恒例の紅葉の安芸宮島 紅葉谷公園・大聖院・弥山(535m)

広島県廿日市市宮島町

2009年11月14日(土)   門久単独

 

 

 

 

 

 

 

〈錦秋の弥山に寛ぐ!〉

 

 

 

この時期になると宮島の紅葉が気になってくる。

透きとおるような紅い葉、黄色い葉を見るなら来週末あたりが絶好だと思ったが、

「もう見頃」というマスコミの報に、若々しい紅葉もまた良いかなと思い始めて出かけることにした。

宮島口からのJR連絡船も特別編成の時刻表!

平生見ることのない船も動員しての10分間隔の運行で数多の観光客を運んでいた。

 

《観光&山行記録》

宮島桟橋12:16・・・・12:27塔の岡12:31・・・・12:32五重塔下12:34・・・・12:39紅葉谷公園入口12:53・・・・13:02紅葉谷橋上13:03・・・・13:16藤の棚公園13:17・・・・13:19平松茶屋下13:25・・・・13:31大聖院13:53・・・・13:59第二号砂防堰堤・・・・14:01白糸の滝・・・・14:11東屋・・・・14:34第一砂防堰堤・・・・14:46仁王門跡・・・・14:52御山神社分岐・・・・14:57御山神社14:58・・・・15:04弥山本堂15:07・・・・15:14弥山(535)15:17・・・・15:38夕陽観音・・・・16:19四宮ルート登山口16:21・・・・16:26紅葉谷公園入口・・・・16:34御笠浜16:36・・・・16:48宮島桟橋

〔総所要時間:4時間32分、休憩等:1時間01分、正味所要時間:3時間31分〕

 

12:16 宮島桟橋

  透明度の高い好天の休日であった。紅葉のハイ・シーズンに動員された「ななうら丸」に久し振りに乗って島に渡った。沢山の観光客で混雑する有之浦の護岸沿いや表参道商店街を避けて町家通りを抜けて塔の岡に上った。晴れ上がって気持ちの良い岡の上から厳島神社の横手に下ってから、人混みに紛れて紅葉谷公園へと急いだ。

 

 

 

 

〈晴れ渡った休日に島に渡る〉

〈島内の山肌も華やいだ感じ!〉

 

 

 

 

 

〈宮島桟橋:数多の観光客が押し寄せる〉

〈紅葉に彩られた塔の岡〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈厳島神社の回廊〉

 

〈秋本番!〉

 

 

12:39〜12:53 紅葉谷公園入口

  公園入口の橋の下の紅葉谷川に下りて暫し渓流沿いの紅葉を楽しんだ。この辺りの紅葉はやはり少しまだ若い。公園内に入ったが、今年は煌めくように美しい樹が見当たらず、ちょっと寂しい。もみじ茶屋までの遊歩道沿いは枯葉色である。茶屋の周囲はまだ完全に色づいていなかったが、今後見事に色付いてもらいたいものである。茶屋のすぐ奥の一画は毎年美しい所で今年も程良い出来上がりであった。紅葉谷橋を渡った、ロープウェイ乗り場下の広場は、期待を持っていたが今年は色付く前に早々に葉を落としてしまっていた。

  紅葉谷公園を後に藤の棚公園からもみじ歩道を通って大聖院へと向かった。道中には幾つかの見所があるのだが、今年は何故かパンチが足りない感じであった。唯一平松茶屋の入口に錦色にならんとする見事なモミジがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉谷公園入口〉

 

〈文字通りの紅葉がお出迎え!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉谷川を彩る〉

 

 

 

 

 

 

〈もみじ茶屋辺り〉

〈もみじ茶屋の裏手を紅く染める〉

 

 

 

 

 

〈紅葉谷橋〉

〈紅葉谷橋の上手にて〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈楓の落ち葉〉

 

〈藤の棚公園の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈平松茶屋の階段道を彩る〉

 

〈もみじ歩道を行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈みじ歩道を艶やかに彩る!〉

 

 

 

13:31〜13:53 大聖院

  大聖院の石段を上る頃には秋の斜光の中にあって紅葉狩りも眩しい程であったが、やがて境内を回る程にその陽光が雲で遮られこととなった。本坊庭園は苔や石畳の地面に落ち葉がうず高く積もり、既に紅葉の盛りを過ぎた感じであった。厚い雲に日射しが断たれた庭園の残った紅葉は、今一つ鮮やかさが感じられなかったのは残念であった。

  大聖院を出たのはもう午後2時前であった。例年のことゆえに今年も取り急ぎ山に登ることした。懺悔地蔵の前を通って大聖院ルートを弥山に向かうことにした。登山道ではウリハダカエデ以外の紅葉は望み難い。昨年再開したルートを1年振りに歩いた。

 

 

 

 

〈大聖院山門〉

〈大師堂前の築山も見事に色づく!〉

 

 

 

 

 

〈大僧正裕信大和尚像を彩る紅葉!〉

〈摩尼殿も錦色に彩られる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈秋の斜光の中の大聖院〉

 

 

 

〈銀杏の黄に彩られた階段から登山開始!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈懺悔地蔵〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈第2砂防堰堤上から大聖院を望む〉

 

〈白糸の滝〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈東屋から宮島の街と大野瀬戸を展望する〉

 

〈ウリハダカエデの紅に彩られた登山道〉

 

 

 

 

 

〈平成17年9月の台風14号による土石流跡〉

〈第1砂防堰堤を越えて行く〉

 

 

14:46 仁王門跡

  紅葉の季節ゆえ、登山道にはいつもの登山姿の登山者よりも観光客の姿が多かった。仁王門跡で稜線に出て大元公園ルートで合流する。稜線部の途中に御山神社への分岐がある。鳥居を潜って御山神社への登山道を行くと駒ヶ林や焼山を望む所がちょっとした紅葉スポットとなっている。神社に参拝し瀬戸内海の眺望を暫し楽しんでから、裏手からの道を採って大聖院弥山本堂への道に戻った。弥山本堂の周辺にもモミジの樹があるが、ここはまだ色付き始めたところであった。ここまで登ってくると山頂はもう近い。

 

 

 

 

〈仁王門跡下の鞍部〉

〈御山神社分岐に建つ鳥居〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈駒ヶ林、焼山のピークを仰ぐ〉

 

〈紅葉に彩られた御山神社への登山道〉

 

 

 

 

 

〈御山神社〉

〈御山神社から阿多田島を遠望する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈弥山本堂脇の樹は紅葉を始めたところ!〉

 

 

 

 

 

 

〈大黒神島の先には四国の山並さえ望めそう〉

〈弥山々頂直下の登山道を行く〉

 

 

15:14〜15:17 弥山(535m)

  弥山山頂にも沢山の観光客の姿があった。展望台から広がる眺望は空気の透明度が高いだけに素晴らしいものであった。特に海上は四国の山並みさえも見えようかという程のものであった。午後3時を回った時間であったので、早々に下山することにして四宮ルートを採ることにした。紅葉のオンシーズンとは言え、四宮ルートは静かなもので、ルート上で出会ったのは追い抜いたご婦人二人連れの登山者だけであった。

 

 

 

 

〈展望台のある弥山山頂〉

〈小黒神島、能美島を望む〉

 

 

 

 

 

〈獅子岩、江田島方面の眺望〉

〈弥山々頂広場〉

 

 

 

 

 

〈遥かに雲に隠される県北の峰々が望めた〉

〈シルエットとなった502mピークと岩船岳〉

 

 

 

 

 

〈四宮ルートにある夕陽観音〉

〈暫し羊歯の道を下り行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈宮島原始林〉

 

〈ロープウェイの行く谷間〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈尾根筋から大鳥居、大野瀬戸を俯瞰する〉

 

 

16:26 紅葉谷公園(四宮ルート登山口)

  四宮ルートの登山口は紅葉谷公園のもみじ茶屋のすぐ上手である。紅葉谷公園に下りて園内を抜けて桟橋へ向かうことにした。午後4時を回っていたが、島内にはまだまだ観光客の姿も多かった。帰路は、御笠浜、表参道商店街、途中から有之浦と観光客と共に歩いた。宮島はやはり賑やかな方が良い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈樅の樹のある四宮ルート登山口〉

 

〈四宮神社〉

 

 

 

 

 

〈厳島神社回廊入口〉

〈大勢の観光客の佇む御笠浜〉

 

 

16:48 宮島桟橋

  昼過ぎからの4時間半の時間を宮島で楽しみ、宮島桟橋で船に乗る人の列に並んでから連絡船で宮島口へと渡った。

 

 

〔観光・山行所感〕

  今年も紅葉の宮島を訪ねることが出来た。チャコは今年も一緒に訪ねることが出来なったのは残念であったが・・・。恒例とはなったものの、毎年紅葉の有り様は様々だ。今年は残念ながら出来の良い部類には入らないだろうと思う。とはいえ、紅や黄、錦色に彩られた島内を歩いていると心躍るものである。また来年も、その出来具合を楽しみにしながら訪ねることとしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2