紅葉美しい東稜から登る 石鎚山(1,982m)

愛媛県西条市・愛媛県上浮穴郡久万高原町

2011年10月9日(日)    チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                                  〈広葉樹が紅葉した東稜を登り行く〉

 

 

 

10月になると山の紅葉が気になり始める。

3連休に四国へ渡ったので、ここは石鎚山に登ってみることとした。

秋の石鎚山としては、4年前に歩いた東稜の紅葉が思い起こされた。

その時の紅葉はやや遅きに失したが、今回はそれより1週間以上も早い時期であった。

美しい紅葉への期待と早過ぎるかとの危惧の念の入り交じった気持ちでの山行であったが・・・、

その結果は「吉」であったようだ。

 

《山行記録》

駐車場所8:06・・・・8:14土小屋8:19・・・・9:02休憩所9:04・・・・9:27東稜基部9:31・・・・10:16矢筈岩・・・・10:34小ピーク10:38・・・・11:05南尖峰直下・・・・11:11南尖峰(1,982m)11:14・・・・11:22墓場11:28・・・・11:34南尖峰(1,982m)(昼食)12:07・・・・12:18天狗岳(1,982m12:24・・・・12:59弥山13:03・・・・13:25二の鎖小屋跡13:27・・・・13:54東稜基部13:59・・・・14:55土小屋15:01・・・・15:11駐車場所

〔総所要時間:7時間05分、昼食・休憩等:1時間20分、正味所要時間:5時間45分、歩行距離:11.2q、累積標高差:±1,259m〕

 

8:14〜8:19 土小屋

石鎚スカイラインは午前7時から通行可能となる。松山から国道33号線の御三戸(みみど)を経て面河渓入口でスカイラインに達し、午前8時前に登山口の土小屋に着いた。土小屋の駐車場はスカイラインが開通して一時間も経たないのに既に満車のようで、すぐ前の先行車は土小屋の手前数百メートルの道路脇の退避所に並んだ車列に寄せていた。わが愛車もそこに停めた。

暫し車道を歩いて土小屋へ。夥しい車と登山者で溢れていた。ここで身支度を整えて、石鎚山遙拝所に参拝してから二の鎖小屋に向かう登山道に入った。鶴ノ子ノ頭の北面を巻くと熊笹の中にシコクシラベが点在する美しい尾根筋に出た。行く手に石鎚山の岩稜が徐々に大きくなって行った。朝から靄にやや霞んでいた山体も徐々に色彩が鮮やかになってきた。この日登る予定の東稜は鮮やかな紅に染まっているようで、期待が大きくなってきた。

 

 

 

〈駐車場は早々に満杯、数百メートル離れた退避所に停める〉

〈登山口の土小屋(標高1,492m)

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈土小屋から霞む石鎚山を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉を始めた樹々の先に瓶ヶ森を望む〉

 

 

 

〈鶴ノ子ノ頭の北面を巻く登山道〉

 

 

 

 

〈登山道を行く程に石鎚山が大きくなる〉

〈どこかのテレビ局がロケ中〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                           〈好展望地からこれから登る東稜を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈紅く色付いたナナカマドと石鎚山〉

 

 

 

 9:27〜9:31 東稜基部

土小屋から一時間余で東稜への分岐の小広場に着いた。丸太のベンチがあり、多くの登山者が休憩をとっていた。ここで一般登山道と分かれて左手の稜線への踏み跡に入って行った。四年前には薄かった踏み跡も今では随分とはっきりとしてきていた。最近ではかなりよく踏まれているようだ。この日もかなり大勢のグループが先行しており、我々の前後にも幾組かの同好者の姿があった。暫しシヤクナゲの多い樹林の尾根筋を辿った。登る程に樹々の紅葉が美しくなって行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈石鎚山北壁が不気味に聳える〉

 

 

 

〈程良く紅葉した険しい東稜〉

 

 

 

 

〈東稜基部の休憩所を後に稜線の踏み跡に入る〉

〈早速に真紅なドウダンツツジが現れた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                    〈紅葉した稜線部越しに弥山々頂の石鎚神社を遠望する〉

 

 

 

 

 

〈登り行く樹林の先に南尖峰の岩壁が聳える〉

〈峻嶮な岩の壁を紅葉が彩る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈樹林の中の急傾斜面を登り行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈まだまだ山頂までは遠くて険しい・・・〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                 〈峻嶮な尾根筋であるが多彩な眺望に思わず歩みと止める!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                        〈岩と紅葉の樹林の織り成す見事なハーモニー!〉

 

 

 

10:16 矢筈岩

東稜に取り付いて30分程で行く手に熊笹で囲まれた尖峰群を見渡せる高台があった。この日は2人のカメラマンがそこを占拠して、紅葉で彩られたその景観を独占しようと目論んでいるようであった。その尖峰の一つが矢筈岩である。東稜はその辺りから斜度を急に増して、笹や灌木に掴まらないとずり落ちそうになってきた。喘ぐように、その急傾斜面を登って行くと、南尖峰の全貌を仰ぎ見ることの出来る小ピークがあった。そこから見事な紅葉と岩の織り成す眺望を楽しんだ。ここまで登って来れば山頂部はもう近い。直ぐにカニの横這いがあり、際どい細尾根を南尖峰直下の岩場へと渡った。岩の急斜面をひと登りすれば、もう南尖峰の稜線直下であった。この日の最難関の岩場を登れば山頂に到達する筈であったが、そこでは先行グループが渋滞していた。

 

 

 

 

 

 

 

                     〈紅葉に彩られたクマザサの被さる急傾斜面を登り行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈この彩りは何に譬えようか!?〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈尖峰の間を負傷者救援のヘリコプターが飛ぶ)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈これはもう芸術品!)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                            〈この尖峰の間の急傾斜地を登って来た!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         〈小ピークから紅葉した山頂部の岩峰を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈峨々とした岩の尖峰を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                               〈南尖峰全景〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        〈紅葉に彩られた岩尾根〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈南尖峰直下の岩場〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       〈登り来た東稜を振り返る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈最後の難関は助け合って登る)〉

 

 

11:11〜12:07 南尖峰(1,982m)

難関の最後の岩場も先行グループの人達と共に楽をして越えることが出来た。本来はザイルの欲しい所であるが、この日は使うこともなかった。頂稜部の紅葉も素晴らしかった。ここで四年前の宿題を果たすことにした。墓場尾根の探索である。ザックを頂上に残して10分間ばかり南尖峰から南に急峻に下る墓場尾根を降りて行き、スラブの途中に際どい足場を確保して紅葉した灌木に包まれた墓場を見た。南尖峰に登り返し、天狗岳から先は大混雑している様子であったので、南尖峰の岩の間で昼食を摂った。

 

 

 

〈登り切った岩尾根からカニの横這いの岩場を下ろす〉

〈南尖峰の山頂部〉

 

 

 

 

〈南尖峰から南に下る墓場尾根の柱状節理「大砲岩」〉

〈墓場尾根を下って大砲岩を下から見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈紅葉に彩られた墓場尾根〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈急傾斜面に陣取って墓場を覗き込む登山者〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈紅葉に包まれた墓場〉

 

 

 

 

 

西ノ冠岳、二ノ森、クラセの頭と続く主稜線

〈紅葉した樹々越しに墓場尾根を振り返る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南尖峰から天狗岳、弥山を見通す

 

 

〈南尖峰から天狗岳を望む〉

 

 

12:18〜12:24 天狗岳(1,982m)

南尖峰のピークを越えると紅葉に彩られ、登山者で溢れた天狗岳と弥山が見渡せた。これほどの登山者を石鎚山で見たことは過去になかった。登山者の間を分けるようにして天狗岳のピークを越えて弥山への尾根道を採った。弥山手前では上り下りの登山者の列が大渋滞を起こしており、そこを通過するのに30分ほどを要する始末であった

 

 

 

〈天狗岳の山頂部の先に弥山々頂が覗く〉

〈天狗岳直下の紅葉した北壁と夜明峠への北尾根を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈天狗岳の北面をアップ!)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈賑わう天狗岳山頂の岩場〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈弥山への尾根筋から天狗岳を振り返る)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈天狗岳南面の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                               〈天狗岳からの尾根筋から弥山を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈尾根筋を真っ赤に飾るドウダンツツジ〉

 

 

 

〈弥山への尾根筋は大渋滞!〉

 

 

12:59〜13:03 弥山

渋滞を抜けて辿り着いた弥山山頂は、芋の子を洗うような大混雑状態であった。狭い山頂広場から石鎚神社の社殿前の階段上まで人が通るのがやっとという人混みとなっていた。この混雑の中に長々といる気はせず、早々に下山の途に就くことにした。下山路は午前中に三の鎖で滑落事故があったという鎖場の巻き道。二の鎖小屋まで北壁下に張り出すように設えられた危なげ桟道を下った。

 

 

 

 

 

 

 

                               〈登山者がこぼれ落ちそうな弥山々頂〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    〈弥山から見た登山者の列が延びる天狗岳への尾根筋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ブナの葉も紅葉し始めた弥山からの下山道〉

 

 

〈弥山北面の巻き道から夜明峠方面を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                       〈午後になって日陰となった石鎚山北壁を仰ぎ見る〉

 

 

 

13:25〜13:27 二の鎖小屋跡

ショックであったのは二の鎖小屋が跡形もなくなり完全な更地になっていたことであった。この夏と秋の台風12号、15号の被害であろうか?二の鎖下の鳥居からは土小屋への一般登山道を辿った。登山道から見上げる石鎚山の北壁は、日陰となって静寂の中でそそり立っていた。

 

 

 

〈二の鎖小屋は取り壊されて空き地となっていた〉

〈二の鎖下から右に折れて土小屋への道を採る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈石鎚山北壁の紅葉〉

 

 

 

 

 

〈名残のイヨフウロ(フウロソウ科)

〈午後になって石鎚山北面から霧が立ち昇ってきた!〉

 

 

 

 

〈土小屋方面も北面から霧が立ち昇る〉

〈リンドウ(リンドウ科)

 

 

14:55 土小屋

やがて北壁一帯に霧が立ち籠め始め、我々が土小屋に帰着した頃には、石鎚主稜の北面から濃い霧が立ち昇っていた。鮮やかな紅葉の色彩もモノクロームの世界に消えていた。

 

 

 

〈車で大混雑の土小屋〉

〈靄と立ち昇る霧で霞む午後の石鎚山〉

 

 

〔山行所感〕

紅葉はどんな具合かと気にしながら訪ねた石鎚山であったが、ちょうど見頃の紅葉に巡り逢えて幸運であった。また懸案であった墓場尾根の探索も果たすことが出来て満足度はアッブした。しかしかつて静かだった東稜は長々と渋滞待ちが出来る程に賑わっていた。数年の間の様変わりに驚くこと頻りの山行でもあった。人気の山故に静かな山行などはこの山では望みようがないのであろうか。しかし、良い山である。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2