霧の流れる山上のお花畑へ 皿ヶ嶺(1,278m)

愛媛県東温市・上浮穴郡久万高原町

 2011年7月31日(日)      門久単独

 

 

 

 

 

 

 

                               〈霧の流れる竜神平に咲くハンカイソウ〉

 

 

 

4週間振りに皿ヶ嶺の山上を歩いてきました。

この前に2週間の間隔でもなりの変化でしたから、4週間となるとどんな大変化であろうかと楽しみにしての山行でした。

天気はやや不安定な日で、登る程にガスに巻かれるようになりましたが、

その霧の流れる山上のお花畑は夏の花々が百貨繚乱といった風情で咲き誇っていました。

 

《山行記録》

上林森林公園駐車場9:54・・・・10:00風穴10:05・・・・10:41ベンチのある休憩所10:42・・・・10:50上林峠方面分岐・・・・10:54竜神平11:16・・・・11:43皿ヶ嶺山頂(1,278m)(昼食)12:09・・・・12:15皿ヶ嶺三角点(1,270.5m)・・・・12:25十字峠・・・・12:47引地山分れ・・・・13:03メイン登山道合流・・・・13:16上林森林公園紫陽花ロード・・・・13:26上林森林公園駐車場  

〔総所要時間:3時間32分、昼食・休憩等:0時間54分、正味所要時間:2時間38分、歩行距離:6.5q、累積標高差:±602m

 

 9:54 上林森林公園

  山の麓は晴れていたものの、皿ヶ嶺連峰には暑い積乱雲が不気味に発達しているのが見てとれた。それでも、上林森林公園まで上がってみると、沢山の登山者や納涼客の姿があった。この日は素直に正面登山道を登ることとして、先ずは風穴に赴いてみると、ヒマラヤの青い芥子を一輪だけ見ることが出来た。急斜面にジグザグを描く登山道を登って行くと、そこは満開となったギンバイソウの天下で、まるでギンバイソウ・ロードというよりギンバイソウ・ワールドといった風情であった。高度を徐々に稼いでベンチのある休憩所まで上がって小休止を取ると、その先でガスの中に突入することとなった。竜神平はもう近かった。

 

 

 

〈積乱雲立つ皿ヶ嶺〉

〈上林森林公園から出発〉

 

 

 

 

〈涼を取る人達や登山者で賑わう風穴〉

〈登山道から紫陽花園を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                        〈登山道を飾るギンバイソウ(ユキノシタ科)の群生〉

 

 

 

 

 

〈ピンク色の萼のギンバイソウ〉

〈満開のギンバイソウ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈将にギンバイソウ・ロードだ!〉

 

 

 

 

 

〈ウバユリ(ユリ科)〉

〈樹幹から霧に霞む松山平野を望む〉

 

 

 

 

〈クサアジサイ(ユキノシタ科)〉

〈ヤマトウバナ(シソ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈夏の日曜日ゆえに登山者の数も多い〉

 

 

〈ガスが巻き始めた登山道を行く〉

 

 

 

 

〈ブナ林もガスに包まれたようだ〉

〈笹原の中の道を行く登山者の列〉

 

 

10:54〜11:16 竜神平

  竜神平に着くと、そこは時折ガスが流れる程度で、ガスの稜線部を輪郭にした伸び伸びとした湿原の景観が見られた。緑なす湿原に大柄なハンカイソウの花が点在しているのが印象深かった。ここでお会いした地元の写真家が「この原っぱの中の花の写真を撮りに来た」という。ちょっと見には、ハンカイソウ以外の花は見えていなかったが、草叢の中を注意深く見ると沢山の花々の姿があった。「この湿原の中を歩いて良いのか?」と問うてみると、「湿原の乾燥化が顕著な中で復元が課題になっており、入らない方が良い・・・」との返事であった。とは言え、既に真夏の花々が咲き乱れている時分ゆえ草叢には写真撮影が目的と思える踏み跡があちこちに延びていた。私も20分近く花々を追っている間に、遂に竜神平にも大量のガスが流れ込んで来て真っ白な世界となってしまった。そのガスに追われるように、ブナ林の中を皿ヶ嶺山頂へと向かった。

 

 

 

 

 

 

 

                                            〈霧の湧く竜神平〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                〈ハンカイソウ(キク科)咲く竜神平の草叢には多くの花々が咲く〉

 

 

 

 

 

〈ヒオウギ(アヤメ科)〉

〈オトギリソウ(オトギリソウ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈タチカモメヅル(ガガイモ科)〉

 

 

 

〈ヌマトラノオ(サクラソウ科)

 

 

 

 

〈コバギボウシ(ユリ科)

〈アキノタムラソウ(シソ科)

 

 

 

 

〈サワヒヨドリ(キク科)〉

〈モミジガサ(キク科)〉

 

 

 

 

〈ガスに覆い尽くされた竜神平〉

〈笹の林床のブナ林〉

 

 

11:43〜12:09 皿ヶ嶺山頂(1,278m)

  皿ヶ嶺山頂にはこの日も大勢の登山者の姿があった。いつもながらに皆さんよく喋っておられ、伊予弁のイントネーションが耳をくすぐった。到着早々は霧の中に大川嶺の姿が覗いていたが、直ぐにそれも霧に隠されてしまった。丸太のベンチの一角に座って昼食を摂った。後で隣に座られた方が、今年の424日にお世話になったNさんであった。嬉しい再会であった。昼食を終えた頃に、ポツリポツリと雨粒が落ちて来るようになったので、早々に下山の途に就くことにした。やや雨脚が強くなって行ったが、十字峠へ下る道は桧林と自然林の境目ながらも樹林の中で、雨に濡れることはなかった。

 

 

 

〈今日も大勢の登山者で賑わう皿ヶ嶺山頂広場〉

〈山頂から久万高原町方面を望む〉

 

 

 

 

〈ウツボグサ(シソ科)〉

〈ホタルブクロ(キキョウ科)〉

 

 

 

 

〈ミズヒキ(タデ科)〉

〈皿ヶ嶺の二等三角点〉

 

 

 

 

〈ヒヨドリバナ(キク科)〉

〈ウマノアシガタ(キンポウゲ科)〉

 

 

12:25 十字峠

  十字峠辺りまで下って来るとガスに巻かれて、森の中は薄暗くさえ感じられた。峠からの尾根筋の東温市側は豊潤なブナ林であるが、本格的な雨になったようでそのブナ林に霧が立ち込めて幽玄な風情を醸しだしていた。ザックにカバーして、折り畳み傘を差して歩いた。引地山分れの先から北斜面の急傾斜地を下って行くが、その辺りまで来ると雨もほぼ止んでくれた。その急坂の両サイドにもギンバイソウの大花園が拡がっていた。やがて正面登山道に合流しジグザグを描いて下って行った。帰路は風穴には寄らず、途中からの間道を採って紫陽花ロードに下り、車道に沿って駐車場まで下って行った。

 

 

 

 

 

 

 

                                                  〈十字峠〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈霧に巻かれたブナの深い森〉

 

 

〈深い霧の中を行く登山者〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ブナ古木〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈再びのギンバイソウ・ロード〉

 

 

 

 

 

〈メイン登山道に合流する〉

〈ヤマアジサイ・ロードを行く〉

 

 

13:26 上林森林公園

 

 

 

 

 

 

 

                                            〈遅咲きの紫陽花〉

 

 

 

 

 

〈タマアジサイ(ユキノシタ科)〉

〈ハガクレツリフネ(ツリフネソウ科〉

 

 

 

 

〈キツネノカミソリ(ヒガンバナ科)〉

〈上林森林公園駐車場〉

 

 

〔山行所感〕

  毎度、毎度の皿ヶ嶺という感じではあるが、山の風情も、お花畑の花々も4週間の間にすっかりと変わって全く別の山のようであった。この日は、天気も猫の目のように変わったが、3時間半程の間に、多彩なものを見たという印象が強かった。次の機会にも、また違った姿を見せてくれること間違いないと確信を持って言えるようになった。皿ヶ嶺というところは、楽しみの増す、良い山だと改めて思った次第。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2