紅葉の季節を迎えた信仰の岩峰 両神山(1,723.0m)

埼玉県秩父郡小鹿野町、同県秩父市

2011年10月16日(日)     チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                        〈産泰尾根から紅葉した両神山頂稜部を仰ぎ見る〉

 

 

 

紅葉の東北地方の山を訪ねたいと腹案を温めてきていた。

天気予報の情報を追いながら出掛ける時期を探っていたが、

そろそろ限界と思えたこの週末になっても、

お目当てとしていた東北地方日本海沿いの天気予報は相変わらず不芳!

ならば、第2案の関東地方に狙いを定めて、愛車を駆って晴れた山域を求めて広島を出発した。

先ずは、秩父を目指した!

 

《山行記録》

日向大谷登山口7:24・・・・7:29入山届7:30・・・・7:32鳥居・・・・8:01七滝沢コース分岐・・・・804会所()・・・・8:08(衣類調整)8:11・・・・9:06八海山・・・・9:20白藤の滝分岐・・・・9:36弘法の井戸9:38・・・・9:50清滝小屋10:01・・・・10:13七滝沢コース合流(鈴ヶ坂)・・・・10:23産泰尾根10:28・・・・10:48横岩・・・・11:04両神神社11:06・・・・11:07御嶽神社・・・・11:46両神山(剣ヶ峰)(1,723.0m)12:36・・・・13:04両神神社・・・・13:35産泰尾根13:38・・・・13:54清滝小屋14:01・・・・14:21白藤の滝分岐・・・・14:30白藤の滝14:49・・・・15:00白藤の滝分岐・・・・15:09八海山・・・・15:53七滝沢コース合流・・・・16:31両神山荘16:34・・・・16:39日向大谷登山口  

〔総所要時間:9時間15分、昼食・休憩等:1時間46分、正味所要時間:7時間29分、歩行距離:14.5q、累積標高差:±2,283m

 

7:24 日向大谷登山口

  秩父は広島からは遠い。東京を経由すれば便利であるが、そこまでして行く気が仲々起らないのも事実だ。今回は中央道を東進し甲府昭和ICで降り、雁坂トンネルを抜けて秩父の三峰口に出て、県道37号線で小鹿野町に入った。カーナビの目的地に「日向大谷」(ひなたおおや)を合わせて、町の中心街を左折して県道279号線に入り、最奥まで車を駆ると両神山登山口の日向大バス停に到達出来た。広島の我が家から830キロメートル。そこに第1駐車場も設置されており、先客の車が1台停められていた。

 

  身支度を整えている間に登山者の車が続々とやって来た。未明までの大雨が上がって、後は好天となるとの予報に勇気付けられた人達であろう。駐車場右手の登山口から階段道を上って行くと民宿「両神荘」の下に出た。指導標に従ってそこを左折して登山道に入ると直ぐに入山届のポストと手動の入山者数のカウンターがあった。すぐ先で鳥居を潜ると本確的な登山道となった。早速に観蔵行者像などが迎えてくれる。この道は山上に祀られている両神神社本社への表参道でもある。この先多くの石像や丁石などが数多設置されていた。道は薄川の深い谷に沿った山腹を遡って行った。登山口から30分余で七滝沢を右に分けると、今度は薄川を幾度も渡渉しながら高度を増していった。登山口から約1時間半、登山道が薄川の川床を離れて産泰尾根(うぶたいおね)の山腹の急坂を登り始めたところに「八海山」の指導標が立っていた。

 

 

 

〈日向大谷登山口:続々と登山者がやって来る〉

〈登山口から階段の道を上ると民宿「両神山荘」がある〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈鳥居を潜り表参道(登山道)を登り行く〉

 

 

〈老杉の足許を行く登山道〉

 

 

 

 

〈七滝沢コースを右に分ける〉

〈会所で七滝沢を渡る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈信仰登山の山らしく多くの石造が路傍を飾る〉

 

 

〈薄川を幾度か渡渉しながら登り行く〉

 

 

 

 

〈広々とした薄川の谷間〉

〈樹林に包まれた深い谷間でもある〉

 

 

 9:06 八海山

  八海山と呼ばれているが山の頂ではなかった。大頭羅神王の石像が祀られた傾斜地の中のちょっとした踊り場であった。ここを過ぎると厳しい急坂が続いた。周囲の樹々もそれまでの緑色の夏装束から、幾らか色付いてきて秋の装いに変わろうかという気配が感じられるようになってきた。深い谷の上に覗く狭い空は、いつの間にか綺麗に晴れていた。陽光が射す森は一際美しくなった。急坂の道に白藤の滝への分岐点や弘法の井戸などが現れた。石像や丁石が相変わらず多く、如何にも信仰目的の参道の雰囲気が濃かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈薄川を離れて巻き道に入ると「八海山」だ!〉

〈八海山に祀られた大頭羅神王〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈急傾斜面から覗く天空は晴れてきたようだ・・・!〉

 

 

〈八海山から上は急坂が続く〉

 

 

 

 

〈徐々に色付き始めた樹々が多くなってきた〉

〈弘法ノ井戸〉

 

 

 9:50〜10:01 清滝小屋

  厳しい急坂登りを続けていると先ず綺麗に色付いた懸崖が、次いでその下に建つ清滝小屋が目に飛び込んできた。険しい山中にあって立派な建物で、営業期間を外れて今は休業中であった。水道の通じた休憩舎で長い休憩を取った。小屋の裏手からの登山道は一段と傾斜度を増した急坂であった。道はジグザグを描きながらそこを上って行き、坂の途中で七滝沢からの道を合わせた。鈴ヶ坂と呼ばれるこの坂を登り切ると産泰尾根の尾根筋に出た。そこには圧巻が待っていた。この日初めて見る両神山の頂稜部が眼前に現れ、それが何と見事に紅葉していたのであった。期待を超える絶景に暫し言葉を失った。そこからの産泰尾根筋の道はこれまた険しい岩の道であった。鎖場が断続的に続いた。途中に横岩と呼ばれる大きな岩もあった。

 

 

 

〈清滝小屋:シーズン中には食事付きで営業する小屋である〉

〈きれいに紅葉した清滝小屋上の断崖〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈苔生した清滝小屋の屋根〉

 

 

 

 

 

〈清滝小屋の上で七滝沢コースが合流する〉

〈清滝小屋から産泰尾根まで「鈴が坂」と呼ばれる急坂が続く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈産泰尾根の上ると眼前に両神山の岩稜が現れる〉

 

 

 

〈「鈴が坂」の急坂〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈見事に色付いた両神山の頂稜部〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈仲々に多彩で豊かな森である〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈左側に山頂の剣ヶ峰を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈「横岩」と呼ばれる巨岩〉

 

 

 

〈険しい鎖場が連続する登山道〉

 

 

11:04〜11;06 両神神社

  主稜線上に出ると紅い鳥居が建っており、その先に両神神社本社が鎮座していた。神社を護るのは狛犬ならぬ「山犬」(ニホンオオカミ)であった。その背後には御嶽神社も祀られていた。神社から山頂への主稜線上の道は紅葉に染まっていた。その中を気持ち良く登って行った。登山道から見上げる山頂の剣ヶ峰はこれまた岩峰であった。岩場に取り付き、更に鎖を伝って登って行った。

 

 

 

〈稜線に上がると先ず両神神社本社が建つ〉

〈両神神社の背後には御嶽神社が建つ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                  〈神社を護るのは狛犬ならぬ「山犬」(ニホンオオカミ)という〉

 

 

 

 

 

〈稜線上の登山道は紅葉に染まる!〉

〈山頂の剣ヶ峰が眼前の聳える!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈剣ヶ峰は岩の峰である〉

〈最後の鎖場の上が頂上だ!〉

 

 

11:46〜12:36 .両神山(剣ヶ峰)(1,723.0m)

  山頂の剣ヶ峰は平地とてない岩峰上の狭いところであった。そこに二等三角点、方位盤が建てられ、両神神社奥宮の祠が安置されていた。退避する所もなさそうなので、危いながらもその一角に席を定めて眺望を楽しみながら昼食を摂ることにした。奥秩父の連山が連綿と続き、その先には富士山も望めた。八ヶ岳、浅間山などの名山も確認出来た。頂上で小一時間過ごした後は、登って来た道を引き返すこととした。紅葉した主稜線上を両神神社本社へと歩き、山犬に見送られながら産泰尾根に入り鎖場を用心しながら下った。鈴ヶ坂のへ下り取り付きでは全山紅葉の両神山頂稜部を振り返った。下りには七滝沢コースを採りたいところであったが、2倍以上の時間を要し事情も分らないルート故、日の短い季節には危険過ぎると考えてここは諦めることとした。

 

 

 

〈両神山の山頂〉

〈山頂に安置されている両神神社奥宮の祠〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈山頂から西に延びる稜線を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                      〈頂稜部に俄かにガスが立ち昇ってきたようだ・・・!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈紅葉の谷間に霧の味付け〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈遙かに富士山の姿を認めた!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈富士山の前面には奥秩父の連山が〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈八ヶ岳、蓼科山を遠望する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈峻嶮な鎖場を用心深く下り行く〉

 

 

 

〈紅葉の尾根道を下山の途に・・・・〉

 

 

 

 

〈産泰尾根から午後の両神山頂稜部を見上げる〉

〈春にはアカヤシオが咲く斜面を彩る秋の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                              〈鈴が坂を下る〉

 

 

 

13:53〜14:01 清滝小屋

  清滝小屋の休憩舎で暫し休憩した。後は坦々と表参道コースを下って行くだけであったが、少しの変化を付けるため途中で白藤の滝に立ち寄ってみることとした。登山道から外れて踏み跡が右手の深い谷に向けて延びており、それを辿って行くと急な斜面への下り口でそれまでのはっきりとした踏み跡は消えてしまっていた。何とか薄い踏み跡らしき筋を辿って急傾斜地を怖々下って行って何とか谷の底に到達することが出来た。その間約10分。案内書には高さ20メートルの滝が落ちていると記されているが、目の前には何の変哲もない渓流が流れているだけであった。どうも最後の下る地点を間違えたようだ。秋の短日ゆえ再トライアルの余裕もなく、分岐まで引き返して再び下山の途に就いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈清滝小屋裏に祀られた石像〉

 

 

 

〈懸崖の下に建つ清滝小屋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈登山道を離れて白藤の滝に下ってみた〉

 

 

〈踏み跡薄い急斜面を怖々下りて行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈こんな小滝にしか出会えなかった!〉

 

 

 

 

 

〈再び会所で七滝沢を渡る〉

〈増水時の渡渉は甚だ危険な登山道だ!〉

 

 

16:39 日向大谷登山口

  午後4時前には下山する予定であったが、白藤の滝に寄り道をしたので午後4時を大きく回っての下山となった。チャコが「我々が殿となったのでは・・・」と危惧したが、途中でひとグループを追い抜いたので殿だけにはならなかったようだ。民宿「両神山荘」に立ち寄って登山バッヂを求めた。気持ち良さそうな民宿の佇まいであった。駐車場に下ってみると、この日最終の町営バスが時間待ちをしていた。その傍の第1駐車場に残っていたのは我が愛車だけであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日向大谷の集落

 

 

〈登山口までやって来る町営バス〉

 

 

〔山行所感〕

  遠征の第1日目に秩父を選んだのは、この日の午後には関東地方の天気は回復するとの予報によるところであった。朝雨が降っておれば、雲取山の道を採って山頂で一泊しても良いかとも考えていたが、雨の心配のない朝を迎えたので目一杯一日を楽しむこととして両神山に日帰り登山とした。こうした機会でないと仲々に思い付けない山である。しかし登山の常として、こうして遥々とやって来て実際に登ってみると、案内書や地図を読むだけでは感知出来ないその山の魅力に触れて「来て良かった」と深い感動を覚えることとなる。鈴ヶ坂を登切って産泰尾根に乗った途端に現れた全山紅葉した両神山頂稜部の絶景など多分一生忘れることはないであろうと思う。標高差、距離といい、決して容易な山ではない。この山はアカヤシオ咲く春5月に登ることも推奨される方が多い。それはその通りなのであろうが、秋の紅葉も仲々に捨て難い。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2