紅葉終盤の峡谷を歩く 三段峡

広島県山県郡安芸太田町

2009年11月6日()   チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉の三段滝〉

 

 

今年の西中国山地の紅葉の進み具合は例年に較べて少し早いようだ。

雪の積もった先週末辺りが三段峡の上流部は見頃かと思ったものの恐羅漢山に登ることを優先した。

暫く紅葉の時期の三段峡を歩いていなかったので、今年は是非共と考えていたので、

ちょっと遅いかな・・・とは思いつつこの日に上流部の餅ノ木口から三段滝をピストンしてきた。

 

《山行記録》

13:32餅ノ木駐車場・・・・13:47玉緒滝・・・・14:19三段滝14:31・・・・14:51丸渕・・・・15:01千編渡・・・・15:12玉緒滝・・・・1530餅ノ木駐車場

〔総所要時間:1時間58分、休憩等:0時間12分、正味所要時間:1時間46分〕

 

 

13:32 餅ノ木駐車場

  餅ノ木口から三段滝の間は三段峡の長大な渓流の中でも最も静かなところだ。この日は広大な餅ノ木駐車場に停められていた車は僅かに2台だけであった。紅葉の観光シーズンにしては些か寂し過ぎる光景であった。そんな駐車場を後にして柴木川に沿った遊歩道を三段滝へと下って行った。やはり時折登山者に出会うだけの静かな道であった。渓流沿いの樹々は大分葉を落として、樹林の中の紅葉した灌木類も見透し出来るほどであった。そんな紅葉終盤の森も捨て難い美しさだ。それでも、下る程に紅葉も美しくなっていった。

 

 

 

 

 

 

 

〈餅ノ木口の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈かなり葉を落とした渓流沿いの樹々〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅い葉につい目が留る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈歩く程に幽谷の雰囲気を感じるように・・・〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈渓谷に急峻に落ちる斜面も錦秋の面持ち〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉のピークを過ぎた森なれど、まだまだ心を高揚させる色合いだ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈時折登山者に出会う程度の静かな山域〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈灌木類の紅葉まで見透せる紅葉終盤の森〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈この辺りは実に深い谷間だ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ブナの葉も殆ど散って・・・〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈渓流沿いの深い森〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈激流を眼下に見て!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈多彩な色合いの崖の上の道を行く〉

 

 

 

14:19〜14:31 三段滝

  のんびりと歩いて50分ほどかかって三段滝に着いた。渓流沿いの断崖の上に設えられた滝の展望台には下流方面から上ってこられた多くの観光客の姿があった。滝の周辺の紅葉もやはりピークを過ぎてはいたが、まだまだ美しかった。来た甲斐があったというべきか・・・。狭い谷間の上の空には雲が広がり、なかなかに谷の底まで日射しが降って来ていなかったが、時折陽光が射すと滝は一際見栄えが良くなった。

  10数分間滝の展望台に滞在してから来た道を引き返すことにした。午後の斜光の中に輝く錦秋の森の樹々が美しく、紅葉の終盤の落ち着いた色合いの景観を再び楽しみながら歩いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

〈三段滝の展望台〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈三段滝全景〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉に彩られた三段滝〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈滝の展望台の周辺も綺麗に紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈滝壷脇から三段滝を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉の彩りの三段滝〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈三段滝の上部の滝群〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈午後の斜光に黄金色に輝く急斜面の樹林〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈将に錦秋!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈行く秋を惜しむ景観〉

 

 

 

15:30 餅ノ木駐車場

  2時間程の渓谷の散策を終えて餅ノ木駐車場に帰った。駐車場に残っていたのはわが愛車だけであった。些か寂しい想いを抱いて帰路に就こうとしていた時に1台の車が来て、若いカップルが渓谷へと向かって行った。やはり、観光地には人の姿がないと寂しい。

 

 

〔山行所感〕

   翌日からの週末が三段峡の紅葉狩りの今年のラストチャンスであったろうと思う。多くの所で紅葉を楽しんだ今年の秋であったが、三段峡の紅葉はやはり捨て難い。ここはやはり晩秋に見頃を迎える宮島の紅葉谷の紅葉と並んで広島県を代表する紅葉の名所であろう。これからも機会がある度に極力訪ねたいと思う。今回歩いた餅ノ木口や、横川川沿いの田代口からの遊歩道は大いに賑わうオンシーズンの三段峡の渓谷の中にあっても比較的静かな紅葉狩りが楽しめるルートであると思う。

 

 

 

BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2