雨上がりに紅葉のチェックに登る 臥龍山(1,223.4m)

広島県山県郡北広島町

2008年10月26日(日)     門久単独

 

 

 

 

 

 

〈色づき始めた臥龍山山頂直下の森〉

 

 

 

天気に恵まれなかった10月最後の週末、日曜日も早朝にやや強い雨脚の音で目が覚めた。

中・四国地方の峰々の紅葉の進み具合が気に掛るが、とても遠出する気になれなかった。

それでも昼前には弱くなった雨に、午後になれば山の雨も止むかもしれないと思い始めて、

自動車で八合目まで上がれる臥龍山へ向かった。

目的は西中国山地の山上の紅葉の進み具合をチェックすること。そして蛇足ながら山の清水を汲んで帰ること。

 

《山行記録》

菅原林道終点14:41・・・・14:54臥龍山(1,223.4m)14:58・・・・15:21掛頭山縦走路・雪霊水方面への三叉路・・・・15:41菅原林道終点

〔総所要時間:1時間00分、休憩等:0時間04分、正味所要時間:0時間56分〕

 

14:41 菅原林道終点

  長者原で国道196号線から分かれて右手に頂上が雲に覆われた臥龍山を仰いで菅原林道へ。林道に入るとミズナラの多い森の潅木が赤や黄色に色付き始めており、いつの間にか秋の気配が濃厚になってきているのに驚いた。林道を上る程に、霧の中に突っ込んで行った。中腹では、風が吹くと濃霧が吹き飛んだりしたが、高度が上ってくると霧が一段と濃くなって、紅葉が始まっていると思えるブナの森の中の様子も定かでないほどであった。

  臥龍山の八合目に当たる菅原林道終点に自動車を停めて頂上を目指した。誰もいない登山道であった。沿道の樹々は紅葉を始めているようであったが、霧が濃くその色合いまでを見定めることは出来なかった。

 

 

 

 

〈長者原から頂上が雲に隠れた臥龍山を仰ぐ〉

〈沿道の潅木類が色付き始めた菅原林道〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈沿道のブナの巨木の葉も色付いている〉

 

 

 

 

 

〈菅原林道終点にある「雪霊水」の水汲み場〉

〈霧に巻かれた菅原林道終点〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈菅原林道終点から霧の中を登り始める〉

〈ブナの大木も霧の中でシルエットになるだけ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈色付き始めた頂上直下の登山道沿道〉

 

〈色付き始めているブナの古木〉

 

 

14:54〜14:58 臥龍山山頂(1,223.4m)

  ゆっくりと歩いたものの、10分余で一等三角点のある臥龍山頂上に着いてしまった。濃い霧の中で、頂上部の豊かな森の紅葉具合も見定められなかった。登山者の姿もなく、また誰かが来ることも期待出来ない山頂で、霧が晴れるのを待つのは寂し過ぎると思ったので、道を北に採って掛頭山への縦走路を下って菅原林道終点へ行く巻き道が分かれる三叉路まで行き、その道を辿って駐車場所に帰ることにした。

  下り始めて暫くは相変わらずの濃霧の中であったが、10分程下って行くと霧が取れて色付き始めたブナ林の色合いが見て取れるようになってきた。曇天下で、また色付き始めたばかりでもあり、華やかさからは遠かったが、ブナの森の黄葉に心が少しときめいた。

 

 

 

〈霧の臥龍山山頂〉

〈霧の中で山頂部の森も単色だ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈色付いたブナの枝〉

 

〈霧を通しても色付き始めたことが分かる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈このブナの古木はシルエットだけだ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈このブナは立派に色付いている〉

 

〈老木のブナも色付き始めている〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈“秋色深まるブナの森”と言った佇まいである〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈色付き始めたブナの森〉

 

〈もう完全に秋の山道!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈心落ち着く紅葉を始めたブナの森〉

 

 

 

15:21 掛頭山縦走路・雪霊水方面三叉路

  運良く霧が大分晴れてきて、楽しい森の中の散策となってきた。菅原林道終点(雪霊水)へ繋がる巻き道の分岐で掛頭山への縦走路を外れた。臥龍山山頂直下の豊かな森を抜けて雪霊水へと戻って行った。まだまだ霧が完全に晴れてはいなかったが、色付き始めたブナの森を抜けて、深まり行く秋を感じながらの山歩きの何と楽しかったことか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈三叉路:左は臥龍山山頂へ、右が雪霊水へ〉

 

〈倒木に落ち葉が積もった深い森〉

 

 

 

 

 

〈霧が巻くブナの森〉

〈霧を通しても黄葉を始めた森の様子が窺える〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈秋の森の風情ですね!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈やがて目が覚めるような黄金色の世界になるでしょう・・・!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈秋の森の中で重連の猿の腰掛に遭遇〉

 

〈これぞブナの森です!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈この色合いが麓へと下って行きます〉

 

〈霧が晴れて紅葉越しに八幡原を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ブナの深い深い森の中です!〉

 

〈徐々にしかし確実に色合いを深めています〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈カエデの紅も新鮮で、森を明るくしています〉

 

 

 

15:41 菅原林道終点

  ゆっくりと頂上周辺を歩いて元の菅原林道終点に帰ってきた。出発した時には濃霧の中だったが、霧も晴れて雪霊水付近の佇まいや森の色合いもきれいに見えていた。最後に雪霊水でコーヒーを煎れて、暫し静かな秋の臥龍山の午後のひと時を楽しんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈霧の晴れた臥龍山頂上への登山道〉

〈雪霊水の水汲場あたり〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈菅原林道脇のブナの巨木も色付いて・・・〉

 

 

 

 

 

〈菅原林道脇の潅木の紅葉も美しい〉

〈下山後、千町原から霧の晴れた臥龍山を仰ぎ見る〉

 

 

〔山行所感〕

  雨の日曜日だったが、思い切って午後の臥龍山を訪ねて、雨の上がった中で紅葉の進み具合をチェック出来たのは幸運であった。霧が晴れるのを期待して、倍くらいの時間をかけて山頂周辺を歩いてみたが、ご覧の通りもう頂上直下ではブナの紅葉が始まっており、一週間後の11月入りと共に西中国山地も高い山から本格的な紅葉の時を迎えることになると思う。一年間で最もこの山域が華やぐ時節である。また、その盛りの頃にこの山域を訪ねてみたい。

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

Ads by TOK2