紅葉の伯耆大山を訪ねる 象ヶ鼻(1,550m)・天狗ヶ峰(1,710m)・剣ヶ峰(1,729m)・弥山(1709.4m

鳥取県西伯郡大山町

2009年10月24日(土)    門久単独

 

 

 

 

 

 

〈錦に彩られた宝珠尾根〉

 

 

 

北関東、九州で紅葉を楽しんだこの秋であったが、いよいよ本拠の中国地方にも紅葉前線が到達したようだ。

ここは先ずは中国地方の雄である大山へ出向くことにした。

今回は紅葉と、もうひとつ目的があった。

4年振りに天狗ヶ峰、剣ヶ峰の尾根を歩き、今回は完全な縦走にチャレンジすることであった。

このところ、やや高所を畏怖するようになってきたような気がするし、躓くことが時にあるようになった。

そんなことから年齢的に大山縦走を行える限界に近付いているような気がするので、早く成就しておきたいのであった。

 

《山行記録》

大山寺第5駐車場8:38・・・・8:49大山寺山門前・大神神社奥宮鳥居前・・・・8:56金門9:00・・・・9:05大神山神社奥宮9:07・・・・9:12二股・・・・9:21林道(下宝珠越登山口)9:22・・・・9:46下宝珠越・・・・10:28中宝珠越・・・・11:15上宝珠越・・・・11:25勝間ケルン11:28・・・・11:41ユートピア分岐11:42・・・・11:46ユートピア避難小屋(昼食)12:19・・・・12:24象ヶ鼻(1,550m)・・・・12:42振子沢の頭(1,636m)・・・・12:56天狗ヶ峰(1,710m)12:57・・・・13:12剣ヶ峰(1,729m)13:27・・・・14:10三角点(1,709.4m)14:15・・・・14:17弥山(1,705m)14:21・・・・14:42石室・・・・14:57八合目・・・・15:15七合目15:17・・・・15:24六合目避難小屋15:30・・・・15:43五合目・・・・16:03三合目・・・・16:25一合目・・・・16:37大山夏山登山口・・・・16:41南光河原駐車場16:43・・・・16:53大山寺第5駐車場 

〔総所要時間:8時間15分、昼食・休憩等:1時間17分、正味所要時間:6時間58分〕

 

 

8:38 大山寺第5駐車場

  未明に広島を発ち中国道を庄原インターチェンジで降りて、いつものように道後山を国道183線で越え、溝口から大山寺へと上がってきた。紅葉が大山周回道路辺りまで下りてきており、大山寺は紅葉狩りの登山者や観光客で賑わっていた。大山寺橋詰の南光河原駐車場や下山キャンプ場駐車場は当然に満杯で、付近には沢山の車が路上駐車をしているような状況であった。大山寺の街の北にある第5駐車場まで行ってみると、ここは弥山への登山者や観光客に嫌われているのか、半分にも満たない状況であった。駐車場上の「大山館」で身仕度を整えて、入山届を出した。

 

  好天の休日の筈であったが、どうも曇天が続きそうな雲行きであった。紅葉見物ゆえ晴れてもらいたいのだが仕方ない。宝珠尾根の紅葉を見るために下宝珠越から登ることとして、先ずは大神山神社奥宮へと向かった。大山寺山門付近や金門で序曲めいた紅葉を垣間見ることが出来た。

 

 

 

 

〈溝口インタ―チェンジ付近から望む朝の大山〉

〈大山寺第5駐車場から大山北壁を見上げる〉

 

 

 

 

 

〈紅葉の大山寺参道〉

〈大神山神社奥宮への石畳の参道〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈金門から大山北壁を見上げる〉

 

 

 

 9:05〜9:07 大神山神社奥宮

  大神山神社奥宮に参拝して山行の安全を祈念した。神社の右裏手から登山道に入り、森に入って直ぐの二股で下宝珠越への道を採った。老杉の繁る谷間を上って行くと管理道に出る。そこが下宝珠越登山口である。管理道を横切ってなお谷間を上って行った。段々と勾配が急になりやがて胸突きの急坂となる。上るに従って、ブナを中心にした森は黄緑から黄色へと変容していった。下宝珠越の直下辺りで紅葉が見頃となった。

 

 

 

 

〈大神山神社奥宮〉

〈大神山神社の裏手から登山道に入る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈宝珠尾根に近付くにつれ樹々の彩りが増してくる〉

 

 

 

〈下宝珠越登山口〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈下宝珠越への谷間から弓ヶ浜方面を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈下宝珠越直下辺りからブナの見事な紅葉を見ることが出来た〉

 

 

 

 9:46 下宝珠越

  下宝珠越が海抜1,100メートル余であろう。この標高の紅葉が今見頃であるようだった。ブナの黄の葉、下生えの灌木の黄や紅あるいは錦と、ここの樹々は皆揃って一気に紅葉したようで眩しいほどであった。まるで夢心地で紅葉の宝珠尾根を歩いた。登って行くに従ってブナの黄色の葉が少なくなり、段々と赤味を帯びた樹々が多くなって行った。

 

 

 

 

〈下宝珠越〉

〈下宝珠越から先の尾根筋が紅葉の盛り!〉

 

 

 

 

 

〈ブナの葉は少なく下生えの黄色が眩しい〉

〈ブナの樹越しに宝珠山を見返す〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈陽光はないが眩しいくらいの紅葉の海〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉の宝珠尾根を行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ブナも下生えも共に紅葉して・・・!〉

 

〈自然の織り成す妙!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉の先に大山北壁の崩落壁を垣間見る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈今、錦に!!〉

 

 

 

 

 

 

〈尾根道を上る程にブナの葉が少なくなって行く〉

〈ブナ林は足元から見事に紅葉する!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈中宝珠越から上宝珠越へはこの小ピークを越える〉

 

 

 

 

 

〈紅葉に縁取られたような三鈷峰の西壁〉

〈三鈷峰西壁の紅葉〉

 

 

10:28 中宝珠越

  1,242メートルのピークから一度中宝珠越の鞍部に下った。この辺りではもうブナは主役の座から下りており、紅、黄、橙色の灌木が多く、仲々にカラフルになっていた。この辺りまで来ると大山の北壁も迫ってきて、無機質な北壁や崩落ガレの白と多彩な紅葉の織りなす景観が美しかった。中宝珠越からルンゼ様の岩場を抜けて一気に高度を稼ぎ、崩落した難所も越えて上宝珠越へと登って行った。

 

 

 

 

〈中宝珠越の背の高い道標の下を通過・・・!〉

〈あらゆる色素がここ中宝珠越に集合したかのようだ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈色付いた樹々越しに大山北壁を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈天狗ヶ峰、剣ヶ峰の稜線を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈上宝珠越手前の尾根筋は将に紅葉の盛り!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈崩落ガレも暫し紅葉に彩られて・・・!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ユートピア直下の斜面の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈三鈷峰の西斜面も彩られていました〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈崩落した難所を越えると上宝珠越は近い〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉の北壁)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈上宝珠沢から元谷の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈今、北壁直下の紅葉が最もきれいなのかも知れない〉

 

 

 

11:15 上宝珠越

  上宝珠越を過ぎると背の高くない灌木の繁る斜面をユートピアへと巻いて上って行った。この傾斜面の紅葉も仲々に味わい深いものがある。また見返せば、辿ってきた宝珠尾根や元谷の紅葉が美しい。ユートピアに達すると、三鈷峰や、大休峠方面の峰々も眺望出来た。何処も全山紅葉した美しい眺望であった。

 

 

 

 

〈上宝珠越〉

〈ユートピアへの道〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈辿って来た宝珠尾根を振り返る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈大山北壁をもう一度!〉

 

 

 

 

 

 

〈ユートピア避難小屋、象ヶ鼻を仰ぎ見る〉

〈ユートピアから見た三鈷峰〉

 

 

 

 

 

〈紅葉に包まれた矢筈ヶ山・甲ヶ山・船上山の連山〉

〈親指ピークも紅葉の中〉

 

 

11:46〜12:19 ユートピア避難小屋

  ユートピアは風が強く、風の中にいるとすぐに寒くなった。雨具の上気を防寒具にして避難小屋の陰で昼食を摂った。風はやや強いものの、縦走路を行くのに支障となる程でもなかった。昼食で気持ちも身体も落ち着けて、食後に縦走を挙行することとした。象ヶ鼻から振子沢の頭(1,636m)までは、既知の区間であり特に困難を伴うこともなかった。むしろ、烏ヶ山方面の紅葉が美しかった。天狗ヶ峰への上りのガレ場に左右共に切り立ち、ホールドする場所がない所が2個所ほどあったが、ほんの数歩の区間であり特に恐怖を感じることもなかった。

 

 

 

 

〈ユートピア〉

〈振子山越しに野田ヶ山、矢筈ヶ山、甲ヶ山を遠望する〉

 

 

 

 

 

〈満身紅葉に包まれた烏ヶ山〉

〈紅葉の地獄谷〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈象ヶ鼻からのユートピア、三鈷峰の眺望〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈象ヶ鼻からこれから越えんとする大山の山体を仰ぐ!〉

 

 

 

 

 

 

〈暫し平和な稜線部を行く〉

〈元谷の崩落個所は身が縮む想いがする・・・!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈振子沢ノ頭からの水平道を振り返る〉

 

 

 

〈振子沢の頭を後にして天狗ヶ峰へと向かう〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈槍ヶ峰と槍尾根、3年前に辿ったルートだ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈天狗ヶ峰山頂直下はこんな感じ!〉

 

 

 

〈天狗ヶ峰へのガレの上りルート〉

 

 

12:56〜12:57 天狗ヶ峰(1,710m)

  天狗ヶ峰と剣ヶ峰の間は4年前に槍尾根を上ってきて通ったところである。概して北斜面に灌木が繁っており、安心して歩ける区間と言える。むしろここから分岐する槍ヶ峰への尾根道の方が怖い。猫の額ほどの狭い天狗ヶ峰に長居する気もなく、早々に剣ヶ峰へと向かった。

 

 

 

 

 

 

 

〈天狗ヶ峰山頂から最高峰の剣ヶ峰を望む〉

 

 

 

0

 

 

 

〈天狗ヶ峰直下の南壁、三ノ沢と二ノ沢が樹海に線を引く〉

〈紅葉の三ノ沢の源頭部〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈天狗ヶ峰で主稜から分岐する槍尾根、そのピークが槍ヶ峰、遥か烏ヶ山も望める〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈天狗ヶ峰からユートピア方面に下山する登山者〉

 

 

 

 

 

 

〈早々に剣ヶ峰に向かって出立だ!〉

〈南壁側を見下ろせば、やはり高く、深い!〉

 

 

 

 

 

〈剣ヶ峰からの下山者と行き違う〉

〈手前天狗ヶ峰とその先の槍ヶ峰を振り返る〉

 

 

13:12〜13:27 剣ヶ峰(1,729m)

  剣ヶ峰には若い4人組のグループの先客があった。ユートピアからのピストンとのことであった。概してユートピア・剣ヶ峰間をピストンする人達が多い。話を聞いてみると弥山・剣ヶ峰間は危険度が高いと定評になっているようだ。ここまでの状況ではそうなのであろうと納得した。暫し眼下の素晴らしい紅葉などの景観を堪能してから、それでも弥山へと縦走を続けることとした。行く尾根上に人の姿はなかった。途中にちょっと長い距離の両側が切り立ったホールドポイントのない個所が2個所あった。ここは二本の脚でしっかり歩くしか方途がないのを経験上知っているので、躊躇することなく一歩一歩を確実に刻むことを心掛けて進んで行った。上りより下りの難所の方がより要注意と言える。

 

 

 

 

〈剣ヶ峰山頂の方位板〉

〈剣ヶ峰からも南壁側を見下ろしてみた!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈剣ヶ峰から天狗ヶ峰、槍尾根を振り返る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈これから行く弥山への稜線〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈辿って来たユートピアからの稜線部を振り返る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈暫し陽光に照らされた三鈷峰西壁、宝珠尾根辺り〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈中宝珠越から上宝珠越にかけての宝珠尾根〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈こちらは二ノ沢〉

 

 

 

〈剣ヶ峰から見下ろした三ノ沢〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ナナカマドの紅い実に勇気をもらって弥山へと向かう〉

 

〈暫し平和な稜線であるが・・・・!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ここも、意外に怖かったところだ!!〉

 

 

 

〈二本の脚だけが頼りの道・・・!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈二ノ沢と三ノ沢の中間点まで来たようだ!〉

 

 

 

〈剣ヶ峰からの難路を振り返る!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈やれやれ、こんな所を行かねばならぬか・・・・!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈このピーク越えの下りが最後の難路だった!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈何とか縦走路を歩き通したようだ!〉

 

 

 

〈北壁側も覗いてみた!〉

 

 

14:17〜14:21 弥山(1,709.4m)

  弥山の三角点ピークに着くともう縦走は完成である。只今三角点ピークは植生回復措置のため立入禁止となっていた。弥山山頂に辿り着いて驚いたことには、三角点ピークも含め、縦走路への立ち入りはロープが張られて立看板も立って完全にブロックされていた。縦走という行為はとても危険で、決して真似てはいけないことのようだ。とはいえ、紅葉の季節ゆえ弥山山頂は数多の登山者の姿があった。午後2時を回った時間であったがまだまだ団体登山者など大勢の人達が登って来ていた。石室を回って早々に下山することにした。いつものことながら、午後になって稜線部にはガスが巻き始めていた。それでも北壁直下や元谷の美しい紅葉の様子など眺めながら下山して行った。

 

 

 

 

〈弥山の三角点は植生回復のため立入禁止!〉

〈大勢の登山者の姿があった弥山山頂〉

 

 

 

 

 

〈縦走路は完全にブロック状態でした〉

〈三角点ピークの先に剣ヶ峰、天狗ヶ峰を望む〉

 

 

 

 

 

〈避難小屋のある弥山山頂部〉

〈まだ続々と登山者が登って来ていた!!〉

 

 

 

 

 

〈ダイセンキャラボクの純林〉

〈石室〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈午後になって北壁にはガスが懸り始めたようだ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈元谷の紅葉を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈夏山登山道の通る尾根と紅葉の樹海〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉に彩られた大山北壁〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈元谷もそろそろ紅葉の盛りのようだ!〉

 

 

 

15:24〜15:30 六合目避難小屋

  六合目避難小屋前のベンチで暫し休んでからもう午後3時を回っていたので下山を急いだ。ここからはまた紅葉が始まるので、元谷へ下ってみたかったが、時間が時間ゆえ夏山登山道を下ることにした。こちらサイドも宝珠尾根同様にやはり標高1,200メートル前後のところの紅葉が最も美しいようであった。

 

 

 

 

〈六合目避難小屋前で暫し憩う登山者〉

〈六合目からは再び樹林帯に入る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈もう一度北壁と元谷を見ておこう!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈今日はもう遅い時間なので夏山登山道を下山することに!〉

 

〈五合目に祀られている「山の神」〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈標高1200メートル辺りが紅葉のピーク〉

 

〈この辺りから上の紅葉が良かった!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈標高1,000メートルではこの程度!〉

 

 

 

 

 

 

〈まだ暫し紅葉が楽しめそうな大山である〉

〈夏登山道一合目〉

 

 

16:37 大山夏山登山口

  登山口近くまで下ってくると、紅葉は今少しといったところであった。まだ暫しこの地でも紅葉が楽しめるという訳である。午後4時半を回って、大山寺の街も大分静かになっていた。

 

 

 

 

〈夏山登山道口〈

〈大山寺橋詰のモンベルショップ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉の大山寺から弥山を見上げる〉

 

 

 

16:53 大山寺第5駐車場

  午後5時近くの街外れの駐車場に残った車はもう疎らであった。今日一日で辿った稜線上はガスに巻かれており、時折その稜線も視界から消えたりしていた。

 

 

 

 

〈弥山山頂と北壁を仰ぎ見る〉

〈車の減った夕刻の大山寺第5駐車場〉

 

 

 

〔山行所感〕

  今回は多くを語る必要はないようだ。大山の眩しいほどの紅葉と縦走路の踏破の二つの目的を共に成し遂げることが出来た。こんなに濃厚に大山と付き合ったことは多分初めてのことであったろうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

Ads by TOK2