大山ユートピアのお花畑を訪ねる 三鈷峰(1,516m)・象ヶ鼻(1,550m)

鳥取県西伯郡大山町

2010年7月24日(土)      チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

 

〈ユートピアに咲くナンゴククガイソウ〉

 

 

 

この時期になるとやはり気になるのが大山ユートピアのナンゴククガイソウ!

やはり今年もそれを見に出掛けてみることにした。

ただ今年は梅雨明けが早かったので、例年のように雨の心配をする必要がないのは幸いであった。

ただその代わりに暑さ覚悟の山行となったものの、

まあ標高1500メートルを超える所ゆえに、こちらの方はそんなに心配することでもなかった。

 

《山行記録》

大山寺(第4駐車場)8:47・・・・8:59大神山神社鳥居(大山寺門前)・・・・9:07金門・・・・9:13大神山神社9:18・・・・9:23二俣・・・・9:29林道(下宝珠越・ユートピア登山口入口)9:30・・・・9:53下宝珠越・・・・10:27中宝珠越・・・・11:03崩落地11:04・・・・11:09上宝珠越11:13・・・・11:39ユートピア分岐11:43・・・・12:03三鈷峰(1,516m)12:36・・・・12:53ユートピア分岐・・・・13:08ユートピア避難小屋・・・・13:19象ヶ鼻(1,550m)13:20・・・・13:33振子沢源頭13:35・・・・13:52勝間ケルン・・・・14:02上宝珠越14:09・・・・14:14砂すべり・・・・14:40元谷ケルン14:42・・・・14:53大堰堤・・・・15:11大神山神社15:12・・・・15:24大山寺門前・・・・15:37大山寺(第4駐車場)

〔総所要時間:6時間50分、昼食・休憩等:1時間01分、正味所要時間:5時間49分、総歩行距離10.5q、累算標高差±1,229m〕

 

 8:47 大山寺第4駐車場

  庄原ICで中国道を降りて国道183号線、180号線、181号線を辿って溝口から県道45号線で桝水高原を経由して大山環状道路(県道158号線)で登山口の大山寺の街へと走った。走行距離は約180km。 夏休み中で花の時期の週末ゆえに、朝8時過ぎの大山寺の駐車場は南光河原も下山キャンプ場も超満車であった。こんな時はいつものように大山寺の街の先にある第4駐車場へと赴く。ここはまだ2〜3割方の入りであった。

 

  朝の大山寺の街は快晴で、駐車場からも雲ひとつない大山北壁を仰ぐことが出来た。大山情報館で身支度を整えてから、土産物屋や旅館の並ぶ大山寺参道を抜け、山門前で左折して大神山神社への石敷きの参道に入った。参道の中ほどで金門への道を採って河畔から大山北壁を仰いでから大神山神社参道に戻った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈大山寺第4駐車場から見上げる朝の大山北壁〉

 

 

〈三鈷峰を仰ぎながら大山寺参道を行く〉

 

 

 

 

 

〈大山寺山門〉

〈大神山神社参道は「日本一長い自然石の道」〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈金門から大山北壁を仰ぐ〉

 

 

 

 9:13〜9:18 大神山神社

  大神山神社の権現造りの立派な社殿で山行の安全を祈願してから、神社の右側に回り込んで後背地にある老杉やブナの繁る森に入って行った。入って直ぐの二俣で道を左に採り下宝珠越へと続く谷間を登って行った。二俣から5分程で管理林道に出た。ここに「下宝珠越・ユートピア登山口入口」の道標が出ていた。ブナを中心にした老木の繁る森の中の急坂をなお登って行った。道筋にはもう盛りの頃は過ぎてしまっていたが、まだまだヤマアジサイの花が綺麗に咲いていた。

 

 

 

 

〈大神山神社の社殿に続く石段の参道〉

〈大神山神社の後背の豊かな森を行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈まだ残っていたヤマアジサイの道を登り行く〉

 

 

〈下宝珠越直下は厳しい急坂が続く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ブナの樹間から弓ヶ浜を望む〉

 

 

 

 

 9:53 下宝珠越

  下宝珠越で宝珠尾根に乗った。暫し尾根筋の美しいブナの森を抜けて行く。いつもながら気持ちの良い道である。進むほどに樹間から大山北壁の大きな景観が覗くようになった。中宝珠越の手前の標高1,242メートルのピークから見た大山北壁や三鈷峰西壁には改めて圧倒されそうになった。一旦中宝珠越に下ってから、一転して険しくなる上宝珠への道を辿って行った。ルンゼ状の長い急坂を抜けて行くと、今度は元谷側への大規模崩落地が待っていた。足元に注意をして宝珠尾根名物のこの難所を越えると上宝珠越はもう直ぐであった。

 

 

 

 

〈下宝珠越〉

〈下宝珠越の稜線〉

 

 

 

 

 

〈ブナの森の樹間から大山北壁が覗く〉

〈秋には錦に染まる樹林も今は盛夏の色合い〉

 

 

 

 

 

〈樹間から北壁を真正面に見るとやはり心躍る!〉

〈三鈷峰西壁を正面から仰ぐ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈切れ落ちる振子沢の頭から天狗ヶ峰にかけての北面〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈大山北壁を仰ぎ見る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈宝珠尾根の名所の崩落地にかかる〉

 

 

〈崩落地を越える!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈大山北壁の難所を見上げる!〉

 

 

 

11:09〜11:13 上宝珠越

  上宝珠越の狭い広場には人だかりが出来ていた。ここから砂すべりに下って行く下山者とこれからユートピア方面へ行こうとする登山者が混在していた。朝早く入山した方たちはもう下山時間で、この先のユートピア分岐までの巻き道は幅員が狭くて上り下りの登山者が集中して渋滞気味ということであった。なるほど離合もなかなか難しくて、幾度も待機をしたり待機をしてもらったりした。とは言え、路傍を彩る山野草も気にかかる存在であった。

 

 

 

 

〈上宝珠越は絶好の休憩地である〉

〈シシウドの花の先に覗く三鈷峰を目指す〉

 

 

 

 

 

〈剣谷を飾るナンゴククガイソウ〉

〈勝間ケルンを経て頭上のユートピア避難小屋を目指す〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈シシウドの先に孝霊山や日本海が望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ナンゴククガイソウ越しに大山北壁を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈大山北壁の眺望を彩るシモツケのピンクの花〉

 

 

 

11:39〜11:43 ユートピア分岐

  三鈷峰とユートピアを左右に指す標柱の立つ稜線上に出た。そこがユートピア分岐であった。周囲は一面お花畑が拡がる別天地である。ここでは一息入れずにそのまま花の咲く稜線伝いに一気に三鈷峰のピークを目指すこととした。途中で小ピークを越えて西面の崩落地の脇を登って行くが、ほぼ全ルート沿いにお花畑が展開しており、また大山北壁などの眺望も開けており美しいこと限りない感じであった。

 

 

 

 

〈ユートピア分岐から三鈷峰を望む〉

〈三鈷峰への道すがらユートピアを振り返る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈シモツケソウの花越しに大山北壁を仰ぎ見る!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈高原の蝶を寄せるナンゴククガイソウ〉

 

 

 

 

 

 

〈花々で彩られた稜線を三鈷峰へ向かう〉

〈シモツケソウとナンゴククガイソウの花畑〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈オオバギボウシの花の向こうに三鈷峰の山頂部が覗く〉

 

 

 

〈振子山を望む斜面も夏の花々に彩られる〉

 

 

12:03〜12:36 三鈷峰(1,516m)

  三鈷峰の山頂には沢山の登山者の姿があった。天気条件さえ良ければ、この山域では随一の休憩ポイントである。ちょうど正午を過ぎた時間で、昼食を摂っている登山者が多かった。我々も山頂広場の一角に陣を張り昼食とした。周囲360℃の眺望は素晴らしいが、食事を摂っている間に俄かに大山北壁にガスがかかり始め、矢筈ヶ山や甲ヶ山方面にもガスが回って行った。

 

 

 

 

〈三鈷峰山頂〉

〈ケルンの並ぶ山頂部に憩う大勢の登山者〉

 

 

 

 

 

〈野田ヶ山の向こうに矢筈ヶ山、甲ヶ山の山稜が続く〉

〈振子山への稜線の先に烏ヶ山から蒜山にかけての山々が望める〉

 

 

 

 

 

〈三鈷峰から望むユートピア〉

〈大山北壁にガスがかかり始めたようだ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈突如ガスに巻かれ始めた大山〉

 

 

 

12:53 ユートピア分岐

  三鈷峰からの復路も稜線上の花々を楽しんだ。ユートピア分岐から尾根伝いにユートピア避難小屋を目指して登って行くとお花畑は一際美しかった。先ずはお目当てのナンゴククガイソウであった。東谷の沢への斜面一面に青い穂状の花を立てていた。その青に対抗するのがピンクのシモツケソウであった。花期の盛りは過ぎているのであろうが、まだまだ美しかった。それらに交じって避難小屋に近付いていくとオオバギボウシやシシウドの群生が拡がっていた。避難小屋から象ヶ鼻に登って行く途中にも同じような花々の群生があった。振子山への支尾根や振子沢の斜面も一際美しかった。兎に角、ここは夏の花の楽園である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈やはりこの時期はこの花!ナンゴククガイソウ〉

 

 

 

〈ユートピア分岐からユートピアを仰ぐ〉

 

 

 

 

 

〈シモツケソウの花畑にナンゴククガイソウも交じって!〉

〈ナンゴククガイソウの花畑にシモツケソウが色を添える〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈オオバギボウシやヤマブキショウマも咲くユートピア〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ナンゴククガイソウの大群生!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈蝶たちは蜜を求めて忙しい!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈東谷の沢を彩るナンゴククガイソウとシシウド〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈シモツケソウとナンゴククガイソウのコラボレーション〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈誰が教えたのかナンゴククガイソウは整列がお得意!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈霧に巻かれるユートピア〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈オオバギボウシ咲く振子沢越しに烏ヶ山を望む〉

 

 

 

 

 

 

〈象ヶ鼻から仰ぐガスに巻かれた大山主稜線〉

〈ナンゴククガイソウ咲く稜線上でガスが晴れるのを暫し待つ!〉

 

 

13:33〜13:35 振子沢源頭

  象ヶ鼻を越えて槍尾根が望める地点まで登って行った。振子沢の源頭部で頭上遙か先の槍ヶ峰、天狗ヶ峰、剣ヶ峰などを覆っていたガスが取れた。周囲はオオバギボウシやヤマブキショウマなどの花畑となっていた。山の天気は下り坂であるようであったので、ここから下山することとして、小砂すべりのショートカットルートを採って勝間ケルンから上宝珠越へと下った。

 

 

 

 

〈剣ヶ峰までガスが晴れてきたようだ!〉

〈オオバギボウシの蜜を吸う渡り蝶アサギマダラ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈象ヶ鼻方面を振り返る〉

 

 

 

〈かつて辿った槍尾根を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

〈小砂すべり上部から霧が巻き始めた稜線を見上げる〉

〈小砂すべりを快調に下る!〉

 

 

 

14:02〜14:09 上宝珠越

  上宝珠越は四国からの団体などで賑わっていた。ここから崖を下ってから、砂すべりを滑行して元谷に一気に下っていくこととなる。慣れない様子の団体さんに先に行ってもらって暫し休憩がてら待機することとした。北壁の上部に霧が立っている景観は迫力のあるものであった。暫し待って砂すべりを快調に下った。かなり表面はえぐれた状態であったが、まだ快適に良く滑ってくれた。元谷に下ってから見上げる北壁の状態は、乱気流に稜線部周辺から霧が立ち昇っている感じでとても珍しく何か新鮮な感じであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈「霧に巻かれる」と言うよりも「霧が立ち昇る」感じ〉

 

 

 

〈上宝珠越からガスった大山北壁を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

〈砂すべりを一気に下る!〉

〈元谷から砂すべりを仰ぎ見る!〉

 

 

 

 

 

〈元谷に下って霧立つ大山北壁を見上げる〉

〈元谷を見下ろしながら下って行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈乱気流に巻き込まれたような大山北壁と稜線部〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山下ケルンと霧立つ北壁〉

〈元谷の源頭部も乱気流巻く世界のようだ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈大空と晴れた元谷の間に霧立つ大山の山稜があった!〉

 

 

 

14:53 元谷大堰堤 

  元谷を下って大堰堤に出た。ここで行者谷ルートに合流した。ここから夏山登山道は佐陀川の河畔に一旦下ってその渓流沿いの森の中を抜けて大神山神社へと導いてくれた。大神山神社からは参道をひたすら歩いたが、この日は参道を歩く人の多さに驚いてしまった。自然石の石畳の道を間断なく登山者が下って行った。

 

 

 

 

〈大堰堤から大山北壁を振り返る〉

〈元谷右岸の森を抜けて大神山神社へ・・・〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈大神山神社社殿から山門へ下る〉

 

 

〈今日ばかりは数多の人の姿のある参道〉

 

 

15:37 大山寺第4駐車場

  7時間足らずの山行を無事に終えて駐車場まで下って来た。大山北壁を見上げれば、稜線部はほぼ雲に包まれた状態に変わっていた。三鈷峰方面だけがその姿が見ることが出来た。この時節ゆえか、駐車場にはまだまだ停められている自動車は多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山頂部が雲に隠された大山を仰ぐ〉

 

 

 

〈大山寺参道を下る〉

 

 

下山後の温泉: 岸本温泉 「ゆうあいパル」

 

 

 

 

〈岸本温泉のある「ゆうあいパル」〉

〈あまりにも立派すぎる建物である〉

 

 

〔山行所感〕

  この時期のユートピアや三鈷峰の稜線部のお花畑はこの上なく美しい。ナンゴククガイソウを始め、シモツケソウ、オオバギボウシ、シシウドなど数多の花々がこの高嶺で一斉に花を開いて人々を誘っている。今年は天気にも恵まれて登山者の数も一層多く感じられた。静かな登山も魅力であるが、この祭のように賑やかな花見の登山も棄て難い魅力がある。来年以降もまた訪ねてみたいところである。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

《この日出合った花々》

 

 

 

 

〈サラシナショウマ(キンポウゲ科)〉

〈ヤマジノホトトギス(ユリ科)〉

 

 

 

 

 

〈ノリウツギ(ユキノシタ科)〉

〈シモツケソウ(バラ科)〉

 

 

 

 

 

〈アクシバ(ツツジ科)〉

〈ホタルブクロ(キキョウ科)〉

 

 

 

 

 

〈ホソバノヤマハハコ(キク科)〉

〈ヤマツツジ(ツツジ科)〉

 

 

 

 

 

〈ミヤマホツツジ(ツツジ科)〉

〈ヤマブキショウマ(バラ科)〉

 

 

 

 

 

〈クサアジサイ(ユキノシタ科)〉

〈シモツケ(バラ科)〉

 

 

 

 

 

〈クサボタン(キンポウゲ科)〉

〈シシウド(セリ科)〉

 

 

 

 

 

〈ヤマアジサイ(ユキノシタ科)〉

〈オオバギボウシ(ユリ科)〉

 

 

 

 

 

〈ホソバシュロソウ(ユリ科)〉

〈カラマツソウ(キンポウゲ科)〉

 

 

 

 

 

〈ノギラン(ユリ科)〉

〈イワキンバイ(バラ科)〉

 

 

 

 

 

〈イヨフウロ(フウロソウ科)〉

〈コオニユリ(ユリ科)〉

 

 

 

 

 

〈ナンゴククガイソウ(ゴマノハグサ科)〉

〈キュウシュウコゴメグサ(ゴマノハグサ科)〉

 

 

 

 

 

〈ダイモンジソウ(ユキノシタ科)〉

〈ダイセンオトギリ(オトギリソウ科)〉

 

 

 

 

 

〈ヤマオダマキ(キンポウゲ科)〉

〈ヌスビトハギ(マメ科)〉

 

 

 

〔BACK〕


〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2