明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

2011年正月

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ミヤマキリシマ咲く九重山(2010611日平治岳で撮影)

 

 

 

 

 

 

新春の山行は安芸宮島からスタート 駒ヶ林(509m)・弥山(535m)

広島県廿日市市宮島町

2011年1月2日(日)     チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

〈今年もここから謹賀新年〉

 

 

 

2011年の幕開けである。

例年なら元日に宮島への初詣も兼ねた登り初めの山行となるのであるが、

今年は諸般の事情から一日遅れの2日の挙行となった。

この日は年末から居座っていた寒波もようやく去って、

麗らかな好天の下での初登りとなった。

 

《山行記録》

宮島桟橋11:59・・・・12:09塔の岡下・・・・12:16大願寺・・・・12:19多宝塔12:21・・・・12:35(昼食)13:08・・・・13:40朝日観音・・・・14:06駒ヶ林(509m)14:18・・・・14:22大元公園ルート合流・・・・14:27仁王門跡14:28・・・・14:37多々良林道終点・・・・14:40奥の院分岐・・・・14:44奥の院14:49・・・・14:54多々良林道終点・・・・14:58御山神社分岐・・・・15:12御山神社15:17・・・・15:23弥山本堂・不消霊火堂15:27・・・・15:37弥山(535m)15:45・・・・16:03夕陽観音16:04・・・・16:47紅葉谷公園・・・・16:58厳島神社(初詣)17:15・・・・17:37宮島桟橋

〔総所要時間:5時間38分、昼食・休憩等:1時間28分、正味所要時間:4時間10分、歩行距離:9.9q、累積標高差±831m

 

10:59 宮島桟橋

  好天の正月2日である。宮島へ渡る連絡船は当然に賑わっていた。宮島への往きの乗客はいつもながらに皆良い顔をしていた。JR連絡船は大鳥居前に迂回してから宮島桟橋に到着した。船から吐き出された乗客の殆どは厳島神社を目指す。我々はその参道の混雑を避けて町家通りから厳島神社の背後に回り込み、参拝を終えて帰り来る人達の流れに暫し逆流して多宝塔の真下の大願寺まで一気に歩を進めた。

 

 

 

〈宮島口桟橋〉

〈宮島の陽も高く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈新春モードの宮島桟橋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈町屋通りから見る五重塔〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈厳島神社から出る初詣客〉

 

 

 

12:19〜12:21 多宝塔

  この日は多宝塔ルートで登ることにした。人の姿もなく静かな尾根筋であった。麓の大聖院や大願寺辺りからのざわめきだけが聞こえていた。10分余り登った宮島の街や海を一望する尾根の一角で昼食とした。食事中に上り下り数組の登山者が通り掛かった。食後は羊歯の中に徐々に険しくなる登山道を辿って駒ヶ林へ向かった。登山道の羊歯は綺麗に刈られており気持ち良く歩けた。凍結を心配していた駒ヶ林山頂の手前の露岩の上は何ってことなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈多宝塔〉

 

 

 

 

〈クルーズ船「銀河」〉

〈宮島桟橋を俯瞰〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈穏やかな新春の宮島〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈羊歯の道を登る〉

 

 

 

14:06〜14:18 駒ヶ林(509m)

  駒ヶ林山頂の岩盤の上には30名ほどの先客の姿があり、賑やかなことこの上ない程であった。頂上からの眺望は良かった。今年も行く予感のする岩船岳やそこへ続く尾根筋も綺麗に見えていた。賑やかな大グループが去って静かになった山頂を後にして仁王門跡まで下り、暫し時計と睨めっこをして「まだ時間はある」と奥の院へ下ることとした。よく踏まれた登山道で多々良林道終点まで下り、古い道標に誘われて奥の院へと急いだ。

 

 

 

 

 

 

 

〈賑やかな駒ヶ林山頂〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈岩船岳への稜線〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈弥山と能美の海を眺めながらマッタリと!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈仁王門跡前の十字路〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈奥の院への道標〉

 

 

14:44〜14:49 奥の院

  多々良林道の最奥部、502mピークの麓に大聖院の奥の院はある。厳島神社周辺や弥山山上の賑わいを他所に、ここは無人の静寂の境内であった。暫し堂宇の前で真言を唱えた。参詣を終えてから来た道を御山神社への分岐まで引き返すこととした。その分岐から山道に入り、弥山原生林の栂の林や樹間に駒ヶ林や焼山の岩の峰を望みながら険しい斜面をひたすら御山神社を目指して登って行った。

 

 

 

 

 

 

 

〈奥の院〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈奥の院裏手の石像群〉

 

 

 

 

 

〈多々良林道終点付近〉

〈御山神社方面への分岐〉

 

 

15:12〜15:17 御山神社

  宮島の三人の女神を祀る御山神社に参拝した。厳島神社の奥宮である。祠の前から見る502mピークや小黒神島の浮かぶ能美島西側の海はいつもながらに絶景であった。参拝を終えて裏手から小径に入り、大聖院の弥山本堂へと登って行った。今やこの本堂よりも広場の対面にある不消霊火堂の方が有名である。本堂に参り、霊火堂で白湯を戴いてから、弥山々頂への道を採った。

 

 

 

 

 

 

 

〈弥山原生林〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈御山神社〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈焼山、駒ヶ林を仰ぐ〉

 

 

 

〈御山神社前から小黒神島を遠望〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈不消霊火堂〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈弥山への道〉

 

 

 

15:37〜15:45 弥山(535m)

  午後3時半を回った時間であったが、弥山々頂の展望台には数多の人だかりが出来ていた。眺望も良く、遠く呉の市街地や雪を頂いた芸北の高嶺も望むことが出来た。暖かい日で、吹く風も山登りをしてきた身には心地良かった。冬の短日ゆえに午後3時45分となって早々に四宮ルートを下山することとした。幾つもある弥山への登山道の中で、唯一尾根筋一本だけで到達出来るル―トである。眺望は殆どないが、時折樹間から厳島神社や大鳥居を俯瞰出来た。

 

 

 

 

 

 

 

〈弥山山頂〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山頂展望台からの阿多田島、周防大島方面の眺望〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈獅子岩越しに大奈佐美島、能美島を俯瞰する、遙かに呉市街地が望める〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈四宮ルート:赤松の尾根道〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈宮島ロープウェイを俯瞰する〉

〈大野瀬戸を渡る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉谷公園へ下山〉

 

 

 

 

 

〈厳島神社裏手の賑わい〉

〈焼き牡蠣屋さんには長蛇の列〉

 

 

16:58〜17:15 厳島神社

  午後5時近くの厳島神社には昼間には御笠浜を抜けて商店街近くまで延びていた参拝者の列も消えていた。この関係者が一息吐いているような時間帯にゆっくりと参拝するのは格別なことだといつもながらに思う。参拝を終えて家路に就く頃には、大鳥居に対面出来る御笠浜辺りにも夕暮れが迫っていた。この時分の宮島も趣があってなかなかに魅力的な時間帯であると言える。商店街裏の海岸の参道を歩いて桟橋に向かった。

 

 

 

 

 

 

 

〈厳島神社〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈厳島神社回廊〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈上げ潮〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈夕暮れの御笠浜〉

 

 

 

17:37 宮島桟橋

  夜の帳が降りそうな時間に宮島桟橋に帰着した。この時間になってもJR連絡船は10分毎の初詣特別ダイヤで運行されていた。桟橋で休む間もなく船上の人となって、宮島口桟橋への帰路に就いた。

 

 

 

 

 

 

 

〈夜の帳の降りようとする宮島桟橋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈満員の乗客を乗せた連絡船〉

 

 

 

〔山行所感〕

  今年も宮島で山行のスタートを切ることが出来た。宮島は毎年来ていても、いつも新鮮である。年末から前日の元日まで寒い日々が続いていたが、この日は絶好の山行日和となった。ここ数年苦しめられた山上の積雪は今年は全て消えていた。今年のこれからの山行に向けて、これらは吉兆の証と思いたいものだ。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2