大雪を纏った芸北の白き名峰  深入山(1,153.0m)

広島県山県郡安芸太田町

 2011年1月8日(土)     仁王さん夫妻+チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

〈「いこいの村ひろしま」から仰ぐ深入山東斜面〉

 

 

 

昨年末から続いている寒波の張り出しで県北は大雪の様相である。

その県北が久し振りに晴れた週末に積雪の様子を見るために出掛けることとした。

午前7時の北広島町八幡の積雪は127センチメートルと尋常ではない量。

ずっと雪崩注意報も出ているようだ。

こんな時に打ってつけなのが深入山である。

雪崩だけに注意して、新雪を掻き分けて登ることとした。

 

《山行記録》

いこいの村ひろしま11:13・・・・11:16グリーンシャワー分岐(スノーシュー装着)11:23・・・・11:24尾根取り付き・・・・11:36(衣類調整)11:38・・・・12:38コブ・・・・12:41南登山口道合流点・・・・12:52深入山(1,153.0)12:59・・・・13:08コブ・・・・13:32尾根を外れる・・・・13:55いこいの村広島 

〔総所要時間:2時間42分、休憩等:0時間16分、正味所要時間:2時間26分、歩行距離:2.9q、累積標高差:±383m〕

 

11:13 いこいの村ひろしま

  中国道戸河内ICから国道191号線で「いこいの村ひろしま」へと走った。松原の集落を過ぎると1メートル近い雪の壁が続いていた。深入山はあくまでも白い山と化していた。いこいの村の駐車場に車を停めて入山した。グリーンシャワー方面へ続くトレースから外れて最初の尾根筋に取り付いた。ヴァージンスノーの尾根筋を我ら4人のパーティは自由奔放に登って行った。緩斜面あり、急斜面ありの深い積雪の傾斜面で雪も締まり足を踏み抜く心配もなかった。山頂直下の瘤の下辺りには雪崩の割れ目が開いていた。瘤を過ぎて、スキーヤーや登山者が描いた落書きのある広い急斜面を真っ直ぐに山頂へ向け登って行った。  

 

 

 

 

 

 

 

〈除雪した雪が堆い「いこいの村ひろしま〉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈無垢で真っ白なこの尾根を登ることに〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈締まった雪でラッセルも比較的に楽であった〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈隣の南口登山道の通る尾根には雪庇が見られた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ひたすら登り行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈雪崩の割れ目〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈頂上はあのピークのまだまだ先!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈この露岩を回り込むと直ぐに最後のコブに到達出来る〉

 

 

 

12:52〜12:59 深入山(1,153.0m)

  山頂に近付くにつれて尾根筋に冷たい風が渡るようになり、到達した山頂では晴れ渡ってはいるが針を射すような風が顔面に当たった。尋常では山に雪が積もっても山頂広場では地肌が出ているのであるが、この節の雪は山頂広場も埋めていた。四周に眺望は抜けていた。いずこも雪に覆われた寒冷な態であった。遅い昼食を摂る気も起らず、ここは早々に下山の途に就き下山後にエネルギーの補給をすることにした。

 

 

 

 

 

 

 

〈コブを越えると山頂への最後の上り〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈深入山々頂も深い積雪〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈北方に臥龍山、掛頭山が陣取る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈西方の高岳の麓には聖湖の湖面が覗く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈南方には恐羅漢山、十方山が遠望出来た〉

 

 

 

12:59 下山路へ

  下山路は暫し登って来た南東面の尾根筋を辿ってから「いこいの村」へ直接下ることとした。頂上直下の岩の瘤の先の東面の急斜面にはいつも小規模な雪崩が発生するが、この節はまだ流れ落ちてはいないもののその前兆の大きな亀裂が口を開いていた。尾根筋をその急傾斜面の遙か下方まで下ってから、尾根筋を外れてその急斜面下に回り込んで、「いこいの村」の駐車場へとドンドンと下って行った。

 

 

 

 

 

 

 

〈山頂から東方向の斜面を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈表層雪崩の割れ目〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈遙か天狗石山・阿佐山の山塊を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈赤松の疎林を抜けて下山する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈尾根を離れていこいの村へアプロ―チ〉

 

 

 

13:55 いこいの村ひろしま

  「いこいの村」の駐車場にはまだ数多の車が停められていた。九州から来たスキーバスも数台停まっていた。山中にはまだまだ多くの人達が入っているようであった。好天下で、気温も徐々に上がってきており、絶好の雪山日和といったところか!とは言え、除雪された雪が山のように積まれた「いこいの村」周辺には昼食を摂る場所も見付からず、結局は車で戸河内IC近くの町営駐車場まで下ってからやっと食事となった。

 

 

 

 

 

 

 

〈「いこいの村ひろしま」へ一気に下る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈「いこいの村ひろしま」に下山〉

 

 

 

〔山行所感〕

  深入山を始めとする西中国山地の積雪は、近年稀に見るほどの深さであった。これだけ積もっておれば、雪崩の危険のある所を除けば深入山のほぼ何処でも歩くことが出来た。今回は新雪の南東の尾根筋を初めて登った。小尾根で緩急織り交ぜた傾斜面であった。これだけの雪となった今冬であるが、これを契機にまだ何度かの雪山歩きをすることになる。快適で楽しい雪の山が続くことを願うものである。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2