りし奇岩であるという〉

〈紅葉した灌木類を見ながら改めて平ヶ岳の山頂を目指す〉

 

 

 

 

 

〈色づき始めた平ヶ岳の山腹〉

〈平ヶ岳と池ノ岳の鞍部の先に燧ヶ岳が姿を現わす〉

 

 

 

 

 

〈オオシラビソの灌木帯を抜けて平ヶ岳山頂部へと上がる〉

〈路傍ではゴゼンタチバナが紅い実を付けていた〉

 

 

12:54〜13:30 平ヶ岳(2,141m)

  夜明け前の登山口を発ってから8時間かかって平ヶ岳の山頂に到達出来た。山頂は眺望抜群の木道で護られた草もみじと池塘の世界であった。ただ午後になって頂を渡る風は冷たくなって来たので、オオシラビソで囲まれた三角点のある広場に移って昼食を摂ることにした。もう殆どの登山者は当然に下山に向かっており、山頂には他の登山者の姿はなかったが、食事をしている間に単独行の深田100名山踏破を目指している男性が一人やって来て暫し談笑した。食事をしている間に、霧の立ち昇っていた周囲の山々からその霧も取れて、素晴らしい眺望になっていた。しかし、その眺望をのんびりと眺めている時間的な余裕もなく、食後に気忙しく下山の途に就いた。

 

 

 

 

〈この木道の先が平ヶ岳の山頂である〉

〈平ヶ岳の二等三角点〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山頂部から至仏山、武尊山を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈近くに燧ヶ岳、景鶴山、遠く奥白根山、皇海山など奥日光の峰々が連なる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈会津駒ヶ岳から燧ヶ岳への長い稜線〉

 

 

 

13:56 姫ノ池(池ノ岳)

  姫ノ池まで30分弱で帰って来れ幸先の良い下山第一歩になった感じであった。しかしこの先が長い下りルートとなる。晴れ渡った大地の先に会津駒ヶ岳の大きな山容が雄々しく感じられた。池ノ岳を下ってオオシラビソの深い森に入り、幾つかの丘陵状のピークを越えて来た道を帰って行く。つくづくと、長いアプローチのこの山が登山者に課す試練を感じる道程であった。

 

 

 

〈平ヶ岳からの帰路に鞍部から池ノ岳を見上げる〉

〈姫ノ池越しに改めて平ヶ岳の山頂部を望む〉

 

 

 

 

 

〈池ノ岳からこれから帰り行く山域を鳥瞰する〉

〈行く手遥かに会津駒ヶ岳が堂々と聳える〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈遥かに奥只見湖を望む〉

 

 

 

16:04 台倉山(1,695,3m)

  オオシラビソの森を抜けるのに2時間かかって台倉山を通過したのが午後4時。西の空に懸かっている太陽も大分低くなって、陽光も水平に射してくる感じになってきた。時折尾根上の樹間から周囲の景色を眺めながら、単調な下台倉山への尾根道を急ぎ足で辿って行った。

 

 

 

〈台倉山の山頂を気忙しく通り過ぎる〉

〈樹間に見えるのは越後駒ヶ岳か〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈会津駒ヶ岳に奇怪な雲がかかった〉

 

 

 

17:04〜17:07 下台倉山(1,604m)

  午後5時を少し回って下台倉山に到着。後はやせ尾根を下るだけであるが、これが難所中の難所である。明るいうちに最も険しい前坂までのルートを通過して起きたかったのだが、どうも無理な時間帯だ。山上での休憩もそこそこにやせ尾根の下山を開始した。遥か下まで見えるやせ尾根の何と長いこと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈まだ長いやせ尾根が待っている〉

 

〈午後5時過ぎ、日没までもう30分もない!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈燧ヶ岳にこの日最後の一条の光が当たる〉

 

 

 

18:20 前坂

  午後5時20分頃には日没となり、それから20分後には完全に暗くなってしまった。残念ながら暗くなるまでに前坂を通過すること叶わずで、漆黒の闇の中にわずかなヘッドランプの光に照らし出される難所を下って行かねばならないことになってしまった。夜の帳が下りると、さすがに進行速度はガタンと落ちて、標準時間1時間の「下台倉山〜前坂」間が1時間10分を超えた。心理的にはもっと長い時間を要したように思えた。

  

19:19 登山口

  やせ尾根も下部になってくるとさしたる難所もなく、夜間とて比較的に早く歩けた。それでも林道に出るとやっと下山出来たという安堵感で満たされた。だが、その林道の最後の15分間の歩きが何と長く感じられたことか! かくして総所要時間14時間半の平ヶ岳への日帰りピストン山行を成就することが出来た。

 

〔山行所感〕

  予想していた通りの長丁場を遅くなったものの何とか歩き通せたという満足感に満たされた山行であった。だがここには記さないが反省点は幾つもあった。

  この鷹ノ巣登山口から平ヶ岳への長いアプローチを冷静に観察すれば、明確に5つのフレーズの分けて楽しめる山行ルートであるといえる。 @登山口からやせ尾根取り付きまでの林道の導入部  Aやせ尾根  B下台倉山から台倉山までの尾根歩き C台倉山から池ノ岳までの森林探勝  D池ノ岳、平ヶ岳の山上逍遥  これらを心行くまで楽しむには、日の長い盛夏に登るか、重い荷物を担いでテン場で一晩過ごすしか方途はないようである。あるいは我々の脚力では盛夏であっても、「心行くまで」は無理かも知れないと思う。人間の能力の限界に近い山である。

  今回の山行は、後になってしみじみと思い起こせる数少ない山旅の一つになるよう予感がするが、果たしてどうであろうか?

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

Ads by TOK2