ちょっと気の早い スプリング・エフェメラル2011

 

2011年2月19日(土)

 

春先あるいは春の一瞬に、はかなくも短い命を惜しむように美しく山野に咲き、

咲き終わると密やかに消えてゆく小さな花たちを

スプリング・エフェメラルと総称する。

立春が過ぎたとは言え、今年は雪が多く春の訪れは遅れ気味のようである。

昨年の今頃は早春の妖精のような花々も咲き誇っていたが、

今年は一部の花たちがやっと咲き始めたとの情報に、

ちょっと気が早過ぎるかとは思ったもののそれを確認に出掛けてみた。

 

ユキワリイチゲ

広島県三次市吉舎町安田

 

自生地には例年保護会の方々が立ち会っておられるが、

今年はまだ花期にあらずとうことで無人であった。

それでも捜してみると、日当たりの良い崖の下の裾辺りに、

小さいながらも膨らみ始めた蕾を幾つか見付けることができました。

殆どの蕾はまだ小さめで、花開くのはまだまだ先になるようでした。

 

 

 

 

 

 

 

〈小さいながらも開き始めたユキワリイチゲ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈この花の開花は春の訪れを告げてくれる!〉

 

 

〈見事に二輪揃って咲き始めたようだ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈春に向かってエネルギーを思い切って発散しようとしているかのよう・・・〉

 

 

 

 

セツブンソウ

広島県庄原市総領町中領家

 

庄原市総領町内に幾つかある自生地の中で唯一咲いていたのが領家八幡神社横の自生地でした。

北面の自生地にはまだ雪が残っているところもあり、花期を迎えるのはまだかなり先になるように思えました。

今年の自生地の公開期間は2月12日()〜3月13日(日)で、3月6日(日)が節分草祭とのことです。

3月に入ってからが見頃かもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

〈蕾となった株もまだ少なめでした〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈纏まって咲いていたのは数カ所だけでした!〉

 

 

 

 

 

〈日当たりの良い最下段に咲いていました!〉

〈やはり、この花も春の訪れを感じさせてくれます!〉

 

 

 

福寿草

広島県庄原市総領町下領家

 

庄原市総領町下領家にある道の駅「リストアステーション」の田総川を挟んだ対岸の園地に例年福寿草が咲きますが、

今年は山陰にまだ雪が残り、やっと土から花芽が姿を現そうとしているところでした。

きっと、セツブンソウが見頃の頃にきれいに咲き揃うのではないでしょうか・・・!?

 

 

 

 

 

 

 

〈雪の間に芽生える福寿草〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈道の駅にあった園芸種の福寿草〉

 

 

 

〔山行所感〕

  立春から1週間経ったが、広島県北の山々には1メートルを超える雪が残り、今年はまだまだ春遠しの感がする。里への春の訪れもやはり遅れ気味で、その代表格であるセツブンソウもまだチラホラを咲き始めたという情報であった。訪れてみて、まだ些か早過ぎるものの、これら早春の妖精のような花々の開花に接して、春の訪れを現実感を持って感じることが出来るようになった。そう思えば、日差しにも春の趣きが感じられるようである。種々雑多な現象面の陰で、季節の刻みは確実に進行しているようである。

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2