紅葉の盛りの谷間を抜けて 台所原・恐羅漢山(1,346.4m)・旧羅漢山(1,334m)

広島県山県郡安芸太田町

2010年11月3日(水) 文化の日     11人の仲間達+チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

〈紅葉した台所原のブナ林〉

 

 

 

この秋はもう10月27日(水)に恐羅漢山に初雪、初冠雪があり、

その後の紅葉の進み具合、紅葉の具合が気になっていたが情報が殆どなかった。

そんな時に仲間から台所原への案内を促されて、これ幸いと紅葉の確認方出掛けることとした。

各方面からの参加者があり、最終的には総勢13名の賑やかな紅葉狩り山行となった。

《山行記録》

牛小屋高原駐車場9:08・・・・9:36夏焼けのキビレ9:41・・・・9:49 1,131.8mピーク・・・・9:56早手のキビレ・・・・10:07管理林道出合・・・・10:51台所原平10:57・・・・11:07台所原11:09・・・・12:20台所原分れ・・・・12:21恐羅漢山(1,346.4m)13:14・・・・13:26平太小屋原・・・・13:35旧羅漢山(1,334m)13:49・・・・13:55平太小屋原・・・・14:12恐羅漢山(1,346.4m)14:21・・・・14:26立山尾根分岐・・・・14:28国設スキー場分れ・・・・14:49テレビアンテナ・・・・15:11牛小屋高原駐車場

〔総所要時間:6時間03分、昼食・休憩等:1時間29分、正味所要時間:4時間34分、歩行距離:9.8q、累積標高差:±847m〕

 

9:08 牛小屋高原

  中国道を戸河内ICで下りて国道191号線に入り「戸河内バイパス西口」から内黒峠越しの県道で牛小屋高原へ赴いた。内黒峠から見る砥石郷山は紅く綺麗に紅葉し、恐羅漢山の山頂辺りはもう落葉しているようであったが、牛小屋高原辺りから上は紅葉の時期を迎えているようでこの日一日に希望が持てた。

  予定の13名全員が揃って午前9時過ぎに登山口から夏焼けのキビレを目指して入山した。峠(キビレ)に向かって緩やかに登って行く登山道の周りはもう綺麗に色付き始めていて、気持ちの良い山歩きのスタートとなった。

 

 

 

〈内黒峠から紅葉の砥石郷山を望む〉

〈内黒峠道の紅葉〉

 

 

 

 

〈牛小屋高原の恐羅漢山登山口〉

〈紅葉したカヤバタゲレンを見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉した登山道脇〉

 

 

 

〈紅葉した夏焼けのキビレへの登山道〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈気持ち良い登山道を行く我れらがグループ〉

 

 9:36 夏焼けのキビレ

  牛小屋高原駐車場は紅葉の盛りの祝日の朝としては寂しい車の埋まり具合であった。多くの人達が今秋の紅葉の進み具合に確信を持てないでいるのかも知れない。それでも夏焼けのキビレで2グループの人達と一緒になった。1グループは中の甲方面へ行ったので、或いは砥石郷山へ登られたのかも知れない。もう1グループは我々と同じルート設定とのことだった。峠(キビレ)での衣類調整の休憩の後、1,131.8mピークへ一気に上がった。稜線上のブナはもう葉を落としてしまっていた。暫し稜線上を辿り、早手のキビレで稜線を西に外れて管理林道へと下って行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈夏焼けのキビレ〉

 

 

1,131.8mピークのブナはもう葉を落としていた〉

 

 

 

 

〈尾根道から恐羅漢山山頂方向を仰ぐ〉

〈早手のキビレから管理林道へ下り行く〉

 

 

10:07 管理林道出合

  管理林道に出ると、そこからは台所原平まで単調な林道歩きになる。何もない時期にはこの40分間程が案外に退屈なのだが、この日はこれが違った。丁度この林道辺りの標高が紅葉のピークのようで、道行く程にまたカーブを曲がる程に息を呑むような紅葉の景観が展開して行った。メンバーは美しい紅葉のポントに突き当たると自然と立ち止まって写真を撮ったりその美しさを互いに称賛し合ったりしていた。紅葉に導かれるようにして、のんびりゆっくりと台所原平へと下って行った。

 

 

 

〈管理林道に出る、これから台所原平までこの道が続く〉

〈路傍を飾る錦のカエデ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈こちらは黄金色のカエデと杉の深緑〉

 

 

 

 

 

〈中の甲の谷越しに天杉山を望む〉

〈遙かに聖山を望む、その左に小さく高岳が覗く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈息を呑むような紅葉が管理林道を彩る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈青空をバックした紅のカエデ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈幾つの色の組み合わせであろうか!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈中川山を仰ぎ見る〉

 

 

 

10:51〜10:57 台所原平

  聖湖畔から延びて来ている中の甲林道の終点の広場は今では「台所原平」と呼ばれている。辿って来た管理林道の始点でもある。この広場の周りの山の斜面や森も綺麗に紅葉していた。ランチタイムを摂るにはちょうど良い空間であるが、いかんせんまだ11時にもならない時間帯であったので、ここでは小休止だけにして先に進むこととした。中の甲林道からの延長の登山道を辿って行くと、自ずと台所原の森の中へと我々を誘ってくれた。森に入ると、すぐにあの重厚で胸をときめかしてくれるブナの美林が迎えてくれた。

 

 

 

〈台所原平〉

〈台所原平のノッポのブナ群〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈台所平を錦色の山肌が囲む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈台所原平から恐羅漢山の山頂方向を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈いよいよ紅葉した台所原に踏み入る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈台所原序章:重厚な森の迫力を感じ始める〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈僅か10分弱の散策でもう台所原の魅力の虜に・・・・!〉

 

 

 

 

11:07〜11:09 台所原

  台所原の魅力を言葉で表すのは意外に難しい。しかし、この原に展開するブナを中心にした森は、どの季節に来ても、どんな天気の時に来ても我々を裏切ることはない。その中でも秋の紅葉のこの季節が、最もこの森が輝く時であると思う。台所原の「銀座4丁目」ともいうべき天杉山、亀井谷、恐羅漢山への分岐となる十字路の脇に老ミズナラがある。この十字路から恐羅漢山への道を採った。この登山道沿道にもずっとブナの美林が続き、そこの樹々も紅葉が美しくなって来ていた。登山道は徐々に勾配が急になって行くが、紅葉を愛でながらのんびりと登って行った。紅葉の盛りの辺りのブナ林は黄金色を帯びていた。そこを過ぎ急坂を登り続けて恐羅漢山の稜線部に近付く頃には、もう樹々の葉は疎らになっていた。

 

 

 

〈台所原4丁目の老ミズナラ〉

〈台所原の深い〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ブナの美林が拡がる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈今、紅葉の盛りを迎えようとうする頃!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈全身黄葉した老ブナ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ブナの森を恐羅漢山へ向け登り行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈陽光が射し黄金色に輝くブナ林〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈黄金色のブナの枝張りを見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈お馴染みハグしたブナとトチの老木〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈将に黄金の森だ!〉

 

 

 

 

 

〈登り行く程にブナの葉も散ってくる〉

〈紅葉が散って空の面積が広い山頂直下の林〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈恐羅漢山の主稜線に出る〉

 

 

 

〈落ち葉の積もった登山道〉

 

 

12:21〜13:14 恐羅漢山(1,346.4m)

  恐羅漢山に着くと、広い山頂部は昼食休憩中の登山者でいっぱいであった。我々も先客が発って空いたばかりの空間で昼食を摂ることにした。皆さんから食べ切れない程の沢山のお土産を頂いた。ゆっくりと食事をしてから、まだ時間があったのでザックをデポでして旧羅漢山まで往復することとした。稜線部の樹々はほぼ落葉をしていたが、時折ドウダンツツジの真っ赤な繁みが現れ我々を喜ばせた。随分とぬかるんでいた平太小屋原を越えて旧羅漢山への緩斜面を登って行った。

 

 

 

〈賑わう恐羅漢山の山頂〉

〈山頂から北方向の山々を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈天狗石山、臥龍山、深入山などの名峰を望む〉

 

 

 

 

 

〈十方山の稜線を望む〉

〈旧羅漢山への尾根道を飾るドウダンツツジの紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈これから行く旧羅漢山のピークを望む〉

 

 

 

〈稜線部のブナはもう葉を落としていた〉

 

 

13:35〜13:49 旧羅漢山(1,334m)

  旧羅漢山には先客が2人いた。山頂の大岩の上と、その裏側の別の露岩の上にそれぞれ姿があった。我々も裏側の岩の上に上がって広見谷の向こうに開ける大きな景観を眺めた。広見山と半四郎山が眼下に見え、大きな安蔵寺山の先には小さいながらも青野山らしい円錐形の山の姿も認めることが出来た。長居も出来ないので来た道を恐羅漢山まで引き返し、山頂で仕度を整えてから下山の途に就くこととした。

 

 

 

〈旧羅漢山々頂〉

〈山頂から広見谷、広見山、半四郎山を望む〉

 

 

 

 

〈平太小屋原から恐羅漢山へと帰り行く〉

〈紅葉した対面する内黒峠へ続く尾根筋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈今盛りのドウダンツツジの紅葉!〉

 

 

 

14:26 立山尾根分岐

  下山は最短距離の立山尾根ルートを採った。スキー場への尾根を斜めに越えながら下る道を行くと、再び紅葉した樹林帯に入って行った。午後も大分時計が回って東斜面の森は概して日陰になっていたが、それでも陽光を浴びる所もあり、そこのブナ林はまた黄金色に輝いていた。ドンドンと下って行くと、やがて恐羅漢スキー場に出た。既にリフトが取りつけられており、雪が積もれば早々に「営業開始オーケー」といった風情であった。急傾斜のスキー場ゲレンデを牛小屋高原に向け下って行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈立山尾根への分岐〉

 

 

〈立山尾根にも紅葉したブナが〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈青空に立山尾根のブナ紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈恐羅漢スキー場へ下り行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈牛小屋谷を望みながら、スキー場の中を下る〉

 

 

 

15:11 牛小屋高原

  約6時間の山行を13名全員無事に終えて牛小屋高原に下山した。登山口にある東屋の上辺りの草原には青いリンドウが沢山花開いていた。秋の涼気を想わせる清々とした咲きっぷりであった。

 

 

 

〈牛小屋高原に下る〉

〈恐羅漢スキー場から内黒峠方面の山並みを見上げる〉

 

 

 

 

〈アザミ〉

〈リンドウ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈秋の午後の斜光の中を下山〉

 

 

〈横川川の魚切の滝〉

 

 

〔山行所感〕

  台所原、恐羅漢山は折々に訪ねたい山域である。春夏秋冬、いつ訪ねても楽しく、裏切られることはない。中でも秋の紅葉は特に美しい。だが訪ねるタイミングを上手く掴むのは意外に難しい。とは言え今回は中々に良いタイミングで訪ねることが出来たのではないかと思う。背中を押してくれた仲間達にお礼を言わないといけない。今回は急遽、ホームページのリンク先の「気ままな山登りさん」夫妻にも参加頂いた。今年5月のヤマシャク以来の同行であった。好天の下で素晴らしい紅葉を見る事が出来て、13名全員がそれぞれに気持ち良く楽しい山行とすることが出来たのではないかと思う。この山域はいつ来ても実に良い所だ。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2