秋の花咲く四国の花の山を散策 皿ヶ嶺(1,278m)

愛媛県東温市、同県上浮穴郡久万高原町

2011年10月2日(日)    門久単独

 

 

 

 

 

 

                             〈樹々が幾分色付きかけた皿ヶ嶺の稜線〉

 

 

 

この日午前中に時間が出来たので秋の花々の咲く皿ヶ嶺を歩いてみることにした。

登山道具は愛車の中に積んであった。

8月末以来の皿ヶ嶺であった。

朝の上林森林公園の駐車場は思いの外閑散としていたが、

3時間程の秋の花巡りの散策を終えて下山する頃には、数多の車が停められていた。

家族連れの姿も多く、この山の人気の程が窺われた。

 

《山行記録》

駐車場9:07・・・・9:09風穴9:11・・・・9:30十字峠方面分岐・・・・9:56ベンチのある休憩所・・・・10:04竜神平方面分岐・・・・10:21上林峠方面方面分岐・・・・10:40竜神平10:48・・・・11:10皿ヶ嶺(1,278m)11:14・・・・11:19皿ヶ嶺三角点(1,270.5m)・・・・11:29十字峠・・・・11:44引地山分れ・・・・11:55風穴直行道分岐・・・・12:15風穴・・・・12:20駐車場 

〔総所要時間:3時間13分、休憩等:0時間14分、正味所要時間:2時間59分、歩行距離:6.7q、累積標高差:±620m〕

 

 9:07 駐車場(風穴直下) 

  上林森林公園の駐車場が閑散としていたので、風穴直下まで車で上がってみると、そこも2台の先客がいるのみで悠々と路側に駐車することが出来た。昼頃には下山する約束をしていたので、この日は花々を見ながら正面ル―トを登り竜神平を横断し、十字峠から引地山分れを経由して下って来る計画とした。風穴に寄ってから、ジグザグに北面を登る正面登山道に入った。早速にアキチョウジとハガクレツリフネソウの群生が迎えてくれた。登る程にシコクブシの花が現れて、秋の山らしい気分になれた。そのうちに、小振りなレイジンソウも姿を見せてくれた。北面の巻き道の路傍にサラシナショウマやジンジソウがまだ残っていてくれたのも嬉しかった。木製のベンチが並んだ休憩ポイントを過ぎると、登山道はブナ林へと入って行った。豊かな緑の森は幾分黄色みを帯びてきているようであった。

 

 

 

〈穫り入れの終わった麓から皿ヶ嶺を仰ぎ見る〉

〈風穴入口〉

 

 

 

 

〈アキチョウジ(シソ科)〉

〈オタカラコウ(キク科)の咲く風穴〉

 

 

 

 

〈皿ヶ嶺登山口〉

〈ハガクレツリフネソウ(ツリフネソウ科)はまだまだ健在〉

 

 

 

 

〈モミジガサ(キク科)

〈シロバナのシコクブシ(キンポウゲ科)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈シコクブシ(キンポウゲ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈お花畑の斜面をトラバース気味に登り行く〉

 

 

 

〈オタカラコウ(キク科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈レイジンソウ(キンポウゲ科)

 

 

 

 

 

〈シロヨメナ(キク科)

〈オオバショウマ(キンポウゲ科)〉

 

 

 

 

---

〈ジンジソウ(ユキノシタ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈豊かな森の中を行く〉

 

 

 

〈樹間から上林を俯瞰する〉

 

 

 

 

〈シシウド()(セリ科)〉

〈ギンバイソウ(実)(ユキノシタ科)〉

 

 

 

 

〈マムシグサ(サトイモ科)〉

〈ヤマボウシ(実)(ミズキ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈ベンチのある休憩所〉

 

 

 

10:21 竜神平方面分岐

  竜神平までもう数分という尾根筋に道標が立っており、直進すれば上林峠、右折すれば竜神平となる。皿ヶ嶺山頂への順路は右の道であるが、ここはひとまず上林峠への道を採って、途中から右折して竜神平を横断してから順路に合流することとした。北面の稜線上を行く道筋は広々としたブナやミズナラの森で気持ちの良い所であった。森の樹々は幾分秋色に色づいてきていた。15分ばかり行くと右手の森を抜けて竜神平へと導いてくれる道が分岐していたのでその道へ入った。笹原に覆われた綺麗な森の中の道を行った。赤松やミズナラ樹々も美しい。森を抜けると竜神平であった。正面に皿ヶ嶺の山頂部が望めた。竜神平の中ほどの道は除草が出来ておらず、ススキや笹を掻き分けながら行くこととなった。その草叢にアキノキリンソウと共にリンドウに花が沢山見られた。愛大小屋の周辺にはリンドウの姿は見えなかったので、どうも竜神平の横断を意図して成功であったようだ。

 

 

 

〈竜神平と上林峠への分岐:今日は上林峠への道を採った〉

〈広々とした稜線部を行く〉

 

 

 

 

〈稜線上の道を外れて竜神平への道に入る〉

〈赤松やミズナラ、笹原の美しい森を歩く〉

 

 

 

 

〈竜神平へ出て皿ヶ嶺の山頂部を仰ぐ〉

〈秋色のグラデーションが目立ち始めた竜神平付近の斜面〉

 

 

 

 

〈アキノキリンソウ(キク科)〉

〈草叢の中に咲くリンドウ(リンドウ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ヤマラッキョウ(ユリ科)〉

 

 

 

〈ススキの繁った竜神平を行く〉

 

 

10:40〜10:48 竜神平

  愛大小屋の周辺にはオタカラコウが見事に咲いていた。また周囲の森は紅葉の走りと言ったところで、樹種によって微妙に色合いの違うグラデーションが見られた。本格的な秋近し・・・・であった。愛大小屋前で皿ヶ嶺は初めてというご夫妻に山頂への道を尋ねられたので、行く道は一緒なので案内することとした。山頂への道の通る東面のブナ林も秋への準備段階といったところであった。高い山々には霧が立ち込めているようで、樹間から眺められる筈の石鎚山などの遠くの峰々は望むことが叶わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

                                        〈竜神平・愛大小屋付近〉

 

 

 

 

 

〈ミゾソバ(タデ科)〉

〈秋の風情の漂い始めた登山道〉

 

 

 

 

〈秋の風の渡る竜神平〉

〈竜神平を囲むブナ林〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈周囲の山々はガスに巻かれ眺望不良〉

 

 

 

〈板敷が整備された皿ヶ嶺への登山道〉

 

 

11:10〜11:14 皿ヶ嶺(1,278m)

  山頂への道で多くの登山者と行き交ったせいか、山頂には4人の先客がいるだけであった。低く垂れこめた雲に四国カルストなども望めず眺望は不芳であった。時間は既に午前11時を回っており、昼に下山するにはもうゆっくりする余裕はなかった。早々に下山の途に就くこととした。 下山時にも花々を楽しもうと、十字峠から暫し稜線部を辿り引地山分れから北面を真っ直ぐに風穴へ下ることとした。稜線部では多くの登山者と行き交った。この比較的人通りの少ないこのルートでもそうであるから、昼を前にして山全体ではかなりの登山者数になっているようであった。樹々が色変わりを始めた稜線部から北面の急傾斜地を下り始めると、ここでもアキチョウジとハガクレツリフネソウ、シコクブシ、レイジンソウなどの群生が見られた。

 

 

 

〈曇天下の皿ヶ嶺山頂〉

〈山頂から南方向の眺望〉

 

 

 

 

〈十字峠〉

〈稜線部から木立越しに上林の集落を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                              〈早くも色付き始めた稜線部のブナ古木〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈いつしかこんなところにベンチが置かれていた!〉

 

 

 

〈稜線部の登山道を行く登山者グループ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈重厚なブナの森〉

 

 

〈樹間から上林森林公園を俯瞰する〉

 

 

 

 

〈再びアキチョウジの花園が拡がってきた〉

〈相変わらずハガクレツリフネソウも多い〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈巨木の森を抜けて風穴へと下り行く〉

 

 

12:15 風穴

  昼過ぎの風穴は無人であった。夏には穴を取り囲むように避暑客で賑わっていたことを思えば寂しい限りであった。静寂の中を、いつもは仲々に通ることのない木組みのペデストライアン・デッキを歩いて下ることとした。高みから見る周囲の森の景観も仲々のものであった。デッキを降りると、駐車場所は目と鼻の先であった。

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈風穴とその側の東屋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈アキチョウジとオタカラコウのお花畑〉

 

 

 

 

 

〈ペデストリアン・デッキを歩いてみる〉

〈風穴直下の駐車場〉

 

 

〔山行所感〕

  1か月余振りの皿ヶ嶺であった。その間に夏が去って、初秋から本格的な秋に移ろうとする季節を迎えていた。皿ヶ嶺の花々も同様で、今秋の花々が咲き揃い始めていた。さすが花の山、この季節も山の所々で多様、多彩は花達にめぐり合うことが出来た。竜神平の横断をしても3時間jほどでゆっくりと周回出来るこの山は、実に手頃な散策の山であると言える。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2