スプリング・エフェメラル2010 (2)

2010年3月19日(金)

 

スプリング・エフェメラルの第2弾として、

再度春の妖精たちを求めて島根県江の川沿いの川本町に行ってきました。

この町では今イズモコバイモ(出雲小貝母)とユキワリイチゲ(雪割一華)が見られるという。

広島道、中国道から浜田道へ、大朝ICで下りて国道261号線で一気に川本町へと走った。

川本町に入って直ぐの道の駅「インフォメーションセンターかわもと」に立ち寄って詳細な現地情報を得た。

 

イズモコバイモ

島根県邑智郡川本町谷戸(たんど)

 

ユリ科バイモ属の多年草で県道187号線に面した斜面に自生している。

地元の方々の丹精を込めた保護・管理活動があって今では素晴らしい花園を形成している。

島根県固有種で、県では絶滅危惧種TA〜Uに指定して保護を行っているという。

花は今がちょうど最盛期で、2月下旬から4月いっぱいまで見られるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈釣鐘状の2cm程度の小さな花だ〉

 

 

 

 

 

〈一本の茎に一つの花を付ける〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈日本一と言われる広い群生地に咲くイズモコバイモ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈三兄弟 !?

〈大家族 !?

 

 

 

 

 

 

 

 

〈地味で如何にも清楚な趣のある花だ!〉

 

 

 

 

 

 

〈結実した後は地上部は枯れて人知れず消えてしまうという〉

〈この斜面が群生地〉

 

 

 

 

ユキワリイチゲ

島根県邑智郡川本町川本

 

キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で矢谷川に面した市井原地区の山裾の畑の土手の傾斜面に群生していた。

広島県吉舎町安田のユキワリイチゲの花は白いが、ここでは本来の薄紫色を呈していた。

今は花期の最終盤で、残っていた花は少なかった。

 

 

 

 

 

 

〈陽光を背から浴びて咲く、これから花を開く蕾も見られた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈陽光がなければ開かない花である!〉

 

〈精一杯花開く!〉

 

 

 

 

 

 

 

〈最盛期期には花が林立していた雰囲気の群生地〉

〈樹の陰になってちょっと萼を窄ませる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈よく手入れされたこの斜面が自生地〉

 

 

 

 

 

〈妖精と呼ぶに相応しい可憐さだ!〉

 

 

 

〔所 感〕

  “イズモコバイモ見ごろ”という紹介記事が3月初旬の中国新聞に載った。一度見てみたいと思っていたのだが直ぐには行けずに日々が経過したが、再びTVニュースでも紹介された。これは潮時とちょうど晴れ渡った好日に出掛けてみた。道の駅「インフォメーションセンターかわもと」で道案内を受け詳細地図とパンフレットも頂いた。(ついでながら、この道の駅は皆さん親切でリーゾナブルな値段で食事や買物も出来て気持ちの良い所でした。) セツブンソウと同様に可憐で繊細なイズモコバイモはやはり一度は会っておく価値のある植物と思いました。大規模な群生地一杯に咲いた花が、結実と共に一斉に消えてしまうことを想うと、妖精たちの一生の儚さを憐れと思わずにはいられません。薄紫色のユキワリイチゲはもう最終盤でした。もう直ぐあの斜面から姿を消すことになるようです。スプリング・エフェメラルたち、今は地元固有の福寿草も神石高原町や東城町に咲き始めており、やがてカタクリの花も先ずは里の自生地で咲き始めます。なお楽しめそうです!

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

Ads by TOK2